ホーム > 子ども・教育 > 保育 > 保育料の減額について(5月分保育料)

ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

保育料の減額について(5月分保育料)

国の新型コロナウィルス感染症への対策として保育所等が休園措置や登園自粛依頼等を行った5月についても、3月、4月同様に利用者負担額(保育料)を減額します。

5月分の利用者負担額(保育料)について、次のとおり取り扱うこととなりますのでお知らせします。

利用者負担額(無償の場合を除く)

明石市または園の要請により、家庭保育への協力要請のため、園児が「令和2年5月中に1日以上保育所等へ登園しなかった場合」には利用者負担額(保育料)を日割り計算により減額します。

減額後の利用者負担額(保育料)【5月分】

<計算式>利用者負担額(保育料)×その月の臨時休業等の日を除く登園日数÷25日

※令和2年5月は開所日数が23日であるため、1日欠席した場合は利用者負担額(保育料)×(23日-1日)÷25日となりますが、欠席日数が0日だった場合は利用者負担額(保育料)×(23日-0日)÷25日とはならず、日割り対象の対象外となります。

例:月額保育料29,700円、5月の欠席日数2日間の場合

 減額後の保育料
29,700円×(23日-2日)÷25日=24,948円(10円未満切捨)=24,940円
既に保育料を納付している場合は、
29,700円-24,940円=4,760円(保育料還付金額)

保育所については、明石市より該当する保護者へ、明石市または保育施設を通じて、6月下旬ごろ案内文・還付書を送付し、7月下旬を目途に還付します。
認定こども園・小規模保育事業所については、各施設にお問い合わせください。
※国の幼児教育・保育の無償化の対象となっている3歳児から5歳児クラスの利用者負担額(保育料)については、すでに0円となっているため還付はありません。

給食費(3歳から5歳クラスの主食費及び副食費)

給食費については、臨時休業中、または、休園した児童について、保育施設が配食準備等に計画的に反映可能な場合には、日割り計算等の減額調整を行うことも可能とされています。
このため、給食費の取り扱いについては、利用者負担額(保育料)のように一律の対応ではなく、保育施設ごとに対応(定額を徴収する、日割り計算により減額する、免除するなど)することとなります。
具体的な取り扱いについては、各施設にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

公立保育施設担当:こども育成室運営担当
TEL:078(918)5149
FAX:078(918)5650
私立保育施設担当:こども育成室利用担当
TEL:078(918)5093
FAX:078(918)5293

お問い合わせ

明石市こども局こども育成室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5149・5093