ホーム > 市政情報 > 広報 > 記者会見 > 記者会見 2020年(令和2年)2月28日

ここから本文です。

更新日:2020年3月6日

記者会見 2020年(令和2年)2月28日

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市立学校園の臨時休業の取扱いについて

資料 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市立学校園の臨時休業の取扱いについて(PDF:152KB)

報道担当課長

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた市立学校園の臨時休業の取扱いについて、緊急での市長記者会見を行います。市長よろしくお願いします。

市長

 大変市民の関心も強く、早期にしっかりと正確な情報を発信する立場でもありますので、よろしくお願いします。昨日の総理の要請を受けての明石市としての対応についてでございます。資料に沿ってご説明しますが、明石市といたしましては、3月3日(火)から3月15日(日)までの間、今からお伝えする学校園につきましては、原則として臨時休業の方向で調整したいと考えております。

 国の要請に基づく小学校、中学校、高校に加え、幼稚園につきましても、そのような対応をしたいと思っています。もっとも国の要請にありましたが、特別支援学校につきましては、休業せずに開く方向で考えております。なお、二見のこども園につきましては、1号認定部分のみ臨時休業とさせていただき、厚生労働省からもありましたが、保育所については明石市も開けるということです。

 もう一度繰り返しますと、小学校、中学校、高校は、国の要請に従い閉めるに加え、幼稚園も閉める、ただし、特別支援学校については閉めないということでございます。期間については、3月3日(火)からですので、来週の月曜日については通常どおり、翌火曜日から3月15日(日)までという期間を設けたいと考えております。その後につきましては、状況に応じてまた判断したいと考えています。

 学校行事のうち、卒業式につきましては、まだ検討中でございます。なお、いわゆる共働き世帯などの関心の強いテーマだと思いますが、この間の子どもについてですが、まず小学校につきましては、いわゆる長期休業中の対応に準じまして、希望者は朝の8時から夜の7時までは、放課後児童クラブで対応させていただきたいと考えています。これまですでに申し込んでいる方のみならず、このたびの急な状況でご利用される方も含めてお預かりしたいと考えています。

 原則として、月額8000円で放課後児童クラブで対応していますが、今回については、こういった事情と期間に鑑みまして、半額の4000円の費用におきまして、朝8時から夜7時までという形をとりたいと思っています。

 続いて幼稚園につきましても、朝の8時から夜の6時までは預かり保育対応をとりたいと思っております。これにつきましても、これまで申し込んでおられない方につきましても、新たな申し込みがあった場合も対応していきたいと考えております。結論的に言いますと、急な状況でございますので、保護者の皆さんがさすがにすぐな対応は難しい方は当然おられると思いますので、あえて無理して仕事を休まなくても、幼稚園につきましては預かり保育対応にて幼稚園にて対応させていただき、小学校につきましても、1年生から6年生まで放課後児童クラブにて対応をさせていただくということでございます。このあたり大変関心も強いテーマかと思いますし、おそらく働いておられる方々は、来週から休まないといけないのかどうかという強い関心をお持ちのテーマかと思いますので、改めてこの場にて明確に、これまで申し込んでいない方も含めて、明石市においてはしっかり対応していくということをお伝え申し上げたいと思います。  

 なお、大前提として、この状況を踏まえまして、全学校園においてしっかりとした手洗いなども含めた感染症予防などをするのは当然でありますし、特別支援学校につきましても、事情に鑑みて欠席させる場合などは、欠席扱いにしないという対応はとりたいと考えているところでございます。

教育長

 今回市立の特別支援学校ということで、本市の場合は明石養護学校というのがございます。これにつきましては、とりわけ明石養護学校は非常に障害の重いお子さんが多く在籍しておりますので、当然ながら一人で家で過ごすということはできません。また、全体の児童生徒数も23名ということで、比較的人数も小規模でございますので、当然ながら一箇所に集まって活動するということは避けて、それぞれある程度の距離をもって分散した形で、むしろ特別支援学校で責任をもってお預かりする方がよろしいという判断で、今回は開けるということになっております。それについて国からの通知でも、特別支援学校については諸事情等を鑑みて、ある程度長時間一箇所に集まることのないような対策を講じることということが書かれていますので、そういったことも養護学校については対応可能だと判断しまして、明石養護学校については開けるということで考えています。

こども企画部長

 基本的に夏休みと同じ対応ということを火曜日から目指して参ります。基本的には、8時半から17時までなんですが、希望者は8時から8時半までの延長と、17時から19時の延長があります。

