ここから本文です。

更新日:2021年6月14日

 先輩が語る仕事の話 【保健師】

 こども局 子育て支援室 こども健康課 鴻池 美佐子

 病院での看護師経験を経て、2016年度に入庁しました。

 休日は家族とプールや公園等、外出して過ごしています。

 最近は、音楽を聴くのが楽しみです。今までライブなどに行くことがありませんでしたが、これからチャレンジしてみたいです。

2020鴻池1

Q:これまで経験した仕事について教えてください。

 A:総合病院での病棟勤務、外来、訪問看護師の経験があります。看護師経験を通して、地域で暮らす方を支援していきたいと考えるようになり、明石市の保健師になりました。

 入庁後、最初に配属されたのは高齢者を支援する地域包括支援センター(現在は地域総合支援センター)でした。

 地域の高齢者が生き生きと地域で活動されているのを間近で見させていただき、病院勤務ではわからなかった、地域で暮らすことの楽しさや、大変さを知ることができました。

 現在はこども健康課に所属、母子保健分野に携わっています。

 乳幼児健康診査の実施や、母子手帳の交付、子育てについての相談業務等を行っています。

 

2020鴻池2

Q:仕事の中でうれしかったことや苦労したことを教えてください。

 A:明石市は今、市民一人ひとりに寄り添って様々な変化を見せています。

 乳幼児から高齢者まで、地域の方にあわせて、こどもセンターや地域総合支援センターなどの新しい施設ができたり、今までになかった新しい施策が展開されたりと、どんどん変化しています。

 この変化の渦中にいる市職員の一人として、とてもやりがいを感じています。

 大変なこともありますが、市民の方から「明石市は良いまちだね、これからも明石に住みたい」と言われると、これからも頑張ろうと思います。

2020鴻池3

Q:これから入庁してくる人へのメッセージをお願いします。

 A:明石市は、2018年から中核市となり、こども・高齢者・障害者をはじめ、「人」に「やさしい」取り組みを実施しています。

 保健師はこどもや高齢者、障害者等さまざまな市民の方と接する機会が多くあります。

 市民の方の相談を聞き、内容によっては、悩むこともあれかもしれません。そんな時は、先輩職員も一緒にどうしていけば良いか考えていきます。

 市民の皆さんと積極的に交流をし、明石市をよくしていきたいとの強い思いがある方と一緒に働けたらと思います。

ぜひ一緒に明石市職員として働きましょう!

2020鴻池05

お問い合わせ

明石市総務局職員室職員担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5006