ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 2019年度バックナンバー > 撮れたて情報 2019年8月20日 明石商業 夏の甲子園で大健闘

ここから本文です。

更新日:2019年8月20日

撮れたて情報 2019年8月20日 明石商業 夏の甲子園で大健闘

たたえ合う選手たち

(写真)試合を終え健闘を称え合う両チーム

8月20日、第101回全国高校野球選手権大会で明石商業が決勝進出を懸け、履正社(大阪)と対戦。1対7で惜しくも敗れ、2度目の夏の大会はベスト4で終わりました。

明石商業は1回表、中森投手が立ち上がりに連打を浴び4失点。その裏、来田選手のホームランで1点を返すも、以降は打線が無得点に抑えられそのまま試合終了となりました。

今大会は、初戦の花咲徳栄(埼玉)、3回戦の宇部鴻城(山口)、準々決勝の八戸学院光星(青森)とすべて1点差で競り勝ち、随所に明商らしい粘り強いプレーを見せ、春のセンバツ大会に続くベスト4入りの快挙を果たしましたが、初の決勝進出はなりませんでした。
夏の甲子園で強豪校を相手に3勝、ベスト4という快挙は、明石市民に大きな感動を与えてくれました。この日も満員となったスタンドからは、選手たちに大きな拍手が送られました。
スタンドで応援した同高3年生の堀寿充さんは「悔しいけど、ここまで連れて来てくれた選手たちに感謝しかないです。1、2年生に来年また頑張ってほしいです。」と話してくれました。

甲子園で大きな経験を積んだ選手たちは、新たにスタートします。
明石商業の皆さん、本当にお疲れさまでした。そして、感動をありがとうございました。

準決勝でホームランを打つ来田選手

1回裏、ホームランを打ちガッツポーズの来田選手

在校生も最後まで諦めず応援

スタンドの在校生たちも最後まで諦めず応援

吹奏楽部

吹奏楽部が演奏で選手たちを後押し

最後は大歓声が送られました

アルプス席から選手たちに大きな拍手が送られました

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101