こども育成部長

 幼稚園の預かり保育でございますが、今27園全園で実施しております。 春休み夏休み冬休み、長期休業中も今実施しておりますので、今回春休みと同様の対応でさせていただこうと思っております。幼稚園の先生以外にも預かりスタッフということで、スタッフを配置して対応しております。料金につきましては1時間150円ということで、かける利用時間が1日の利用料金となってまいりますが、就労世帯の方もおられますので、その方につきましては5割減額ということで、減免制度を設けて対応しております。今回につきましては、通常利用されている方は今申し上げた料金になりますが、今回の対応で利用される方については、日割りで料金については考えております。

市長

 なお、急な対応ですので、今日この場でこういう説明をしておりますが、詳細につきましては、月曜日にさらに詳細な部分を保護者の皆様にもお伝えしないといけないと考えております。大枠は今お伝えした通りでご理解いただきたいと思います。

記者

 今回の取り扱いの判断に至った経緯、思いを改めて聞かせてもらっていいですか。

市長

 明石市としてのこのたびの新型コロナウイルス感染症の対策につきましては、保健所も設置している市としまして、早期の段階で相談窓口を開設したり対応してきた認識でございます。イベントにつきましても、県内で発生した場合、市内で発生した場合などを整理しながら、この間議論を重ねて参りました。そういう意味においては、明石市としましても、この間もしっかりと対応してきた認識でございます。

 このたび国からの急な要請がございました。そういった中で、やはり大きな国の要請でございますので、当然それを踏まえさせていただきますけども、県内でまだ発生していない状況、加えて特に共働き世帯に対する影響が、さすがにあまりにも急なものですから、逆に子どもの安全という時に、もちろんコロナウイルス感染症に対する安全もありますが、小さな子を一人で家に置いて仕事に行けるのか、その時子どもが事故にあったらどうするのかということも含めて、幅広い子どもの安全を考えた時に、やはり総合的な判断が必要です。特に、共働き世帯に対するしっかりとした市としての対応が必要だという判断がベースにございます。そういった中で明石市につきましては、週明けの月曜日は通常通りとした上で、火曜日以降、基本的に分かりやすく言うと、夏休み的な対応を取っていくという整理をした経緯でございます。

 もう1つは、国の要請は春休みも含めた形になっていますが、基本的にすでに明石市としても3月15日までのイベント自粛などもしてきた経緯がありますので、国の方もここしばらくが大変というお話の中で、今回の臨時休業につきましてもそれに合わせてした上で、その後の状況をしっかりと踏まえて、県内市内で発生したか否かを踏まえた上で、その後の対応を決していきたいという思いであります。

記者

 とりあえず2週間、今やっているイベント自粛の方針に合わせて15日までとした上で、そこから期間延長についてはまた考えるということですか。

市長

 そうです。県内市内での発生状況やその他を含めた総合的な中で、現時点においては 3月15日までですので、3月16日を登校登園日の予定にしているところでございますが、その後市内で発生したとかなってくれば当然状況は違いますので、状況に応じて適宜適切に判断していくということになろうと思います。

教育長

 やはり月曜日登校と言いながらも学校もドタバタしますので、やはりある一定2週間区切りをもって対応してもらって、とりあえず16日は今と状況があまり変わらないようであれば一旦は登校してもらった方がいいのかなと、学期末になりますのでという判断です。

記者

 その期間中、今の話の流れでは欠席扱いにならないということだと思いますが、学校の単位とか授業数というのはどのようにお考えですか。

教育長

 中学校はだいたい定期考査もほぼ終わるので、評価も含めて対応できるかなと思います。小学校については、場合によっては教科書がまだ終わってないという場合もありますので、そこは学校の方でそれぞれプリント等を作成するなどという形もありますし、文部科学省の通知でも、評価については、現時点終わったところでの一定の区切りでの評価もあり得るという方針も出ていますので、その辺の状況を見ながら弾力的にやっていくという感じです。いずれにしても、未履修的な部分が出てしまうと良くないので、そこはプリントなどもあるんですが、現実的には教科書も最後の方は演習的な内容がかなりありますので、ある程度自宅学習も可能かなと思います。

記者

 基本的には各校の判断に任せるという形ですか。

教育長

 担任の先生方がそれは考えてくれると思いますので、そういう意味ではお任せしてもいいのかなと思います。

記者

 学校数、児童園児の人数を教えてください。

教育長

 小学校が28校、中学校が13校です。生徒数は、小学校が約16000人、中学校が約7400人、明石商業高校が3年生の在校も含めて約800名、幼稚園は約2600名です。

記者

 臨時休業する学校園の数は。

教育長

 こども園を入れて70校園です。

記者

 1号認定部分というのはいわゆる幼稚園の部分ですか。

こども育成部長

 そうです。

記者

 卒業式修了式については現在検討中ということですが、昨日今日の急の要請で、まだこれから話し合いだと思いますが、現時点での市長のお考えは。

市長

 いろんな考えがあるので軽々に言うのは早いです。すぐには決められないと思います。月曜日には決めたいと思っています。

教育長

 小学校は3月23日なので、この2週間の外側です。中学校は3月10日で、この2週間の期間内にあるので、具体的にはそこをどうするかという判断です。そこでやるのか、あるいは2週間の後ろでやるのか、やらないのかということですが、そこは周りの市町の状況とか、やるにあたっても工夫が必要だと思いますので、その辺の検討状況を踏まえながら対応していく感じになると思います。

