ここから本文です。

更新日:2019年6月25日

平成30年度明石市食品衛生監視指導計画の実施結果

 このたび、食品衛生法に基づく「平成30年度明石市食品衛生監視指導計画」の実施結果についてとりまとめましたので、お知らせします。

食品等事業者に対する監視指導

1 食品関係営業施設に対する立入検査実施状況

 食品の安全性確保に与える影響を考慮して、年間の立入検査回数と対象施設を定め、効果的かつ効率的に立入検査を行いました。
 平成30年度は、食品関係営業施設に対し、延べ1,775件の監視指導を実施し、食品の衛生的な取扱いなどの指導を行いました。
【表1 立入検査の実施結果(PDF:82KB)

2 市内製造・流通食品等の収去検査実施状況

 市内で製造又は流通する食品等について、食品等の規格基準や表示基準の遵守状況を確認するため、計画的に収去検査を行いました。
 平成30年度は、65検体について検査を行った結果、違反はありませんでした。
【表2 収去検査の実施状況(PDF:54KB)

3 食品衛生に関する苦情・相談受付状況

【表3 苦情・相談受付状況】

受付区分 件数 詳細 備考
内容 件数
有症苦情 85件 食中毒2件含む
その他苦情 38件 異物混入 13件  
カビ 1件  
異味異臭 2件  
衛生管理 7件  
表示 9件  
無許可疑い 4件  
その他 2件  
相談 291件 営業許可、臨時出店等に関する相談
合計 414件  

4 食中毒等健康危害発生時の対応状況

平成30年度に市内で発生した食中毒は2件でした。
原因施設に対する営業停止の措置を行うとともに、健康被害拡大防止や再発防止について指導を行いました。
また、発生した食中毒の概要をホームページ等で公表し、注意喚起を行いました。

【表4 食中毒発生状況】

発生年月日 原因施設 原因食品 摂食者数 患者数 病因物質 措置
平成30年6月10日 仕出・弁当屋 当該仕出屋が
提供した弁当
487名 196名 ノロウイルス 営業停止
3日間
平成30年10月22日 家庭 フグ(ショウサイフグ、
シマフグ)
【推定】
4名 2名 テトロドトキシン
【推定】
合計 491名 198名  

食品等事業者に対する自主的な衛生管理の推進

 食品等事業者に対し、自主的な衛生管理を推進するための講習会を開催しました。
 営業施設ごとに設置義務のある「食品衛生責任者」を養成するための講習会、及び「食品衛生責任者」に新しい情報を提供するための食品衛生責任者実務講習会を開催しました。
 また、食品衛生指導員の資質向上を図るための研修会を開催しました。

【表5 講習会実施結果】

  実施回数 受講者数
食品等事業者向け講習会 5回 218名
食品衛生責任者養成講習会 6回 524名
食品衛生責任者実務講習会 4回 199名
食品衛生指導員研修会 1回 24名
合計 16回 965名

情報提供及び意見交換(リスクコミュニケーション)

1 講習会等による情報提供

 集団給食施設、こども食堂等の関係者及び消費者等からの求めに応じ、食品衛生に関する講習会へ講師を派遣しました。

  • 実施回数:11回
  • 受講者数:566名

 また、明石市食品衛生協会の協力を得て、食中毒予防等の街頭キャンペーンを実施しました。

  • 実施回数:2回
  • 対象者数:850名

2 意見交換会(リスクコミュニケーション)

 食品等事業者、消費者及び行政が相互理解を深め、食品衛生に関する正しい知識の普及や情報の共有を図ることを目的として、明石市食品衛生協会の協力を得て、平成30年9月14日に意見交換会を開催しました。

3 意見募集

 平成31年度の監視指導計画策定にあたり、平成31年2月18日から平成31年3月19日までパブリックコメントを実施し、市民の皆様のご意見を募集しました。募集の結果、市民の皆様から寄せられたご意見はありませんでした。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市感染対策局生活衛生課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 あかし保健所

電話番号:078-918-5426

ファックス:078-918-5441