ホーム > 市政情報 > 明石市が進める特色ある施策 > 特色ある施策ー明石の自然環境を未来に残すために

ここから本文です。

更新日:2016年4月20日

 特色ある施策-明石の自然環境を未来へ残すために

                                                     特色ある施策トップページへ

明石の自然環境を未来へ残すために

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)の防除対策 全国初

 近年、明石の自然はミシシッピアカミミガメをはじめとした外来種によって大きな影響を受けています。その対策のひとつとして、市では平成23年度より、ミシシッピアカミミガメに関する取り組みを行っています。生息実態調査、試験防除調査の流れを経て、平成25年度からは河川流域での防除調査や自宅で飼えなくなったミシシッピアカミミガメの引き取りを行うなど、本格的な取り組みを実施しています。その結果、ため池ではハスの植生数が増加するなど、明石の自然が回復しつつあります。
 また、平成26年4月には、自然環境保全や外来種対策を一層推進するため、関係機関や市民団体とともに「明石市ミシシッピアカミミガメ対策協議会」を設立しました。
 さらに、平成27年10月には防除により捕獲したミシシッピアカミミガメを収容する施設として、明石クリーンセンター敷地内に「アカミミガメ保管プール」を設置するとともに、同年11月にはミシシッピアカミミガメを例に、外来種問題や生物多様性の概念、また、保全の必要性について啓発していくためのDVDを制作しました。
 詳しくは、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)繁殖防止に向けた取り組みのページへ。

ミシシッピアカミミガメ

「あかしの生態系を守る条例」を制定

 「生態系の保護」及び「生物多様性の保全」について、市民の理解を深めるとともに意識の向上を図り、明石の生物の多様性を将来にわたって守っていくことを目的に「あかしの生態系を守る条例」を制定しました。
 同条例では、明石の生態系に影響を及ぼすおそれのある動植物を指定外来種として指定し、放逐等の禁止など、その取扱いについて規定を設けています。
 詳しくは、あかしの生態系を守る条例の制定のページへ。

 

 

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?