ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報あかし(テキスト版) > 2021年 > 広報あかしテキスト版 2021年(令和3年)2月15日

ここから本文です。

更新日:2021年2月15日

 広報あかしテキスト版  2021年(令和3年)2月15日

2021年(令和3年)2月15日号

 広報あかし No.1327 2021年(令和3年)2月15日

市章マーク

明石市役所

〒673-8686 兵庫県明石市中崎1丁目5番1号 TEL912-1111

 

市政へのご意見・ご要望は…

 

市民相談室 TEL918-5050 FAX918-5102

受付時間/8時55分~17時40分

(土曜、日曜、休日と年末年始を除く)

 

休日・夜間の救急医療は…

消防局 TEL921-0119 FAX927-0119

夜間休日応急診療所 TEL937-8499

あかしユニバーサル歯科診療所(休日) TEL918-5664

広報あかし No.1327 2021年(令和3年)2月15日


(1面)

新型コロナウイルス感染症

明石市の最新情報はホームページで


ウィズコロナみんなで予防 気配り 支え合い

緊急事態宣言発出中!!


1月の陽性者数は、前月の約2倍となる301件でしたが、2度目の緊急事態宣言が発出された後は、市内の陽性者数は減少傾向にあります。

感染拡大を抑えるため、引き続き不要不急の外出を避け、感染予防策の徹底をお願いします。

お問い合わせ/総合相談ダイヤル(TEL918-5090 FAX918-5441)


明石市内 新型コロナウイルス陽性者発生状況 ※2月5日現在の情報です

検査数(累計) 13196

陽性者数(累計) 667

すでに592名が退院された一方で、16名がお亡くなりになりました。


4月 20件

5月 1件

6月 0件

7月 11件

8月 60件

9月 19件

10月 22件

11月 62件

12月 157件

1月 301件

2月 14件


1日あたりの陽性者発生状況(11月~2月)

11月62件

検査数1668件

12月157件

検査数3153件

市内初のクラスター発生12月5日

1月301件

検査数3520件

1日最多27件1月9日

2度目の緊急事態宣言1月14日


感染予防のポイントや相談窓口などは8面に掲載


新型コロナワクチン接種準備中

コロナワクチンの接種に向けて準備を進めています。市民への情報提供や相談体制の充実化、接種場所の確保、接種後のアフターフォローなど、検討しています。



エスディージーズ未来安心都市明石市

市域49.42平方キロメートル

市の人口と世帯数

2021年(令和3年)2月1日現在

プラスマイナス表記の後の数字は前月比

人口 299,666人(マイナス96人)

世帯 129,862世帯(マイナス10世帯)



インデックス

2面 3面まち全体にやさしさが広がっています

4面受け忘れはありませんか?各種健診・予防接種 ほか

5面運転免許、返して安心プロジェクト ほか 6面 7面情報アラカルト ほか

8面新型コロナウイルス関連情報



(2-3面)

みんなが主役 みんなで一緒に

まち全体にやさしさが広がっています

市は、障害のある人もない人も、安心して暮らせるまちをつくるため、事業者や地域の団体と一緒に取り組みを進めています。

お問い合わせ/エスディージーズ推進室(TEL918-6037 FAX918-5294)


時のわらしセリフ「全国から注目!」

必要な支援を届けるために2つの条例を作りました

2015年4月施行

①「手話言語・障害者コミュニケーション条例」制定 全国初

手話言語のみに特化せず、点字や音訳など障害のある人とない人の幅広いコミュニケーション手段の促進について定めた条例を全国で初めて制定しました。

手話 要約筆記 点字 音訳

②2016年4月施行「障害者配慮条例」制定

合理的配慮の提供を支援する公的助成制度 全国初

商業者や地域の団体が障害のある人に必要な合理的配慮を提供するためにかかる費用を助成しています。


みんなが利用しやすいお店や施設がどんどん増えています

「筆談ボードあります」ステッカー

筆談ボードで注文をお聞きします。お気軽にどうぞ!

「スロープあります」「手すりあります」「段差はありません」ステッカー

車いすユーザーだけでなくなじみの高齢者や子連れのお客様にも好評です

「点字メニューあります」ステッカー

点字メニューも置いています。いつでもご利用くださいね!

400を超えるお店や施設に設置しています!

