ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 明石市における更生支援の取り組み

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

明石市における更生支援の取り組み

触法障害者の存在

 近年、軽度の知的障害者や高齢認知症者のうち、地域で自立した生活ができずに軽微な犯罪を繰り返している人(このような人たちは、「触法障害者等」と呼ばれています)も少なくなく、社会問題としてクローズアップされています。

 このような状況は、触法障害者等が地域での孤立や生活苦の事情を抱えていることや、福祉サービスのセーフティネットから漏れていたこと等が原因の一つであると指摘されています。

再犯防止の重要性

 また、近年、再犯者による犯罪が多くを占めていることが判明するなど、社会の安全のためには、それぞれの犯罪者等が抱える特性を考慮した対策が必要であること、また、出所後の居場所と就労等の出番の確保が特に重要であることが指摘されています。

更生支援の取組

 こうした状況を踏まえつつ、本市では、触法障害者等が、地域で自立した生活ができるよう、そして二度と罪を犯さないよう、地域の関係機関等と連携して行う支援等の取組について検討を始め、平成28年からその取組を開始しています。

 本市における更生支援の具体的な取組の内容について以下にご紹介します。

明石市の更生支援の取組み~安全のまち、共生のまちのために~(PDF:1,541KB)

 明石市更生支援ネット―ワーク会議

明石市更生支援コーディネート事業

     明石市更生支援コーディネート事業 (※現在は、明石市社会福祉協議会に委託しています。)

 あかし更生支援フェア

明石市更生支援及び再犯防止等に関する条例

条例検討の経過について

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局地域共生社会室更生支援担当

明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5286

ファックス:078-918-5133