ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 明石市における更生支援の取り組み

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

明石市における更生支援の取り組み

明石市における「更生支援」とは

罪に問われた人、また、罪を償った人も、明石市に帰ってくれば明石市民の一員です。

本市では、このような人のうち、支援が必要な人は行政サービスへつなぎ、健康な人は就職へつなぐなどして再犯を防止するなど地域の犯罪を減らすことで、『安全・安心のまちづくり』につなげていくことを目指しています。このように、罪を犯してしまった人が、二度と犯罪を繰り返さないよう、周囲の人たちが立ち直りを支える活動を『更生支援』といいます。

本市の更生支援では、地域での安定した日常生活を取り戻すために必要な福祉的サービスにつなぐ「福祉的支援」、日中活動の場を確保するために関係機関との連携により仕事などに就くことを促す「就労支援」、地域における本人と周囲との関係を築いていくために行政と地域関係者の皆様とが手を携えて見守り等を行う「地域的支援」、の「3つの支援」を基本に置いて取り組んでまいります。

最近、万引きや無銭飲食、住居侵入などの犯罪を繰り返す人の中には、知的障害や認知症傾向のある方も一定数含まれていることが分かってきました。本市ではこのような問題を喫緊の課題とし、障害や高齢により支援を要する人に対する更生支援の取り組みを、平成28年度から試行的に始めています。

※ 罪を犯して刑事裁判手続中の人に対する支援を「入口支援」、刑務所等から釈放・出所する人に対する支援を「出口支援」と呼ぶことがあります。

明石市における更生支援の取り組み内容

これまでに実施してきた、更生支援の具体的な取り組みの内容をご紹介します。

お問い合わせ

明石市福祉局福祉総務課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5286

ファックス:078-918-5049

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?