ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

平成29年度介護職員処遇改善加算実績報告の提出

   介護職員処遇改善加算を算定している事業者は、最終の加算の支払いがあった翌々月の末日までに実績報告書を提出してください。実績報告書の提出については、最終の加算の支払いがあった翌々月の末日まで(加算を算定する最後のサービス提供月が3月の場合、7月末日まで)となります。

 年度の途中で事業所を廃止された場合や介護職員処遇改善加算の算定を終了された場合は、最終の加算の支払いがあった翌々月の末日までに、実績報告書をご提出ください。

 なお、本加算の算定要件は、賃金改善額>加算収入額であるため、返還金が生じることは想定されていません。仮に賃金改善額<加算収入額となる場合は、一時金や賞与として支給し、賃金改善額>加算収入額となるようにしてください。

実績報告書

 実績報告書一式と、賃金総額の算定根拠となる資料を提出してください。

1.提出書類

(1) 介護職員処遇改善実績報告書(ワード:170KB) 別紙様式3(様式一式)

 (2) 介護職員に支給した賃金総額の積算根拠となる資料

 ※ 明石市外に所在の地域密着型サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業の事業所については、「別紙様
  式3 介護職員処遇改善実績報告書」以外の添付書類は、事業所所在地の指定権者に提出したものの写しを提
  出してください。また、「別紙様式3(添付書類1) 事業所一覧表」には、明石市から指定を受けている事業所の事
  業所番号等に〇印を付すなど、どの事業所の報告書であるか明示をしてください。

2.提出期限

 平成30年7月31日(火曜日)

変更届

 申請時の内容(法人情報、事業所情報、就業規則、キャリアパス要件)に変更があった事業者は、変更後10日以内に届出を行ってください。

 特別な事情に係る届出書

 事業の継続を図るために、介護職員の賃金水準(加算による賃金改善分を除く。)を引き下げた上で賃金改善を行う場合には、別紙様式6の特別な事情に係る届出書(以下、「特別事情届出書」という。)により、届け出てください。

 なお、年度を超えて介護職員の賃金水準を引き下げることとなった場合は、次年度の加算を取得するために必要な届出を行う際に、特別事情届出書を再度提出する必要があります。

 また、介護職員の賃金水準を引き下げた後に状況が改善した場合には、可能な限り速やかに介護職員の賃金水準を引下げ前の水準に戻してください。

 特別な事情に係る届出書様式(ワード:32KB) 別紙様式6

お知らせ

 


 

お問い合わせ

明石市福祉局高齢者総合支援室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5091

ファックス:078-919-4060