ホーム > 市政情報 > 各種行政計画 > 都市再生整備計画「大久保駅北周辺(第二期)地区」事後評価

ここから本文です。

更新日:2015年8月7日

都市再生整備計画「大久保駅北周辺(第二期)地区」事後評価

明石市では大久保駅北側地域のまちづくりとして、拠点地区にふさわしい質の高い都市空間の形成を目標とする都市再生整備計画「大久保駅北周辺(第二期)地区」を策定し、平成22年度から平成26年度までの5箇年で、まちづくり交付金という国の交付金を活用したまちづくりを推進してきました。

まちづくり交付金の交付を受けた事業については、計画期間の最終年度において、事業の事後評価の手続きを行うこととされております。事後評価の制度は、この交付金がもたらした成果等を客観的に検証して今後のまちづくりのあり方を検討すること及び事業の成果を皆さんにわかりやすく説明することを目的としています。

本地区におきましても、平成22年度から平成26年度に実施した事業成果について整理し、所定の手続きにより事後評価の原案に対する意見募集を行いました。その後、「明石市まちづくり交付金事後評価委員会」に諮問した上で、事後評価をまとめました。

PDFファイル

 

関連ページ

事後評価原案

公表と結果

委員会議事録

事後評価結果

 

このページに関連する行政計画

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局区画整理課

兵庫県明石市大久保町大窪612-1

電話番号:078-918-5038

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?