ホーム > 暮らし・コミュニティ > 住民登録・戸籍・証明 > 公的個人認証サービス(電子証明書)

ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

公的個人認証サービス(電子証明書)

公的個人認証サービスとは

国、都道府県や市区町村などでは、各種の申請や税の申告などのさまざまな行政手続が、自宅のパソコンからインターネットを通じてできるように、手続の電子化を進めているところです。そこで、これらを利用される方が安心して手続を行うためには、他人によるなりすまし申請ではないか、また、インターネットを通じて送られた電子データが途中で改ざんされていないかを、行政機関が確認する必要があります。
公的個人認証サービスとは、電子的手続を利用される方に電子証明書を発行することで、なりすまし申請や通信途中での改ざんを防ぐための機能を提供するサービスで、平成16年1月29日(外国人住民は平成25年7月8日)から始まったものです。

なお、電子証明書には2種類あります。

  • 署名用電子証明書…e-Tax等で使用。暗証番号は6桁以上16桁以下の大文字英数字。原則、15歳未満の方・成年被後見人は発行できません。
  • 利用者証明用電子証明書…マイナポータル等で使用。暗証番号は4桁の数字。

電子証明書の有効期限は、原則、発行日から5回目の誕生日です。更新手続きの詳細については、下記をご参照ください。

署名用電子証明書は、転居や婚姻等により、氏名・住所・生年月日・性別に変更が生じた場合、自動で失効します(利用者証明用電子証明書は失効しません。)。引き続き必要な場合は、発行手続きを行ってください。手続きの詳細については、更新手続きと同じです。

※電子証明書は、平成27年12月22日(火曜日)をもって、住民基本台帳カードへの発行を終了しました。平成28年1月以降は、個人番号(マイナンバー)カードのみに電子証明書を発行します。ただし、個人番号(マイナンバー)カードは、申請してから交付するまで、最短でも1カ月程度を要しますので、ご了承ください。

電子証明書の更新手続きについて

電子証明書は、有効期限の3か月前から更新手続きが可能です。有効期限までに発行した新しい電子証明書の有効期限は、6回目の誕生日まで(個人番号(マイナンバー)カードの有効期限が先に到来する場合、個人番号(マイナンバー)カードの有効期限まで)です。

受付窓口

市民課・あかし総合窓口※・各市民センター

※平日は17時15分までです。第3土曜日・日曜・祝日は行っておりません。

必要書類

個人番号カードを持参のうえ、本人が来庁してください。手続きの際、以前入力していただいた暗証番号の入力が必要です。暗証番号が不明の場合は、初期化の手続きが必要になります。

本人の来庁が困難な場合は、下記までお問い合わせください。

その他の詳細について

その他、詳細については、下記のホームページをご参照ください。

総務省ホームページ「公的個人認証サービスによる電子証明書」(外部サイトへリンク)

公的個人認証サービスのご利用については、下記のホームページをご参照ください。

公的個人認証ポータルサイト「事前の準備」(外部サイトへリンク)

 

関連ページ

お問い合わせ

明石市市民生活局市民課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5019 (住民記録係)