このステッカーが目印です

随時募集中です。お気軽にお問い合わせください

対象/商業者や地域の団体など

助成内容/

①点字メニュー・コミュニケーション ボードなどの作成(上限5万円)

②折りたたみ式スロープ・筆談ボード などの購入(上限10万円)

③手すり設置・段差解消などの工事(上限20万円)

お問い合わせ/障害福祉課障害者施策担当

TEL918-5142 FAX918-5048 メールshoufuku@city.akashi.lg.jp

詳細はホームページで


先進的な取り組みが国から評価

みんなが安心して暮らせる「やさしいまちづくり」を進めてきた市の取り組みが、国から評価を受けています。

2017年12月

共生社会ホストタウンに第1号として登録 関西初

2019年8月

先導的共生社会ホストタウンに認定 関西初

2020年7月

エスディージーズ未来都市に選定 県内初


明石市のさらなる取組に期待

先日、先導的共生社会ホストタウンとして先進的な取組を続ける明石市へ伺いました。誰もが利用しやすいトイレや授乳室を備えたあかし案内所、駅前ビルに設置された手話フォン、点字図書や音訳設備が整った図書館、ユニバーサルスポーツが体験できる総合福祉センター新館を拝見し、藤江小学校では、共生社会について子どもたちと語り合う貴重な機会をいただきました。また、総合福祉センター新館では、東京パラリンピック大会出場に向けて練習に励まれているパラ卓球の別所キミヱ選手ともお会いすることができました。

今回の訪問を通じて、明石市が、共生社会の実現に向けて、障害当事者との丁寧な対話を重ねながら、行政と市民が一体となったインクルーシブな街づくりを進められていることに感銘を受けました。

こうした取組が、東京大会のレガシーとして明石市に根付き、更に大きく育まれ、全国のモデルとして未来へと引き継がれていくことを期待しています。

オリパラ担当大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣)

橋本聖子


撮れたてあかし

共生社会をテーマに

橋本大臣と子どもたちが交流

昨年12月16日、橋本大臣が藤江小学校を訪問し、共生社会について考える授業で5年生と交流しました。

橋本大臣は公平をテーマに真剣に話し合う児童たちの声に耳を傾け、自らの思いを語りました。


必要なものを必要な人に

公衆電話「手話フォン」で話そう

自治体では全国初

手話で利用できる公衆電話「手話フォン」をあかし市民広場に設置しています。

利用時間/午前8時~午後9時(緊急事態宣言発出中は午後8時まで)

場所/あかし市民広場内(パピオスあかし2階)

費用/無料


ニュース

聴覚障害者が電話を利用できるように

2020年6月、聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(電話リレー法)が公布され、12月に施行されました。聴覚障害者が電話を利用できるよう、整備が進められています。

「電話リレーサービス」公共サービス 2021年7月開始(予定)

聞こえない・聞こえにくい人が、聞こえる人と電話できるサービス。スマホやパソコンで利用でき、オペレーターが手話や文字を音声で同時通訳するので、その場でのやりとりが可能です。

例えば…

病院の診察時刻を変更したい場合

パソコンに向かい手話や文字で会話

「診察を10時から11時に変更してほしい。」

通訳オペレーターが同時通訳

電話の相手(病院など)

「では、11時にお待ちしています。」

通訳オペレーターが同時通訳

予約変更完了!


学校にも広がっています

・「みんなのトイレ」や「子育てサポート室」を備える、誰もが利用しやすい「あかし案内所」

・障害のある人や有病高齢者などが利用でき休日の応急処置も「あかしユニバーサル歯科診療所」

・障害者スポーツへの理解

市内の全小・中・高校、養護学校にボッチャ用具を完備。障害者スポーツを通じて、多様性への理解を深めています。

・新規採用教職員等のまちづくり研修

車いすやアイマスク・白杖を使った歩行などの体験研修を実施しています。

・手話の体験学習

地域の人と一緒に、手話を体験しながら、あいさつなどを学びます。

写真説明=手話で伝えよう

市は手話学習用の動画を作成。市内の全小学校に配布しました。

手話を学習した児童の感想文

「耳が聞こえなかったら困る事が、私はすぐに思いつかなかったけど、話しかけられても分からず、放送も聞こえなかったら大変だと思いました。

あと耳がほんの少し聞こえるんだったら、耳元で話せばいいと思っていたけど、ぎゃくこう果だという事を知りました。

見もの聞こえない人に会った時のために、手話をもっと覚えたいです」

車いすの体験学習


おうちでも手話をやってみよう

動画では、明石ならではの手話6つを紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

「明石」の手話

人差し指で頬に触れ、次に親指をあごに当てる

動画はホームページで




(4面)

感染症拡大防止のため、事業やイベントが中止・変更になる可能性があります。事前にお問い合わせください。


受け忘れはありませんか? 各種健診・予防接種

保健予防課(TEL918-5668 FAX918-5441)

予防接種券・クーポン券・健診費用助成券の有効期限は令和3年3月31日です。ご注意ください。

受診・接種費用や方法などは市ホームページで確認するか、お問い合わせください。 

※券を紛失した場合はご連絡を

▶高齢者肺炎球菌予防接種券

対象/過去に1度も接種していない人で次の①または②に該当する人

①令和3年3月31日現在、65歳~100歳の5歳刻み年齢の人 ※昨年度の延長措置あり。令和2年3月31日時点で上記年齢の人と101歳以上の人

②60歳~64歳で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害を有し、当該疾病単独で身体障害者手帳1級相当の人

▶明石市風しん抗体検査費用助成クーポン券

対象/過去に同制度の助成を受けていない人で次の①または②に該当する人 ①妊娠を希望する女性 ②妊婦の同居家族 ※過去に風しんにかかった記録がある場合などは対象外


▶風しん第5期定期接種クーポン券(抗体検査・予防接種)

