豚コレラについて

ここから本文です。

2019年2月8日現在

岐阜県及び愛知県において確認された豚コレラについて

  • 平成30年9月9日に岐阜県で豚コレラの発生が確認され、平成31年2月8日現在、長野県、愛知県、滋賀県及び大阪府でも発生が確認されています。

    豚コレラは、豚やイノシシが豚コレラに感染した豚やイノシシの唾液や糞尿と接触することによって感染する疾病です。

    人間に感染することはありません。

  • 豚(ミニブタを含む)及びイノシシを飼養している方へ

  • 豚コレラは唾液や糞尿との接触で感染する疾病です。

    飼っている豚やイノシシを他の豚やイノシシと直接接触させないだけでなく、飼養場所にカラスなどの野生動物を近づけないことも重要です。

    豚やイノシシの飼養施設に入る前や、飼養施設や野生動物の生息地に立ち入った後には、人や道具の消毒を十分に行って下さい。

  • 皆さまへ 

  • 現時点では兵庫県での発生はありませんが、隣接する大阪府で発生が確認されています。

    豚コレラは感染力が強く、思わぬところで病気の運び手となってしまう事例もあります。

    豚やイノシシの飼養施設または野生動物の生息地へむやみに立入ることのないようお願いいたします。

     

    詳しくはこちら(農林水産省のホームページ)をご覧ください。

ページトップ