ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 明石市における更生支援の取り組み > 「2019年あかし更生支援フェア」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

「2019年あかし更生支援フェア」を開催しました

「2019年あかし更生支援フェア」の開催

 罪に問われた人の中には、高齢・障害・貧困等の「生活のしづらさ」を抱えているにも関わらず、必要な支援が行き届かなくて地域で孤立してしまい、再び罪を犯してしまう負の連鎖に陥っている人もいます。市では関係機関等と協力しながら、このような人たちが安定した生活を営むことができるよう支援して再犯を防ぎ、すべての市民が安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。

 また、本年4月には、更生支援の理念等を定めた「明石市更生支援及び再犯防止等に関する条例」が施行されました。

 市では、このような更生支援の取り組みを、より多くの人に知って頂くための機会として、令和元年7月27日(土曜日)に、あかし市民広場(明石駅前南地区再開発ビル2階)を会場として「あかし更生支援フェア」を開催しました。 

 

「2019年あかし更生支援フェア」イベント会場の様子

更生支援フォーラム

村木厚子さんの講演を始め、法務省保護局や明石市における更生支援の取り組みについての発表があり、市内から来場された約250名の方が熱心に耳を傾けていました。

写真01

 

フォーラム配布資料

 

フォーラムの様子

写真02

写真03

写真04

写真05

写真06

写真07

写真08

写真09

写真10

写真11

  

えきまえ矯正展・出展ブース

 刑務所作業製品展示即売ブースと性格検査体験ブースを設けた「えきまえ矯正展」、更生支援に関わる様々な機関や団体による啓発・展示ブース、市内の福祉事業所や明石地区更生保護女性会の販売ブースが設置され、多くの方にご来場いただきました。

写真12

 

えきまえ矯正展

神戸刑務所・加古川刑務所・姫路少年刑務所による「刑務所作業製品展示即売ブース」、神戸少年鑑別所による「性格検査体験ブース」

写真13

写真14

写真15

写真16

写真17

写真18

  

出展ブース

  法務省(本省)、大阪矯正管区(コレワーク)、神戸地方検察庁明石支部、神戸保護観察所、播磨社会復帰促進センター、神戸少年鑑別所、加古川学園・播磨学園、兵庫BBS連盟、神戸の冬を支える会、チェンジングライフ、神戸ダルクヴィレッジ、社会を明るくする運動明石地区推進委員会による「啓発・展示ブース」、市内の福祉事業所(ふれあい作業所、ラ・メール)や明石地区更生保護女性会による「販売ブース」

写真19

写真20

写真21

写真22

写真23

写真24

写真25

写真26

写真27

写真28

写真29

写真30

写真31

写真32

写真33

写真34

 

関連イベントの開催

  関連イベントとして、「2019年あかし更生支援フェア」会場と同じ明石駅前南地区再開発ビル内にある「あかし市民図書館」と「ジュンク堂書店明石店」にご協力いただき、令和元年7月20日(土曜日)から令和元年7月27日(土曜日)まで、啓発・展示コーナーや更生支援に関連する書籍の特設コーナーを設置いただきました。 

あかし市民図書館 『図書館で学ぼう「こうせいしえん」』

写真35

写真36

写真37

写真38

 

ジュンク堂書店明石店 『関連書籍特設コーナー』

写真39

写真40

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局地域共生社会室共生社会づくり担当(更生支援)

明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5286

ファックス:078-918-5196