ホーム > よくある質問 > よくある質問:税金 > 配当割額・株式等譲渡所得割額の控除について教えてください

ここから本文です。

更新日:2017年11月19日

配当割額・株式等譲渡所得割額の控除について教えてください

質問

配当割額・株式等譲渡所得割額の控除について教えてください

回答

 上場株式等に係る配当所得・源泉徴収を選択した特定口座内の上場株式等譲渡所得については、所得税の源泉徴収に合わせて市民税・県民税も特別徴収されています。(所得税15%、市民税・県民税5%)

 確定申告をしないで源泉徴収で済ませる確定申告不要制度を選択し、これらの所得を申告しないことも可能です。 
 申告することを選択された場合、所得割の課税標準に含めて計算し、所得割額から配当割額・株式等譲渡所得割額を控除します。
 所得割額から控除し切れなかった金額(控除不足額)がある場合は、均等割へ充当または、市民税・県民税間で充当します。その後、その他未納の地方団体の徴収金に充当し、それでもなお充当することができなかった金額がある場合は、その金額を還付します。
 
 なお、申告された場合は合計所得金額に含まれ、扶養控除の適用可否を決める所得金額に反映されます。また、各種保険料等の算定基準に影響する場合があります。
 さらに、地方税法で申告期限があることが規定されていますので、ご注意ください。

お問い合わせ

明石市総務局市民税課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5013