対象/過去に同制度の助成を受けていない昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性 ※過去に風しんにかかった記録がある場合などは対象外。予防接種は抗体検査の結果、抗体価の低い人のみ対象

▶健診費用助成券

種類 対象

健康まもりタイ健診(特定健康診査)

40歳以上の国民健康保険加入者

後期高齢者健康診査

後期高齢者医療制度加入者 ※生活習慣病治療中の人も受診可

大腸がん検診、胸部検診、胃がんリスク検診、肝炎ウイルス検診

40歳以上

乳がん検診

40歳以上の女性

子宮がん検診

20歳以上の女性

※令和3年3月31日時点



危険箇所の早期発見にご協力を

市民モニターを募集します

▶道路モニター

道路の安全性向上を図るため、道路の穴ぼこや側溝の破損などの危険箇所を発見したら通報していただく「道路モニター」を募集します。

応募資格/市内在住の20歳以上 任期/委嘱の日~2022年3月31日(1年間) 定員/100人 提出先・お問い合わせ/道路整備課(〒673-8686 市役所本庁舎6階 TEL918-5033 FAX918-5108)

▶海岸モニター

より安全で快適な海岸づくりを進めるため、海岸の危険箇所などのきめ細やかな情報を連絡していただく「海岸モニター」を募集します。

応募資格/市内在住の20歳以上 任期/委嘱の日~2024年3月31日(3年間) 定員/100人

提出先・お問い合わせ/海岸・治水課(〒673-8686 市役所本庁舎7階 TEL918-5042 FAX918-5109)

いずれも申し込み/申込用紙に必要事項を記入し、3月1日(必着)までに、持参・郵送・ファクシミリで各提出先へ ※申込用紙は市ホームページに掲載するほか、各提出先・行政情報センター・あかし総合窓口・各市民センター・サービスコーナーで配布



子ども予防接種週間 3月1日~7日

平日夜・土曜日に予防接種を実施

市医師会は、下記の医療機関で平日夜や土曜日に予防接種を実施します。医療機関により実施日時が異なりますので、必ず電話で実施日時と希望する予防接種の種類を確認し、予約して受診してください。

医療機関名 地区 電話番号

吉田医院 松が丘 917-3336

橋本ファミリークリニック 朝霧南町 913-7615

あきこレディースクリニック 上ノ丸 965-6563

えいこう小児科医院 本町 911-7838

山本内科 西新町 922-8121

井上外科胃腸科 西明石南町 922-3595

志岐クリニック 西明石南町 925-2227

メープル耳鼻咽喉科 小久保 921-8880

日下医院 西明石町 928-3472

山本クリニック 大久保町 934-0180

吉村こどもクリニック 大久保町 936-1122

大国クリニック 魚住町 948-3900

小山クリニック 魚住町 944-0356

正井医院 魚住町 946-3536

鈴木内科クリニック 魚住町 942-8811



市税口座振替の手続きはお早めに

令和3年度当初から開始する場合

納税課(TEL918-5016 FAX918-5132)

市税の納付は口座振替が安心です。納期限を忘れても延滞金発生につながる納付もれが予防でき、現金を持ち歩くことがないため安全です。

▶新規申し込み・振替口座の変更手続き

申し込みは、口座振替を希望する金融機関で受け付けています。なお、振替口座を変更する場合、変更前の金融機関に対する解約手続きは不要です。口座振替の取扱金融機関は市ホームページでご確認ください。

手続きに必要なもの

預貯金通帳・通帳届出印・納税通知書 ※手続書類は市内金融機関に用意しています

手続き期限

税目金融機関

固定資産税・都市計画税

ゆうちょ銀行・郵便局で手続き 3月15日

上記以外の金融機関で手続き 3月25日

市県民税(普通徴収)

ゆうちょ銀行・郵便局で手続き 4月15日

上記以外の金融機関で手続き4月26日

軽自動車税(種別割)

ゆうちょ銀行・郵便局で手続き 4月12日

上記以外の金融機関で手続き4月12日

※2期以降の申し込みは随時受け付け

▶振替方法の変更・口座振替の解約手続き

全期前納から期別納付など振替方法の変更や、口座振替を解約し納付書払いを希望する場合は納税課までご連絡ください。



園芸一口メモ

あったか!ほっこり!カランコエの毛糸玉づくり

花と緑の学習園(上ケ池公園内・TEL924-6111 FAX924-6121)

星形の小さくかわいい花をたくさん咲かせるカランコエ。熱帯地方原産の植物で、ピンクやオレンジ、赤など、カラフルな色合いが冬のお部屋を明るくしてくれます。多肉植物なので乾燥に強く、お手入れも簡単です。お好きな毛糸をぐるぐる巻いて、楽しみながら作ってみましょう。

用意するもの

・花付きのカランコエ苗(3号ポット)

・水苔(水で戻しておく)

