ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者会見 > 記者会見 2020年(令和2年)4月1日その2

ここから本文です。

更新日:2020年4月3日

記者会見 2020年(令和2年)4月1日

 明石市における新型コロナウイルス感染症の患者発生について

資料 明石市における新型コロナウイルス感染症の患者発生について(PDF:400KB)

市長

 明石市におきまして、新型コロナウイルス感染症の疑い例について検査の結果、本日陽性者が1名確認されましたので、ご報告申し上げます。60歳代の男性であります。経緯といたしましては、資料に付加してお伝え申し上げますが、ヨーロッパ国籍の方で、ヨーロッパの方に3か月程度滞在された後に、3月26日の木曜日に関西国際空港に戻られたと聞いております。

この方は1人暮らしの方でありますが、関西国際空港には別居の家族の方が自家用車で迎えに来られ、窓を開け、2人ともマスクをした状態で、ご本人のご自宅の方に戻られたと聞いております。その翌日の3月27日に発熱があり、その後は基本的に自宅で過ごされたと聞いております。3月31日月曜日に、いわゆる帰国者・接触者外来を受診され、検体を本日確認、検査したところ、陽性の反応が出たと伺っております。

濃厚接触者に関しましては、今お伝え申し上げた、関西国際空港に迎えに行かれた、別居しておられる家族の方、お一方があたる可能性がありますが、車で喚起もし、マスクもしておられたという状況でありますので、さらに今後その方について調査を続けるという認識でございます。

その方につきましては現在1人暮らしで、しかも症状は現在ない状況ではございますが、本日中に入院の方向で現在調整をしており、本日中には入院になるという理解をしているところです。

なお、後で質問もあろうかと思いますが、いわゆるクルーズ船やライブハウスなどにつきましては、特にそういったところに関係している方ではないということも聞き取っているところでございます。

記者

 1人暮らしで入院の方向というのは誰を指すんですか。

市長

 当該本人です。60代の男性が今現在入院に向けて調整中で、本日中には入院になると理解しています。

記者

 症状はどういう症状なんですか。

あかし保健所長

 3月28日から38度5分の熱がありまして、軽い頭痛、咳、全身の倦怠感が強いということで経過を見ていたようですが、昨日あたりから解熱して、本日はもうほとんど症状がない状態です。

記者

 ヨーロッパ国籍ということですが、具体的にはどちらの国の方ですか。

市長

 それもヨーロッパということでご説明申し上げたいと思います。

記者

 日本人ではないということですね。

市長

 そうです。

記者

 国籍を言えないのはプライバシーの観点からですか。

市長

 そうです。ご本人のご意向を踏まえた上での対応です。

記者

 どちらの国に行っていらっしゃったのかは重要な情報なんですが、それは。

市長

 ヨーロッパでいいのではないでしょうか。

記者

 ただ感染者が多い国とか、感染が広まっていますし、その辺もあるので。

市長

 そこもご本人のご希望もありますので、判断としてはヨーロッパ国籍、ヨーロッパで3か月滞在というのは当方の判断で、今お伝え申し上げているところですので、ご理解願いたいと思います。

記者

 国名を言えないのは、ご本人の希望なんですね。

市長

 そうです。

記者

 迎えに来られたご家族は何名ですか。

市長

 1人です。

記者

 元々明石にいらっしゃる方で、3か月間ヨーロッパにいたという理解でよろしいですか。

市長

 そうです。

記者

 ご自宅に戻ってからは、家からは出ていないということですか。

あかし保健所長

 食事を調達するためにマスクをして、近隣に買い物に行ったということを聞いています。

記者

 ご自宅に戻ってから、1人で暮らされているんですか。

あかし保健所長

 そのように聞いています。

記者

 別居の家族は1人ですか。

あかし保健所長

 現在把握しているのは1名です。

記者

 性別とかは。

あかし保健所長

 感染拡大にはあまり関係ないと思いますが、本人の許可をとっていないので、ここでは控えさせていただきたいと思います。

市長

 別居の家族の方は市外の方と聞いています。市外の別居の家族の方が、関西国際空港に迎えに行って、市内のお住まいにお連れしたと、あとは基本的に家で過ごされたけれども、買い物にマスクをして出たことはあるという理解でいいと思います。

神戸新聞

 別居の家族の方も1人暮らしですか。

あかし保健所長

 はい。

記者

 先ほどから問題になっている滞在先ですが、外国籍などはおっしゃるようにプライバシーの問題等も考えられると思いますが、やはり欧州で爆発的に感染していて、滞在先が複数あって特定できないという場合で欧州といった表現はやむを得ないと思いますが、1か国だけなら当然出すべきではないかと思いますが。

