ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 2020年度バックナンバー > 撮れたて情報 2021年1月19日 平和資料室オープン 戦争の悲惨さ・平和の大切さを次世代に伝える

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

撮れたて情報 2021年1月19日 平和資料室オープン 戦争の悲惨さ・平和の大切さを次世代に伝える

20210119メイン

(写真)戦災イラストや写真が入った縦2メートル、横5メートルの市全域地図

1月19日、戦時中の様子や戦争の悲惨さ、平和の大切さを次世代に伝え、広く啓発するために平和資料室を文化博物館2階にオープンしました。

終戦の年にあたる昭和20年に、明石市内では6回にわたり空襲がありました。
1月19日には、兵庫県内で最初の本格的な空襲があり、当時戦闘機などを生産していた川崎航空機明石工場が標的にされました。
6月9日の空襲では、明石公園周辺と明石市西部が被災し、犠牲者数が最も多い空襲になりました。

戦争体験者の高齢化が進むなか、当時の記憶を風化させることなく次の世代に継承していくことが大切です。
戦争や平和のことを考えてみませんか。

場所/文化博物館2階
展示内容/戦争被害がわかる写真や戦災のイラストパネル、
市域全体マップ(縦2メートル、横5メートル)の展示、
戦争体験者の映像モニターの設置 など

平和資料室のみの観覧は無料です。文化博物館の入口で申し出てください。

20210119動画

映像モニターでは、戦争体験者の声や語り部のメッセージなどを紹介

20210119写真

戦争当時のまちの様子や多くの方が犠牲になった事実を分かりやすく伝えています

20210119ロビー

1月24日まで、市役所本庁舎2階ロビーでも平和パネルを展示中

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101