・ミシン糸

・好きな色の毛糸

作り方

①カランコエの苗をポットからそっと出して、土が隠れるように水苔で包み込む

②水苔が落ちないようにミシン糸でぐるぐると巻く

③形が整ったら、好きな毛糸を水苔が見えなくなるようにぐるぐると巻いていく

お手入れ

室内の明るく暖かい場所に飾って楽しみましょう。持ち上げて軽くなってきたら水やりのサインです。水を張ったボウルなどにちゃぽんとつけて、重くなったら引き上げます。




(5面)

免許の返納、考えてみませんか

「運転免許、返して安心プロジェクト」

交通安全課(TEL918-5036 FAX918-5110)

運転中にヒヤッとしたことはありませんか。不安を感じるようになった人は、運転免許の返納について考えてみませんか。

対象/65歳以上の市民で、すべての運転免許を明石警察署や免許更新センターなどで返納した後、交通安全課に申請した人

特典/

免許を返納した人(市民)=図書カード3000円分、返納を勧めた人(市民)=図書カード1000円分

申請方法/郵送で交通安全課(〒673-8686 市役所内)へ(持参も可)。

必要書類/①申請用紙、②申請による運転免許の取消通知書(写) ※②は、免許返納時に発行される書類です。

▶明石警察署からのお知らせ

運転経歴証明書を作成できます

免許を返納した人は運転経歴証明書を作成することができます。(有料、一部条件あり)

運転経歴証明書は、身分証明書として使えるほか、県内の対象店舗やタクシー事業者で割引サービスなどを受けることができます。

お問い合わせ/明石警察署交通総務係(TEL922-0110 内線413)

ご協力いただける店舗も募集中です。

詳しくは明石警察署交通総務係までお問い合わせを



春の火災予防運動

「その火事を 防ぐあなたに 金メダル」

消防局予防課(TEL918-5272 FAX918-5983)

3月1日(月)~7日(日)は春の火災予防運動期間です。火災が発生しやすい時季です。自分や家族、隣人の命を守るため、火の取り扱いには十分注意し、住宅防火を心がけましょう。

いのちを守る 3つの習慣

①寝たばこは、絶対やめる

②ストーブは、燃えやすいものから離す

③ガスこんろから離れるときは、必ず火を消す

いのちを守る 4つの対策

①住宅用火災警報器を設置する

②家具やカーテンは、防炎品を使用する

③住宅用消火器を設置する

④隣近所との協力体制をつくる

住宅用火災警報器の確認を!

①火災を早期に発見するため、住宅用火災警報器を設置する

②住宅用火災警報器は、10年を目安に取り換える

③電池切れや故障をしていないか定期的に確認する

イラスト=住宅用火災警報器交換のおすすめ「10年たったら、とりカエル」



高齢者の居場所づくりに一緒に関わってみませんか

「みんなの給食」スタッフ募集(野々池地区)

高齢者総合支援室いきいき係(TEL918-5166 FAX918-5133)

ひとり暮らしの高齢者へ給食を提供する「みんなの給食」をお手伝いしていただける、地域団体やグループを募集します。

開催日程/5月~来年3月の毎月1回

開催場所/野々池中学校コミセン

業務内容/配膳室から会場までの給食・食器類の運搬・返却、会場の設営、健口体操の実施など

対象/開催地域に在住する4人以上で構成される団体

運営費(委託料)/1回=1万1000円(税込み)

申し込み/市ホームページに掲載する募集要項で詳細を確認し、申込書を3月5日までに高齢者総合支援室いきいき係(市役所本庁舎2階)へ直接持参※郵送不可

写真説明=食を通した見守りを



「介護マーク」をご活用ください

地域総合支援担当(TEL918-5289 FAX918-5049)

介護マークは、介護する人が介護中であることを周囲に伝えるためのマークです。外見からは介護していることが分かりにくい場面でご活用ください。

配布場所/地域総合支援担当(市役所本庁舎1階)などで配布。郵送希望の場合はお問い合わせを

※台帳への登録が必要

こんな場面でご活用を

〇介護していることをさりげなく周囲に知ってもらいたいとき

〇ショッピングセンターや駅などのトイレで介助するとき

〇男性介護者が女性用の下着などを購入するとき

首からかけてご利用ください



「みんなで考える明石の環境のこれから」

ゲームや講義、ワークショップを通じて、明石の環境についてみんなで考えてみませんか。

開催日 テーマ

3月14日(日) ゲームを通じてエスディージーズについて学ぼう

3月21日(日) 最近の環境トレンドについて知ろう

4月25日(日) 明石の10年後の環境未来像について考えよう

5月16日(日) 未来像を実現するために私たち市民にできること

時間/いずれも午後2時~4時 場所/ウィズあかし 定員/各回40人

対象/どなたでも(全日程参加できる人を優先) 費用/無料

申し込み/3月3日(必着)までに、メールまたはファクシミリに氏名・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・参加できる日程を記入し、環境総務課(TEL918-5029 FAX918-5586 メールplan-ems@city.akashi.lg.jp)へ。先着順受け付け