記者

 学童保育と預かり保育ですが、従来申し込みされている方以外にも受け付けるということで、限度がありますね。

市長

 限度はありますが、行政から見たら数の問題ですが、一人一人から見たら、うちの子どうなるという話ですから、そこにニーズがあれば対応するのが行政ですので、何とか火曜日に間に合うように、学童の体制をとるという形ですね。

記者

 例えば「希望者も受け付けます」という1文を書くと、かなりの数が殺到することも考えられると思いますが。

市長

 ただ各コミセンについてもこの期間臨時休館します。明石市の場合、コミュニティセンターが学校の中にあったり横にあったりしますので、そういった場所を活用することなども考えられると思います。後は原則として、小学校につきましては原則休校ですので、学校の先生方は休むわけでもありませんので、そことの連携も含めて対応していかざるを得ないかなと思います。実際上、小学校1年生や2年生の子どもを家においておけませんから、急でも学校で何とかというのはごもっともですから、その時に過去申し込んでいないからお断りかということは出来ませんので、そこは書いていただいた方がいいと思います。これまで申し込んでいないからと思って、無理して仕事を休む、仕事を辞める、これは不幸なことです。世の中そんな簡単に急に休める仕事ばっかりではありませんし、そもそも休むとまずい公性の高いような、今回の対応をしないといけない、まさに医療機関とかの仕事もおありでしょうし、そういう意味では緊急避難的に、明石市としてはそこにニーズがあれば受け止めるというふうに考えています。そのために早急に態勢をとるということです。

こども企画部長

 最大限学校の協力も得ながらやっていきたいと思っています。ご心配のとおり、就労などの理由でどうしても仕方がないというような状況の方について受け入れたいと考えております。

記者

 いわゆる学童保育に申し込む要件をお持ちの方ということですね。

こども企画部長

 はい、例えば通常だと2時ぐらいまでの勤務だったので、学校にいれば大丈夫だったというような方々をイメージしています。

記者

 仕事をしていないような方が希望してもいいんですか。

こども企画部長

 そこは確認しきれないというところがあるので、誰でも来ていいというものではなく、やむを得ない場合です。

市長

 そこは趣旨というものがあると思いますので、今回の国の措置について色々なご意見があろうとかと思いますし、私がコメントする立場ではありませんが、やっぱりこういう急な対応の中で、逆に子どもの安全を損なうような事態は避けないといけませんので、子どもが一人ぼっちになるとか、子どもの対応ができないような事情があるのであれば、行政の方で受け止めるということですので、ご家庭で対応できる方につきましては、ご家庭でお過ごしいただくのが基本的な趣旨だと思っております。こういった急な国の要請を受けての対応の中で、保護者としてもご自身のお子さんに対してご家庭で対応することが困難な事情な方につきましては、明石市の行政にて責任を持って対応させていただくという趣旨です。

教育長

 基本は感染拡大を抑えることなので、ご家庭にいるのが良いに越したことはないので、それが出来ないから先ほどから市長が申し上げているようなことだと思います。

記者

 入試とかはどうされるんですか。

教育長

 県教育委員会からの話では予定通り行うということです。3月12日の高校入試は予定通りと聞いています。

記者

 学校のクラブ活動とかは休校だからないんですか。

教育長

 基本的にはそうです。

記者

 明石商業は甲子園がありますがどうなるんですか。

教育長

 基本的に拡散防止ということから言うと、やはり集まってするということは厳しいので、活動は難しいのかなと思います。集まってやるのはあまりにもリスクが大きいと思いますし、逆にそのことによって本番に出られないということになったら、という面もあると思います。

記者

 保護者の方の問い合わせはどこを書いたらいいですか。

市長

 ニーズとしては、教育委員会と保育所預かりと学童でしょうね。そこはそれぞれやっぱり関心があるので、そう書いていただいたら。ベースとしては教育委員会ですが、幼稚園に行かせたいけど休みになったら困るという方は、預かり保育の問い合わせをしたいでしょうし、小学校の小さい子がいる親御さんで休めない方は、大丈夫かということを確認しないと不安でしょうから、仕事を休まないと小学校1年生を1日ほったらかしに出来ませんから。そこはかなり私もリアリティを持っています。そんな小さい子を急に言われても見れる人ばかりではないと思いますので、そこは行政がしっかりやるところだろうと強く思っています。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101