ここから本文です。

更新日:2019年9月24日

結核について

結核とは

結核とは、結核菌が人から人に感染することによって主に肺に炎症を起こす病気です。結核は、結核患者の結核菌を含む咳やくしゃみ等で飛び散り、それを別の人が吸い込むことによってうつります。

かつては「亡国病」と呼ばれ、日本人の死亡原因の第一位であった結核も、医療技術や生活水準の向上で治る病気となり、患者数は減りつづけてきました。

しかしながら、現在でも日本では毎年約1万5000人、明石市では約50人が結核を発病しており、国内最大の感染症です。

年に一度は健康診断を受けましょう(特に65歳以上の人)

結核に対して一層の関心を持っていただき、職場等で行われている健康診断を受けましょう。

特に、65歳以上の人は、法律によって年に一度の健康診断が定められています。

大切なのは結核に関心を持つこと!

結核を過去の病気、自分とは関係のない病気と思っている人が多く、受診の遅れや重症化など集団感染の原因を作っています。ひとりひとりが結核に関心を持つことが、もっとも大切な予防方法です。

※毎年9月24日から30日までの一週間は「結核予防週間」です。(外部サイトへリンク)

結核予防週間リーフレット「あの時○○していれば」(PDF:533KB)

兵庫県ホームページ(外部サイトへリンク)

結核は健診で発見できます

結核は健康診断等で発見でき、もし発病していても軽いうちならば人にうつすことはありませんし、外来治療でよくなります。

かぜに似た症状に注意!長引く咳は赤信号!

結核の初期症状は「せき、痰、発熱」などで、かぜによく似ています。これらの症状、とくに咳が2週間以上続いた時には、結核を疑い早めに医師の診察を受けましょう。

また、咳や痰などの症状がある時は、咳エチケットを心がけましょう。

赤ちゃんは早めにBCG接種を!

BCG接種は安全で、しかも効果の高い結核の予防接種です。生後5~8か月未満の時期に接種を受けましょう。

明石市の結核の現状

結核罹患率の年次推移

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局保健予防課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 あかし保健所

電話番号:078-918-5421

ファックス:078-918-5441