※広報あかし1月1日号掲載分の延期による日程変更・追加募集です



撮れたてあかし

梅が見ごろを迎えます

石ケ谷公園には約1000本の白梅や紅梅があり、毎年2月下旬から3月上旬に見ごろを迎えます。

撮影した2月上旬には早いものでも5分咲きほどの開花でしたが、冬の青空に映えるあでやかな木の花は春の足音を感じさせてくれました。

開花の状況は石ケ谷公園ホームページで



祝 県広報コンクール

広報あかしが最上位の「特選」に選ばれました

広報課(TEL918-5001 FAX918-5101)

第68回兵庫県広報コンクールで、新型コロナウイルスについて特集した広報あかし1316号(令和2年9月1日発行)が、はじめて最も上位の「特選」に選ばれました。

これからも分かりやすく読みやすい広報紙づくりを心掛けていきます。

写真説明=広報あかし9月1日号

広報あかし9月1日号特別版

審査員の講評

市内の感染者数のグラフや相談窓口などをまとめ、抜き取れるようにした保存版は秀逸。市独自に保健所を持ち、新しい情報を入手しやすいアドバンテージを十分に生かした。

時のわらしセリフ「やったね」




(6-7面)

感染症拡大防止のため、事業やイベントが中止・変更になる可能性があります。事前にお問い合わせください。


お知らせ


飼い犬に関する届け出を忘れていませんか

飼い犬の登録をしていない、飼い犬が死亡した、住所などの登録内容に変更がある場合は必ず届け出をしてください。届け出は法律で義務とされています。登録した犬の飼い主には、毎年3月末に狂犬病予防注射通知はがきを送ります

お問い合わせ/あかし動物センター(TEL918-5797 FAX918-5798)


「マイナポイント」の対象期間が9月末まで延長されます

今年3月末までにマイナンバーカードを申請した人を対象に、9月末までマイナポイント事業が延長されます。お早めに申請・申し込みをお願いします。マイナポイントは、パソコン・スマートフォンやマイナポイント手続きスポットで申し込みできます。

詳細は、マイナポイント事業ホームページで確認を。

お問い合わせ/産業政策課(TEL918-5098 FAX918-5126)


ファミリーサポートセンター出張登録説明会

日時/3月12日午前10時~11時15分

場所/大蔵コミセン

内容/子どもの預かりや送迎のサポートを受ける場合の説明会、会員登録

対象/サポートを希望する市内在住・在勤・在学者

定員/5人 ※託児あり(生後6か月以上)

お申し込み/3月10日までに、電話かメール(氏名とふりがな・電話番号・託児希望の有無を記入)で市ファミリーサポートセンター(TEL915-1277 メールakashifamisapo@kobe.coop.or.jp)へ。


スマホで見つけよう!明石のキーワード!

明石の逸品を紹介する「明石逸品マップ」に掲載されているお店で単語を集めて、キーワードを完成させよう。豪華景品が当たるチャンス!

※出かけずにおうちで楽しめるホームページ内イベントも同時開催。詳細はホームページで確認を

日時/3月15日まで

場所/明石逸品マップ掲載店

主催・お問い合わせ/回遊性向上事業実行委員会事務局(明石地域振興開発⑭内

TEL915-5201 FAX915-5205)


子育て支援センターの催し

▶子育て支援センターにしあかし(TEL・FAX965-6847)

3月11日10:00~16:00

言語・発達の相談(ことばの時間11:30~・15:30~)

3月15日10:30~11:00

絵本と子育て

3月19日10:00~11:30

(出張ひろば 野々池コミセン)

絵本と子育ての部屋ミニ・身体測定・プレイルーム

3月24日10:00~11:30

(出張ひろば サンライフ明石)

親子ふれあい遊びミニ・身体測定・プレイルーム

▶子育て支援センターおおくぼ(TEL・FAX936-7661)

3月3日10:00~11:30

(出張ひろば 高丘コミセン)

絵本と子育ての部屋ミニ・プレイルーム・身体測定

3月9・23日10:00~12:00

利用者支援員による子育て相談(当日先着順・11:30受付終了)

3月14・18・28日9:00~16:00

言語聴覚士によることばの相談(予約優先・15:00受付終了)

3月16日9:00~16:00

作業療法士による発達相談(予約優先・15:00受付終了)

3月18日10:00~12:00

移動プレイルームてくてく(出張ひろば 東江井安心コミュニティプラザ)

ふれあい遊び・プレイルーム・身体測定

3月23日10:00~11:30

(出張ひろば 山手小コミセン)

親子ふれあい遊びミニ・プレイルーム・身体測定

▶おおくぼ2階こども図書室(TEL・FAX936-0126)

3月6日10:30~11:00

パパもいっしょに絵本と子育て(先着5組)※A

3月18・25日10:30~11:00

絵本と子育て(先着5組)※B

3月26日11:15~11:30

司書と楽しむ絵本の時間

▶子育て支援センターうおずみ(TEL・FAX203-8494)

