ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 平成29年度バックナンバー > 撮れたて情報 平成29年10月9日 あかし里親フォーラムを開催~知ってほしい 里親のこと~

ここから本文です。

更新日:2017年10月9日

撮れたて情報 平成29年10月9日 あかし里親フォーラムを開催~知ってほしい 里親のこと~

あかし里親フォーラム

さまざまな事情で家族で暮らすことができない子どもを家庭で見守り、支える里親制度について理解を深めてもらう「あかし里親フォーラム」が9日、あかし市民広場で開催されました。市民ら330人が、市の取り組みをはじめ、里親さんや里子さんの実際の生活の話に耳を傾けました。
今回のフォーラムでは、育ての親と共に苦難を乗り越えながら歌手の夢をつかんだシンガーソングライターの川嶋あいさんをお招きし、『明石こども大使』として任命させていただきました。
参加者からは、「里親は、特別な人がするものだと思っていたけど、そうではなくて、身近にできることから始められることを知った(40代女性)」「中学校の頃から川嶋さんのファン。あいさんのように、私も自分の夢に向かって頑張りたいと思いました(20代女性)」と感想をいただきました。
市は、これからもすべての子どもたちが家庭の愛情を受けて健やかに育つことができるよう、取り組みを進めていきます。

330人が参加

里親さんのトークセッションでは、「日本の里親の委託が進まないのは、里親が何をしているか知られていないから。自分が里親になるならない関わらず、まず、ひとり一人が地域には子どもたちと一緒に暮らしている里親さんがいるということを知って欲しい。里親制度は子どもたちのための制度だから。」とお話がありました。また、里子さんから「私は里子としてたくさんの愛をもらって生きています。里子になれたから人を信じることができた。今も暗闇の中でもがいている子がたくさんいます。一つでも大きな愛で、手を差し伸べて欲しい。」とメッセージが披露されました。

川嶋あいさんによるライブ

16歳の時に亡くなった大切な育ててくれたお母さんを思った歌や、卒業式ソングなど5曲を披露していただきました。歌詩の一つひとつに川嶋さんの思いが込められています。

明石こども大使に任命

『明石こども大使』に任命された川嶋さんからは、「私を選んでいただいて、とても光栄。身が引き締まる思いです。これから明石のこどもたちが笑顔になるために一緒に考えていきたい」とお話をいただきました。川嶋さんには、今後、子どもや子どもをサポートしてくれる人への応援メッセージをイベントやメディアを通じて広く発信していただく予定です。

展示コーナーも

里親制度に関するパネルを展示しました。今後も、里親制度に関するPRを積極的に行っていきます。

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?