ホーム > 安全・安心 > 防災 > 危機管理 > 新型インフルエンザ出現の危機 > 新型インフルエンザ対策訓練の実施

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

新型インフルエンザ対策訓練の実施

新型インフルエンザの感染拡大を想定した重症者の救急搬送や入院対応など、総合的な対策訓練について、各関係機関と連携し実施しています。

 平成20年度 新型インフルエンザ対策搬送訓練

日時

平成20年10月23日(木曜日) 13時00分~15時00分

場所

市立市民病院

目的

市内で新型インフルエンザ擬似症患者が発生したことを想定し、明石市立市民病院収容後の診察及び簡易検査の結果から、新型インフルエンザ擬似症患者の可能性が強まり、当地域の感染症指定医療機関の加古川市立市民病院への転院搬送する搬送訓練を実施し、関係機関の対応能力の向上を図る。

訓練参加機関

  • 明石市(政策部広報課、総務部防災安全課、明石市立市民病院、消防本部及び保険・健康部地域医療課)
  • 兵庫県(明石健康福祉事務所)

訓練内容

(1)救急隊による患者家族への聞き取り状況


(2)救急隊による患者搬送状況


(3)救急車への収容状況


(4)専用外来医療機関である明石市立市民病院での診察及び検査状況


(5)感染症指定医療機関である加古川市立市民病院へアイソレータを使用した転院搬送の状況

 平成20年度 新型インフルエンザ対策本部図上訓練

日時

平成20年11月6日(木曜日) 14時00分~16時00分

場所

市役所本庁舎

目的

市内で新型インフルエンザの疑似症患者が発生したとの想定で、意思決定や状況予測に関する訓練を実施するもの。
発生直後の状況を付与し、各部の人的・物的資源の運用方法や発生時の情報収集、優先事項の選定等について検討し、初動の対応能力の向上を図る。

参加者

対策本部長以下約60人

 

 平成22年度 新型インフルエンザ対応訓練

日時

平成22年10月4日(月曜日) 14時00分~15時30分

場所

市立市民病院

目的

市内で病原性の高い新型インフルエンザの感染が拡大している状況を想定し、感染患者の受け入れ体制強化のために設置するドライブスルー型発熱外来の対応から、重症者の救急搬送及び市民病院における入院対応までの一連の訓練を実施し対応能力の向上を図る。

訓練参加機関

  • 明石市(総務部防災安全課、消防本部、保険・健康部地域医療課、都市整備部建築室、市民病院総務課)
  • 兵庫県(明石健康福祉事務所)
  • 社団法人明石市医師会

訓練内容

新型インフルエンザ患者の外来診療における受入体制の強化が必要となったため、市内某所にドライブスルー型発熱外来を設置した状況を想定。
ドライブスルー型発熱外来の運用及び、ドライブスルー型発熱外来で入院が必要な重症患者が発生した際の、救急搬送から明石市立市民病院における入院対応までの一連の対応訓練を実施。


患者を車に乗せたまま診察を実施


重症者は陰圧テント内で診察


救急隊が重症者を市民病院へ搬送


市民病院感染症外来での処置


空気感染隔離ユニットを通って陰圧化された入院病棟へ移動

 平成23年度 新型インフルエンザ対応訓練

日時

平成23年10月14日(金曜日) 14時00分~15時30分

場所

市立市民病院

目的

市内で病原性の高い新型インフルエンザの感染が拡大している状況を想定し、新型インフルエンザ症状のある重症者からの119番通報があった際の各関係機関の連絡調整対応及び明石市立市民病院における救急受入から入院対応までの一連の訓練を実施し対応能力の向上を図る。

訓練参加機関

  • 明石市(総務部防災安全課、消防本部、保険・健康部地域医療課、都市整備部建築室)
  • 地方独立行政法人明石市立市民病院
  • 兵庫県(明石健康福祉事務所、兵庫県立加古川医療センター)

訓練内容

市内において病原性の高い新型インフルエンザ患者が大幅に増加したため、入院治療は重症者を対象とし、それ以外の患者に対しては自宅での治療を要請している時期に、自宅療養中に呼吸困難に陥った市民より119番通報が入った状況を想定。
明石保健福祉事務所による患者の搬送先の調整・連絡、救急隊による搬送及び明石市立市民病院による患者の処置・入院対応訓練を実施。

患者宅へ到着した救急隊が応急処置を行い、搬送先の指示を待つ


市民病院への搬送指示を受け、患者を搬送


市民病院感染症外来での処置


空気感染隔離ユニットを通って陰圧化された入院病棟へ移動

 平成24年度 新型インフルエンザ対応訓練

日時

平成24年10月17日(水曜日) 14時00分~16時00分

場所

市立市民病院

目的

市内で、病原性の高い新型インフルエンザ患者が発生したことを想定し、発生段階(地域発生初期、地域感染期)に応じた対応訓練を実施するとともに、その実施結果を検証し、医療体制の整備に係る関係機関の連携及び対応能力の向上を図る。

訓練参加機関

  • 明石市(総合安全対策局、消防本部、市民・健康部地域医療課、都市整備部建築室)
  • 地方独立行政法人明石市立市民病院
  • 兵庫県(明石・加古川健康福祉事務所、兵庫県立加古川医療センター)
  • 一般社団法人明石市医師会

訓練1/連絡対応・救急搬送訓練及び入院対応訓練

県内において病原性の高い新型インフルエンザの発生が確認された時期に、新型インフルエンザの感染が疑われる市民より119番通報が入った状況を想定。
明石保健福祉事務所による患者の搬送先の調整・連絡、救急隊による搬送及び明石市立市民病院による患者の処置・入院対応訓練を実施。


救急隊が患者を市民病院感染症外来に搬送


市民病院感染症外来での処置


空気感染隔離ユニットを通って陰圧化された入院病棟へ移動

訓練2/ドライブスルー型臨時診察室対応訓練

明石市域において病原性の高い新型インフルエンザの感染が拡大し、一般の医療機関だけでは対応できなくなった状況を想定。
明石市立市民病院の職員駐車場に設置したドライブスルー型臨時診察室での対応訓練を実施。


受付→問診→診察と患者車両を誘導


患者を車に乗せたまま診察を実施


インフルエンザ簡易検査の結果を判定

薬の処方後、会計を行い患者は帰宅

お問合せ

        保健予防課 電話/078-918-5421(直通) FAX/078-918-5441

総合安全対策室 電話/078-918-5069(直通) FAX/078-918-5140

お問い合わせ

明石市総務局総合安全対策室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5069

ファックス:078-918-5140