3月1日9:00~

ママが作る手作りおもちゃ(先着5組)

3月2日10:00~11:30

(出張ひろば 浜西コミュニティプラザ)

親子ふれあい遊び・身体測定・プレイルーム

3月16日10:00~11:30

(出張ひろば 魚住市民センター)

絵本と子育ての部屋・身体測定・プレイルーム

3月17日10:30~11:00

親子ふれあい遊び

3月27日11:00~11:30

パパも一緒に絵本と子育て

主催/ふるーつばすけっと

お申し込み/直接会場へ(出張ひろばは、会場にご注意ください)

※A=2月20日、B=3月2日 いずれも午前9時から来所か電話で申し込み受け付け。先着順



文化国際創生財団からのお知らせ

主催・お問い合わせ/同財団(TEL918-5085 FAX918-5121)

▶アスピアスマイルギャラリー「ごとうゆきスケッチ画展」

日時/2月27日~3月30日午前10時~午後8時

場所/アスピア明石3階東側連絡通路

▶明石フレッシュコンサート

明石にゆかりのある現役音大生によるクラシック演奏会。

日時/2月28日午後2時~

場所/市民ホール(らぽす5階)

出演/新免桃子(ピアノ)、藤井こざくら(チェロ)、波田野瑞歩(コントラバス)、西尾ゆうか(エレクトーン)、石橋りくや(サックス)

曲目/エルガー「愛の挨拶」、ベートーヴェン「チェロソナタ第3番」より、シューマン「ピアノソナタ第3番」よりほか

定員/50人

お申し込み/同財団ホームページ申込フォームから。先着順

お問い合わせ/TEL090-1902-8497(あらい)


募集



ひょうごラジオカレッジ(高齢者放送大学)受講生

ラジオ講座を聞いて、はがきやメールなどで感想文を提出。教材のテキストは毎月郵送。スクーリング・研修旅行などの学生交流事業も。

放送/ラジオ関西(558KHz)毎週土曜日午前7時~7時30分

期間/1年間

対象/50歳以上の県内在住者

費用/年間6000円(テキスト代など)

申し込み締め切り/4月9日

お問い合わせ/同カレッジ(TEL079-424-3343 FAX079-424-3475)


県立網干高校通信制課程生徒

家庭での自主学習を基本とした、単位制高校。願書は、希望者本人から請求を。

選抜方法/面接のみ(面接日=3月7日または8日)

対象/県内在住・在勤者で、今年3月に中学校を卒業する見込みの人

定員/約200人

費用/諸経費約5000円、教科書など約1万3000円、受講料約8000円など

お申し込み/2月22日~3月1日に同校(姫路市網干区 TEL079-274-2014 FAX079-271-2521)へ。詳細は同校ホームページで確認を



教室・講座



脳活+身体整えヨガ体操

場所・お申し込み/高齢者ふれあいの里 大久保(TEL・FAX936-5048) 窓口または電話で受け付け。先着順

日時/2月18日午後1時30分~2時30分

内容/脳トレーニングとからだを整えるためのヨガ体操

対象/60歳以上 定員/30人



石ケ谷公園・中央体育会館の催し

▶石ケ谷ハーブイベント 青竹にハーブの種をまこう!

日時/3月6日午前10時~11時30分

場所/中央体育会館会議室

内容/いろいろなハーブの種を青竹の器にまいて春を待つ。エッグポマンダー作成。ハーブティーの試飲も

定員/20人 費用/500円

▶石ケ谷自然体験教室「自分だけのコロコロカレンダーを作ろう!」

日時/3月14日午後1時30分~4時

場所/石ケ谷公園 石ケ谷自然工房

内容/クギとカナヅチで箱を作り、数字などを書いたサイコロ型の木を入れ、毎年使える万年カレンダーを作成

対象/小学生以上(小学生は保護者同伴)

定員/15人

費用/800円(保険料込み)

いずれもお申し込み/2月16日~28日、中央体育会館(TEL936-6621 FAX936-6624)で電話または窓口で受け付け。先着順



ふれあいプラザあかし西の催し

場所・お申し込み・お問い合わせ/ふれあいプラザあかし西(TEL945-0294 FAX945-0295 メールheartful-shinki2@fureai-akashi.jp)で受け付け中。①は2月20日から受け付け開始

①さざなみコンサート

日時/3月14日午前11時から(約1時間)

内容/「ドルチェ・アマービレ」によるクラリネット・ピアノ演奏

定員/40人

②ボランティア体験教室

日時/3月9日午後2時~3時

内容/「楽しい地域のつながりづくり」サロン体験

対象/ボランティアに興味のある人

定員/15人

③すくすく計測

日時/3月11日午前10時~11時45分

内容/身長・体重測定・育児栄養相談

対象/乳幼児(就学前まで)と保護者

④ふれあいカルチャー教室

▷卓球

日時/3月14日午後2時~3時 定員/15人

▷自然素材で春のリースづくり(花や枝・木の実を使って)

