ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

先輩が語る仕事の話 【事務職】

下水道部 下水道総務課(現:都市局下水道室下水道総務課) 棟田 道子

平成14年、大学卒業後に入庁。福祉部生活福祉課で生活保護のケースワーカーとして4年間勤務。平成18年4月の異動により現在の下水道総務課へ配属されました。

趣味は旅行で、夏季休暇を利用して海外のリゾートに行くのが毎年の楽しみです。

また、入庁後に習い始めた生け花は、今も楽しく続けています。家に緑があると心が癒されるのでおすすめです。

Q:これまで経験してきた仕事について教えてください。

A: 最初の配属先は、福祉部生活福祉課で、生活保護のケースワーカーとして、生活に困っている人の自立に向けて相談・支援を行いました。仕事は大変でしたが、比較的若い職員が多い職場なので、みんなで協力しながら仕事に取り組むことができましたし、職場以外でも食事やキャンプに出かけたりと、同じ時間を共有することで強い絆を築くことができました。

次に配属されたのは現在の下水道総務課です。業務係で5年間、下水道使用料と下水道事業受益者負担金を賦課し、徴収するという仕事を担当しました。平成23年度より、同じ課内の総務係に異動し、部の予算執行、庶務の仕事をしています。気さくな職員の方々に囲まれ、緊張感を持ちながらも和気あいあいとした雰囲気の中で仕事をしています。

muneta2

Q:仕事のやりがい、うれしかったこと、苦労したことなどを教えてください。

A:市役所には数多くの仕事があるため、一つの分野に留まらず異動により多種多様の仕事をすることができます。異動をすると、それまでとは全く違った仕事をすることになり最初は戸惑いもありますが、日々新しい発見があり、一つずつ知識を身に付け、仕事ができるようになっていくことにおもしろさを感じます。

職場や立場によって仕事の内容は様々ですが、どれも「市民の生活に関わる大切な仕事」であり、なくてはならないやりがいのある仕事だと思っています。市民の方から感謝の言葉をいただいた時は自分の仕事が明石を良くしていくことに繋がっていることを実感でき、とても嬉しく思います。

muneta3

Q:これから入庁してくる人へのメッセージをお願いします。

A:入庁前も様々な分野の仕事があると思っていましたが、事務職がする仕事の幅が予想以上に広いことには驚きました。多様な業務ができることは大きな魅力といえます。いろんなことに好奇心のある方には、明石市役所がおすすめです!直接市政に反映できるやりがいのある仕事です。熱意のある方、明るく前向きで向上心をもっておられる方、一緒に明日の明石をつくっていきませんか。みなさんと働ける日を楽しみにしています。

muneta4

お問い合わせ

明石市総務局職員室職員担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5006