市長

 ご本人が希望されていない状況ですので。

記者

 これまでも渡航歴もしくは立ち寄り先、行動確認というのはご本人の意向を確認された上でされていると思いますが、これはご本人の意向で果たして済む話なのでしょうか。

市長

 ご本人は、いろいろな事についての情報提供についてはご意向はありましたが、当方の判断にて、ヨーロッパ国籍でヨーロッパに3か月滞在という情報はお伝え申し上げている状況でございますので、あとの事はご本人に改めて意向確認しないことにはという判断です。

記者

 この会見自体が、感染拡大防止であったり、感染源をある程度特定して、そこから人を遠ざける理由付けになったりすると思うんですが、そういう意味では滞在先を明示していただくのが私は必要だと考えますが。

市長

 そこの判断はおありですしご意向として受け止めますが、ご本人の意向とのバランスの中で、当方としては繰り返しになりますが、ヨーロッパ国籍ということとヨーロッパに3か月滞在していて、3月26日に帰国したという情報は、当方の判断にて今お伝え申し上げている状況です。そのことにつきましてもご本人のご意向とのまさにバランスがあって、ご本人としてはその事についても望んでおられるわけではありませんが、明石市の判断としてそこの情報は公の観点から必要だという判断をしている状況です。

記者

 ちなみに伺いますがヨーロッパというのは1か国だけですか。

市長

 はい1か国です。

記者

 約3か月間ということですが、出国されたのはいつですか。

感染症対策部長

 そこは確認できていません。

記者

 職業は何かされていますか。

市長

 特にないです。

記者

 無職とも言えないわけですね。

市長

 はい。

記者

 兵庫県で今日までに発表されている15件すべて滞在先は発表されているんですが、なかなか理解ができないんですが、その他の発表と照らし合わせて滞在先は公表しないということですか。帰国者からの感染というのが、非常にクローズアップされるなかで、必要な情報かと考えるんですが。

市長

 ご意向がありましたが、引き続き本人からの聞き取りをしますので確認させてもらいます。ただ現時点では、ご本人は情報提供には積極的なスタンスではありませんので、その中で現時点では今お伝えした範囲だということはご理解いただきたいと思います。

記者

 買い物は何回行かれているんですか。

あかし保健所長

 数回ということしか聞いておりません。

記者

 それはいずれも近隣のお店ということですか。

あかし保健所長

 そうです。

記者

 3か月ヨーロッパに滞在したということですが、明石市民と言っても大丈夫ですか。

感染症対策部長

 はい、明石居住です。

記者

 別荘が明石にあるとかではなくて、明石に本拠を構えられているという理解でいいですね。

感染症対策部長

 はい。

記者

 入院されるところは感染症指定医療機関ですか。

あかし保健所長

 医療機関ということで留めさせていただきます。

記者

 はっきり言えないのはなぜですか。

あかし保健所長

 病院の特定を避けるためです。

記者

 それもこれまでの発表で例がありません。市内ですか、市外ですか。

あかし保健所長

 それも含めて非公表です。

市長

 今回の経緯をお伝えしますと、5時過ぎに陽性が確認出来て、その後ご本人への聞き取りなどをして今に至っておりますが、ご本人としては今のやり取りから分かるように、ご本人の意向としては消極なスタンスの中で、検討した結果、今お伝えしていますので、ご意向を踏まえて再度ご本人の意向確認し、当方でそのことも含めてまた判断したいと思いますが、今日のこの時点ではすいません、これ以上押し問答しても状況は変わらないのでご理解いただきたいと思います。

記者

 ご本人の意向が積極的でなくても、入院先が市内とか市外とか渡航先は、最低限の情報として発表されるべきかと思いますので要望しときます。

記者

 今言えないとおっしゃったのは入院先の病院ですか。

市長

 はいそうです。

記者

 受診したところも市内、市外は言えないですか。

あかし保健所長

 明石市内の帰国者・接触者外来です。どこというとこは非公表ということが厚生労働省から通達がありましたので、それに従っています。

記者

 これは本人の希望で受けたんですか。

あかし保健所長

 はい、そうです。

記者

 今入院の方向と言われていましたが、入院したんですか。

市長

 ですからご本人が3月26日に戻られて、体調不良で熱が出て、ご自身がご連絡をされて市内の外来の方に来られて、検体を取って今日朝出して夕方に分かったと、それが分かったので本人に連絡して、今入院調整中で今日中には入院の方向で、そこはご本人のご理解ご協力を得るなかで、入院調整中でございます。今日中には入院という理解をしています。ご本人は現状は症状がない状況でありますが、症状がないにしても感染拡大防止の観点から入院をお願いして、ご理解いただいたという理解で良いかと思います。

記者

 本人の症状がないのは本日時点でということですか。

あかし保健所長

 本日時点です。

記者

 軽い倦怠感や咳、頭痛、検査を受ける時にあったものが、本日は解消しているということですか。

あかし保健所長

 ほとんどないということです。

市長

 ですが入院をお願いしたということです。

記者

 帰国した段階で明石の保健所の観察下にあったということですか。海外から帰国されたということは明石市の保健所としては把握されていて、健康観察のもとにあった方なんですか。