日時/3月20日午後2時~3時

定員/10人

費用/1人100円(材料費)

いずれも対象/障害者手帳を持つ18歳以上

⑤アクティブシニアボランティア養成講座

日時/3月23日午後2時~3時

内容/ゲートキーパー養成講座 大切な人の悩みを聴いてみよう

対象/60歳以上 定員/30人



食品衛生責任者養成講習会

飲食店などの営業に必要な資格を取得するための講習会。

日時/4月21日午前9時~午後4時30分

場所/あかし保健所

定員/60人程度 費用/8000円

お申し込み/市食品衛生協会ホームページの申込フォームから、または電話・ファクシミリ(TEL939-2220 FAX939-2224)で申し込みを。先着順

明石市食品衛生協会検索



日本語学習支援ボランティア養成講座

主催・場所・お申し込み/NPO法人多文化センターまんまるあかし(TEL915-8747 FAX915-8748)。2月28日までに電話で申し込みを。応募多数時、審査あり

日時/3月7日午前10時~正午、14日・21日・28日午前10時~午後4時

対象/受講後、日本語学習支援活動に参加できる人

定員/10人

費用/2750円(テキスト代)


明石高専公開講座

▶親子で楽しむ工作教室 パタパタ飛行機を飛ばそう

日時/3月13日午後1時~4時

場所/明石工業高等専門学校

内容/飛行機のキットを組み立てて飛ばす ※各自で傷害保険への加入を

対象/小学2~4年生と保護者

定員/10人

お申し込み/同校ホームページ内の申込フォームから申し込みを

※「グリーンインフラを学ぼう」「中学生のための電気講座」など、ほかの講座もあり。詳細は同校ホームページで確認を

お問い合わせ/同校(TEL946-6148 FAX946-6041)


園芸


花と緑の学習園(上ケ池公園内)園芸講習会「ミニ盆栽をつくろう」

日時/3月13日午後1時30分~3時30分

場所/花と緑の学習園

定員/20人 費用/1500円

お申し込み/2月17日午前9時から、同学習園(TEL924-6111 FAX924-6121)で電話受け付け。先着順


花と緑のまちづくりセンター(明石公園内)の催し

▶明石公園の自然観察⑧

日時/3月7日午前10時から

対象/小学生以上(15歳以下保護者同伴)

▶家庭果樹の作り方②柑橘・イチジク・カキの管理

日時/3月12日午後1時30分から

いずれも場所/花と緑のまちづくりセンター 定員/20人 費用/100円

お申し込み/2月15日午前9時から、同センター(TEL918-2405 FAX919-5186)で電話受け付け。先着順


お馬さんの発酵堆肥「畑の恋人」配布

主催・お問い合わせ/明石乗馬協会(TEL935-8900 FAX935-8950)

日時/3月6日午前9時~9時20分

場所/同協会クラブハウス

内容/発酵済み堆肥「畑の恋人」を先着100人に配布(東北支援募金として1袋につき200円ご協力を)


文化博物館からの案内状

中学生まで観覧無料

〒673-0846 上ノ丸2-13-1 TEL918-5400 FAX918-5409 メールotoiawase@akashibunpaku.com

企画展 くらしのうつりかわり展米づくりの春夏秋冬

3月21日まで開催中

日時/3月21日まで(会期中は無休)。午前9時30分~午後6時30分(入館は午後6時まで) 

観覧料/大人200円、大高生150円、「シニアいきいきパスポート」提示で無料など

写真説明=いんのこ祭りの供え物。11月の「初亥の日」に収穫を祝って供えたもの。


関連イベント

■ワークショップ「昔の農具体験&わら製品づくり」

日時/3月20日午後2時から(約1時間)

場所/同館駐輪場付近(屋外) ※雨天時は昔の道具体験のみ

対象/小学生以上(3年生以下は保護者同伴) 

定員/10人

申し込み/往復はがきに「イベント名、参加者全員の氏名(1組4人まで)、代表者の電話番号・住所」を記入し、3月9日(必着)までに同館へ。応募多数時抽選



■ 献血にご協力を

▶市役所本庁舎2階ロビー

日時/2月16日午前10時~11時45分、午後1時~4時

▶明石運転免許試験場献血ルーム

日時/土曜・祝日を除く毎日 午前9時~午後0時45分、午後1時45分~4時30分



今が旬!

おいしい明石を味わおう

旬を迎え、栄養たっぷり、味も折り紙付きの明石産を召し上がれ!

