ホーム > 市政情報 > 統計情報(人口と統計) > 令和4年就業構造基本調査を実施します!

ここから本文です。

更新日:2022年7月1日

令和4年就業構造基本調査を実施します!

 R4就業構造基本調査広報

市内で約765世帯が調査対象となります

 令和2年国勢調査の調査区のうち、総務大臣が指定する調査区から無作為に選定した約765の抽出単位(世帯が居住することができる建物等)に居住する15歳以上の世帯員を対象とします。

令和4年9月から調査員がお伺いします

 9月上旬から準備調査として調査区内を調査員が巡回します。9月下旬には準備調査で作成した資料を基に無作為に抽出された世帯に対し、調査票の配布と回答依頼を行います。

 新型コロナウイルス感染防止のため、調査員は感染対策をとった上で調査を行うようにしています。

スマホ・PCで回答できます(※おすすめ)

 インターネット回答は、他人に見られる心配がなく、スマホ・PCで簡単にいつでも回答することができます。インターネット回答サイトから調査封筒の中にある「調査対象者ID」と「パスワード」を入力して、ご回答ください。詳しい回答方法につきましては、調査封筒の中にある『インターネット回答のための操作ガイド』をご覧ください。

 ※インターネット回答サイト(政府統計オンライン調査総合窓口)はこちら(外部サイトへリンク)

 郵送回答をご希望される方は同封の郵送提出用封筒をご利用ください。

 インターネット又は郵送で回答を行っていない世帯員がいる場合、調査員が直接回収にお伺いします。

 

調査で知り得た情報は統計以外に絶対に使用しません

 調査の内容は、統計法に基づいて統計作成の目的以外(税の資料など)に使用することは絶対にありません。安心して調査へのご回答をよろしくお願いいたします。

かたり調査にご注意ください

 身分詐称し、統計調査をかたった情報収集にご注意ください。

 知事より任命を受けた統計調査員は、身分を証明する「調査員証」(顔写真の貼付あり)を携帯しています。調査員証の提示がない場合や不審な点を感じられた場合は、明石市情報管理課統計係までご連絡ください。

 ご不安な方はインターネット回答または郵送回答をご利用ください。

 

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査は、ふだん仕事をしているかどうか、就業に関する希望や就業異動、育児・介護の有無などについて調査し、正規・非正規雇用者の就業状況の違い、高齢層・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにすることを目的として実施するものです。

 この調査は、昭和31年に開始されて以来、昭和57年までおおむね3年ごと、昭和57年以降は5年ごとに行われており、今回の調査は18回目になります。

調査は10月1日現在で次の内容について実施します

 ・すべてのひと

 男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の状況など

 ・ふだん仕事をしている人

 雇用契約期間、仕事内容、1週間当たりの就業時間、テレワーク実施状況など

 ・ふだん仕事をしていない人

 就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

調査結果は公表されます

 調査の結果は、令和5年7月末日までに総務省統計局HPにて公表される予定。

 

詳しい調査については以下のサイトへ

令和4年就業構造基本調査(総務省統計局)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

明石市総務局情報管理課統計係
電話番号:078-918-5073
ファックス:078-918-5124