あかし保健所長

 それは検疫所から連絡があった方ということですか。検疫所からの連絡はありません。

記者

 市としてこの方を知るきっかけになったのは、外来受診で初めてということですか。

あかし保健所長

 はいそうです。

記者

 ご家族については、どの保健所が健康観察をしていくんですか。

あかし保健所長

 市外の当該の保健所と相談した上で情報をやり取りします。

記者

 明石の保健所の責任において、健康観察していくということですね。

あかし保健所長

 居住地によってはそれが叶わない場合もありますので、その時は依頼文を出します。

記者

 居住地も分かっていらっしゃるんですか。

あかし保健所長

 はい。

記者

 では別の管轄の保健所が健康観察していくということですか。

あかし保健所長

 そうなるかと思います。

記者

 先ほど性別も言えないということは、奥さんとか息子とかそれも言えないということでいいですか。

あかし保健所長

 はい。

記者

 私も要望として、渡航先の情報は感染予防、感染拡大防止の観点からも、非常に重要な情報だと考えますので、是非とも早めに検討していただいて、開示していただくようお願いします。

市長

 そこは個別の国名ということでいいですか。

記者

 国籍に関しては、プライバシーに配慮するということは十分分かるんです。ただ渡航先というのは、これだけ欧州で拡大が感染している中で、どの国から帰ってきたかということは1つの指針になりますから、やはり市民の方に与える警告の度合いにも関係してきますので、そこは再度ご検討をお願いします。

記者

 最近、感染者の方で匂いとか味とかの感覚がなくなっているという話が多いですが、この方はそういう話はされていましたか。

あかし保健所長

 おっしゃってないようです。

記者

 おっしゃっていないというのは、聞いていないのか、聞いたけどもおっしゃっていないのか。

あかし保健所長

 それは聞いた上でないということです。

記者

 それは症状がなくなった今ではなくて、もうちょっと前の段階からですか。

あかし保健所長

 はい。

記者

 念のための確認ですが、ご自宅に戻ったのは3月26日でよろしいですか。

市長

 はい。資料にもありますように、3月26日に戻られて翌日に37度程度の発熱があり、3月28日に38度台に一度上がった状況ですが、その後は熱は落ち着き、現在は症状がない状況。その間に食べ物を買い出しに出たと聞いています。ただこの方、関西国際空港からはマスクをしていたし、出る時もマスクを心がけていたということは聞いているところです。

記者

 本人さんも発熱があるということで、ある程度感染の疑いがあるということを自覚していらしたんですか。

あかし保健所長

 関西国際空港で説明があったようです。

記者

 検疫所で観察対象というレベルでないにしても、そういう症状がある人に対しての説明ということですか。

あかし保健所長

 もし症状が出たらという説明があったようです。

記者

 それは特にその方が別室に連れて行かれて説明を受けたというわけではなくて、一般的にアナウンスがあったということですか。

あかし保健所長

 そう理解しています。

記者

 欧州に行った時はまだ症状は出ていないんですか。

あかし保健所長

 なかったと聞いています。

記者

 検疫所から、例えば自宅で過ごしておくようにとか、隔離の要請を受けたという話はありますか。

あかし保健所長

 検疫所から話はないです。

記者

 検疫作業はあったんですか。

あかし保健所長

 あったとは聞いていません。

記者

 それは質問していないんではなくて、本人が言っていないということですね。

記者

 関西国際空港から説明があったとはどういう意味ですか。

あかし保健所長

 印刷物を配られたのか、掲示看板があったのかは本人に確認を取っていません。

記者

 マスクをするようにというところだけですか。

あかし保健所長

 マスクと窓を開けて帰るように言われたということなので、それなりの説明があったと思います。

記者

 それは誰から言われたんですか。

あかし保健所長

 それは確認していません。

記者

 渡航先の国を是非教えていただきたいと思うんですが、外出レベルで言うと2から3とかは教えていただけますか。

市長

 この後早急に調整確認をして、何らかの方向づけをしたいと思っていますので、もう一度状況確認させてください。その結果、今のご質問に答えられるのか、国名まで言えるのか調整します。

記者

 初めての患者が出ましたが、市長の思いと今後の対応をお聞かせください。

市長

 基本的にはこれまでも、明石市としてはしっかりとした対策をとってきた認識ですが、さらに今回を受けて、一層しっかりと市民の健康をお守り申し上げる立場だと思っています。

記者

 今回感染者が市内で1人出たことによって、4月の学校再開に与える影響などはありますか。

市長

 そこは何度もお伝え申し上げていますが、明石市としては学校関係者に一定程度感染者が出た場合には再検討とお伝え申し上げていますので、今回は特に学校関係者ではないと理解しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101