清水のいちご

魚住町清水で栽培される、人呼んで〝幻のイチゴ〟。みずみずしい口当たりと濃厚な甘さが根強い人気の秘密。

明石ノリ

全国有数の生産量を誇る、明石ノリ。明石海峡ではぐくまれた栄養価の高い明石ノリは、味・口どけ・香りのよさが自慢です。



わが家のアイドル 掲載者募集 2月26日必着

4月~来年3月に本紙掲載を希望する子どもたちを募集します。

対象/市内在住でおおむね2歳までの子ども 定員/96人

申し込み/はがきかメール、またはファクシミリに①住所 ②子どもの氏名とふりがな ③生年月日 ④保護者名 ⑤平日昼間に連絡可能な電話番号 ⑥メールアドレスを記入し、メールの場合は件名に必ず「わが家のアイドル応募」と書いて、2月26日(必着)までに下記あて先へ。子ども1人につき1通限り。応募多数時抽選

あて先

広報課「わが家のアイドル」係(〒673-8686 市役所内 TEL918-5001 FAX918-5101 メールkouhouakashi@city.akashi.lg.jp)

※メール応募の際、写真は添付しないでください

おとたこ・いとたこセリフ「応募待ってるよ!」




(8面)

新型コロナウイルス感染症

緊急事態宣言発出されています!

兵庫県に緊急事態宣言が引き続き発出されています。

不要不急の外出を避け、今一度基本の感染予防策を徹底しましょう。


新型コロナウイルス感染症

明石市の最新情報はホームページで


感染予防のためのポイント

①マスクの着用

鼻と口の両方を覆いましょう。

②3密を避ける

密集しない 最低1メートルはあける

密接しない 間近での会話は避ける

密閉しない 換気は30分に1回

プラス

会食は感染リスクが高い

気をつけて!

会食は少人数、短時間で。なるべく会話は控えましょう。

③手洗い

せっけんを使い、念入りに洗いましょう。アルコールによる消毒も効果的です。


一部の公共施設は午後8時に閉館します

主な施設/あかし市民図書館、明石・西部市民会館、ウィズあかし、各コミセン、AKASHIユーススペースほか。詳細はホームページで確認を

時のわらしセリフ「しっかり感染対策しよう!」


発熱や咳などの症状があるときはまずかかりつけ医に電話で相談

直接病院へ行かず、まずは電話で相談。

受診可能なときはマスクを着用し指定の日時に受診を


かかりつけ医がいない 電話をするのが難しい場合

「感染したかもダイヤル」毎日/午前9時~午後8時

TEL918-5439 FAX918-5441

上記時間外で急ぐ場合は

TEL912-1111 FAX918-5129


夜間の急な発熱や腹痛などの症状で困ったら

「市立夜間休日応急診療所」

毎日/午後9時~翌日午前6時

TEL937-8499 FAX937-8400

※新型コロナウイルスなどの感染症検査は行っていません


その他の相談は

「総合相談ダイヤル」平日/午前9時~午後5時

TEL918-5090 FAX918-5441 メールc-soudan@city.akashi.lg.jp


お困りごと 気になることなんでもお気軽にご相談を

保健師や社会福祉士などの専門職がお応え

「生活支援ダイヤル(社会福祉協議会内)」

平日/午前9時~午後8時 土日祝/午前9時~午後5時

TEL924-9162 FAX924-9134 メールokomarigoto@road.ocn.ne.jp



今日からご利用いただけます

高齢者・障害者サポート利用券第2弾

高齢者や障害者の在宅での生活を支えるために、サポート利用券を再度交付します。

対象者には既に発送しております。

対象/令和3年1月1日時点で市内在住の①70歳以上の人(昭和26年1月2日以前に生まれた人) ②69歳以下で障害者手帳をお持ちの人

チケット有効期間/6月30日(水)まで 申請不要

使い道いろいろ

食事 日用品 タクシー

約600店舗で利用可能!

ばあばたこセリフ「6月末まで使えるから急いで使わなくてもいいのね!」

お問い合わせ/サポート利用券担当(TEL918-5045 FAX918-5136)



動画をみながら体操しませんか

日頃からの体操でフレイル(心や体がストレスに弱くなっている状態)を予防しましょう。自宅で楽しみながら取り組める体操を紹介します。

お問い合わせ/地域総合支援担当(TEL918-5289 FAX918-5049)

毎日スッキリ体操、市ホームページでも配信中!

気になる症状に合わせてご覧ください

肩こり・口腔体操・認知症予防・ウオーキング・転倒予防・腰痛

動画視聴はこちらから

明石市 毎日スッキリ体操 検索



奥付

明石市役所 TEL912-1111

広報あかし No.1327 2月15日号

発行/明石市079-260-7117

編集/政策局シティセールス推進室 広報課 発行/明石市

編集/政策局シティセールス推進室 広報課 

〒673-8686 兵庫県明石市中崎1丁目5番1号

TEL078-918-5001(直通) FAX078-918-5101 メールkouhou@city.akashi.lg.jp

明石市 検索


明石市広報番組

市の情報を市民の皆さんへお届け

明石ケーブルテレビ地デジ11チャンネル

「海峡のまち明石」

月~日曜日午後 8時~8時15分

火~日曜日午前10時~10時15分

●2月15日~28日

「新型コロナウイルス感染症対策 ウィズコロナみんなで予防・気配り・支え合い」

明石市ホームページでも過去の番組をご覧いただけます


お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101