ホーム > 暮らし・コミュニティ > 税金 > Q&A > 市税Q&A/軽自動車税Q&A

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

市税Q&A/軽自動車税Q&A

 Q1 軽自動車を6月に廃車したにもかかわらず、納税通知書が送られてきたのはなぜでしょうか。

A1 軽自動車税は、毎年4月1日(賦課期日)現在、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を所有している人に課税されます。

そのため、4月1日までに廃車の届出があったものについては課税されませんが、4月2日以降に廃車されたものについては、その年の税金を納めていただくことになります。

▲トップに戻る

 Q2 もう乗らなくなった原動機付自転車を廃車したいのですが、どうすればいいのですか。

A2 所有者の方の「印かん」と「ナンバープレート」を市役所に持参のうえ、廃車の手続きをしてください。

▲トップに戻る

 Q3 原動機付自転車を盗まれたときの手続はどうしたらいいのですか。

A3 警察に盗難届を提出し、盗難届受理番号と所有者の方の「印かん」を市役所にご持参のうえ、廃車の手続きをしてください。

そのままにしておかれますと、その原動機付自転車についてはいつまでも課税されることになります。

▲トップに戻る

関連ページ

 

お問い合わせ

明石市総務局市民税課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5014・5013

ファックス:078-918-5104