ホーム > 市政情報 > 採用情報 > 先輩が語る仕事の話/幹部職員

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

先輩が語る仕事の話/幹部職員

明石市では、女性の活躍推進に力をいれており、平成29年4月現在、3名の女性幹部職員が活躍しています。

ここでは、その3名の幹部職員にお話を聞いています。

wake6

01

和気 小百合局長

平成元年入庁

市議会事務局

行政の仕事の中でも市役所は人の暮らしに一番近く、人に寄り添った仕事ができます。お叱りを受けた市民の方から、異動した後に励ましの手紙をいただいたことが忘れられません。

  

 

02
佐野 洋子部長

昭和63年入庁

こども未来部子育て支援担当(現:福祉局こども総合支援)

個人の力をしっかり発揮することで、合せれば何倍の力にもなる。しかし、問題が起きた時は、個人ではなく組織で対応することが最も重要。

 

 

佐野部長

 
 

豊島部長

 03
豊島 まゆみ部長

昭和53年入庁

市民・健康部(現:市民生活局市民生活室)

様々な職場を経験することができ、たくさんの出会いがあったからこそ、今の自分があると感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

お問い合わせ

明石市総務局職員室職員担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5006