ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

先輩が語る仕事の話 【事務職】

コミュニティ推進部 市民協働推進室(現:市民生活局市民協働推進室コミュニティ・生涯学習課)  小林 久美子さん

平成21年入庁。最初の配属は保険・健康部介護保険課(現在、福祉部高年介護室)。3年間の業務を経て、平成24年度よりコミュニティ推進部市民協働推進室へ配属。

学生時代から海外旅行が大好き!! 社会人になってからも、休日をうまく利用して海外旅行に行っています。

座右の銘は「浅き川も、深く渡れ。」  何事にも貪欲に、チャレンジすることを心がけています。

Q:これまで経験してきた仕事について教えてください。

A:最初に配属された介護保険課では、介護サービスの給付に関する事務や窓口事務を行っていました。

窓口は一瞬一瞬が真剣勝負。市民の方には必要な情報を分かりやすく提供すること、介護サービス事業者には事務処理の指導を的確に行うことを心がけました。

専門的な知識を身につけることは大変でしたが、先輩方に助けていただきながら楽しく働くことができました。

現在所属している市民協働推進室では、地域主体のまちづくりを進めています。地域に出向き、地域の環境や組織の成り立ちが違うことを十分把握しながら、各校区にあったまちづくりのお手伝いをしています。地域に入って行くことで、明石をより身近に感じています。

kobayashi001

Q:仕事のやりがい、うれしかったこと、苦労したことなどを教えてください。

A:入庁して3年経ちますが、とにかく飽きません。異動することで新しい分野の仕事に関わることができますし、接する人も変わってきます。

また、多種多様の仕事を経験することで、自分自身の得手不得手を知ることもできます。仕事に慣れるまでは大変ですが、仕事をこなせるようになった時、頼りにされた時の喜びは格別です。

私はまだまだ未熟者ですが、3年間で心から「財産」と言えるものを手にしました。それは、たくさんの「失敗」といくつかの「成功」。そして何よりも、それらを共に体験し、これからも私を支えてくださる先輩方や同期です。

大きなことから小さなことまで、日々迷ったり、悩んだり…そんな時に一番のヒントをくださるのは、頼れる上司や尊敬できる先輩方、同じ悩みを乗り越えてきた同期です。職場環境に恵まれて、楽しく働けることが本当に幸せです。

kobayashi002 

Q:これから入庁してくる人へのメッセージをお願いします。

A:明石市役所を簡単に説明することはできません。幅広い分野の仕事があり、個性溢れる豊富な人材が集まっているからです。だからこそ、画一的なイメージにとらわれず、あらゆる期待を持って入庁されることをお勧めします!

スタートラインはみんな同じです。だからこそ、5年先、10年先の「なりたい自分像」をしっかり掲げ、目の前の仕事に一生懸命になれる方なら、充実した市役所生活が送れると思います。

明石をより良くしたいと思っている方!自分自身を向上させたいと考えている方!そんな方々と一緒に働ける日を楽しみにしています!

kobayashi003

あらゆる期待を持ってスタートラインに!!

お問い合わせ

明石市総務局職員室職員担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5006