ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

ひきこもり専門相談

ひきこもりとは・・・

 おおむね6か月以上、様々な原因の結果として、社会的参加(例えば、学校に行く、仕事をする、友人と遊ぶこと)を回避し、家庭内にとどまり続け、家庭以外の親しい人間関係がない状態です。

 

ひきこもり専門相談窓口

   ひきこもりに関する相談に応じるとともに、様々な機関と連携しながら、ご本人にとってより良い生き方を一緒に考えていきます。

 一緒に考えることで今後の見通しを立てたり、話すことで気持ちが少し軽くなることがあります。一人で抱え込まないように、気軽にご相談ください。

 ご家族からの相談にも応じます。

対象

  明石市にお住まいのひきこもり状態にあるご本人とその家族

時間

  月~金曜日 (祝日、年末年始を除きます。)  午前8時55分から午後5時40分まで

相談者

 精神保健福祉士、保健師、臨床心理士など

 

面接相談

 予約制となっています。

 事前に下記のダイヤルにて、予約をお取りの上、お越しください。 

 ※  相談は1時間程度かかりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

 

電話相談

 ひきこもり専門相談ダイヤル  078-918-5659

 

メール相談

 ひきこもり専門ウェブ相談 

  【相談フォーム】

    ・パソコン用:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?id=1561019224112(外部サイトへリンク)

  ・携帯・スマートフォン用:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/sform.do?id=1561019224112(外部サイトへリンク)

   ※ 回答は1週間程度かかることがあります。

     緊急を要する場合や医療行為にあたる相談には応じることが出来ませんのでご了承ください。

    携帯電話からご利用の場合は、下記アドレスからのメールが受信できるよう設定してください。

    (yorisoi@city.akashi.lg.jp

 

 15歳未満の小・中学生のお子さんの相談は・・・

 ●いじめや不登校、非行問題などの相談

   明石市教育委員会児童生徒支援課(青少年育成センター内)

    教育相談  078-918-5410

    相談時間  月~金(祝日、年末年始除く) 9:00~19:00

    教育相談HPへ:教育相談・心のケア相談

 

講演会(セミナー)のご案内

 「ひきこもり問題を考える」をテーマに、計6回の講演会(セミナー)を開催いたします。ひきこもりのご家族だけではなく、地域の支援者、関心のある方達皆様と、ひきこもりについて理解を深めていきたいと考えていますので、是非ご参加ください。

 

 

開催日

テーマ

講師

第1回

令和元年

 9月4日(水)

「精神科医としてひきこもり支援にかかわって

 ~皆さんと一緒に考えましょう~」

  平本憲孝氏

(平本医院 院長)

第2回

 

10月16日(水)

 

「家族の想いが届く話し方

CRAFT(クラフト)の技法に基づいて」

光田豊茂氏

(関西学院大学 講師)

第3回 11月6日(水) 「不登校・ひきこもりの理解と支援」

船越明子氏

(神戸市看護大学 教授)

第4回 12月18日(水)

「DRM(だれも)活動とひきこもり支援の

取り組み~就労支援をとおして~」

前川裕司氏

(兵庫県ひきこもり相談支援センター

播磨ブランチ理事長)

第5回

令和2年

1月15日(水)

未定

津谷治英氏

(神戸新聞社)

 第6回 2月18日(火) 

 未定

阪田憲二郎氏

(神戸学院大学 

総合リハビリテーション学部長 )

 

【主催】 ひきこもり問題を考える会「陽だまりの会」  

【共催】 あかし保健所ひきこもり相談支援課

【後援】 明石市社会福祉協議会

  

お申込み等の詳細は、こちら(PDF:286KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局ひきこもり相談支援課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7あかし保健所

電話番号:078-918-5669

ファックス:078-918-5440