ホーム > 市政情報 > 統計情報(人口と統計) > 平成30年住宅・土地統計調査にご協力を

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

平成30年住宅・土地統計調査にご協力を

総務省統計局では、10月1日現在で住宅・土地統計調査を実施します。
この調査は、統計法に基づく基幹統計調査として、平成23年から5年ごとに行われている住生活に関する最も基本的な調査で、全国約370万世帯の方々を対象とした大規模な調査です。
調査対象となる世帯には、統計調査員が調査書類を配布いたしますので、ご回答をお願いします。

調査の目的

この調査では、住宅数や国民の居住状況のみならず、

  • 高齢化社会を支える居住環境
  • 耐震性・防火性といった住宅性能水準の達成度
  • 土地の利用状況

を明らかにすることをねらいとしています。また、「住生活基本計画」において初めて空き家に関する成果指標が設定されたことから、空き家の実態を把握することとしています。

調査の対象

明石市では、平成27年国勢調査調査区のうち、375調査単位区の中から約6400の住戸・世帯を抽出して調査を行います。

調査の方法

県知事が任命した統計調査員が、調査対象となる世帯に調査書類を配布します。
回答方法は、インターネットでの回答と紙の調査票での回答を選択することができます。

調査員のスケジュール(参考)

  • 9月上旬:調査地域の確認や調査のお知らせの配布
  • 9月中旬:調査対象名簿の作成
  • 9月中旬:インターネット回答用の調査書類の配布
  • 9月下旬:インターネット回答のない世帯への紙の調査票等の配布
  • 10月上旬:調査票の回収

インターネットでの回答をおすすめしています!

パソコンやスマートフォン・タブレット端末を使って便利で簡単に回答することができます。
9月中旬にお配りする「インターネット回答の利用者情報」と「インターネット回答の操作ガイド」をご用意いただき、ご回答をお願いします。

インターネット回答のメリット

  • 期間中はいつでもご都合のよい時間に回答できます。
  • 画面の誘導に従うことでスムーズに回答できます。

あなたの回答は守られています

  • 不正なアクセスなどの監視を24時間行われていますので、回答データは厳重に守られます。

個人の情報は守られます

調査により集められた調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されます。統計調査員をはじめとする統計関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することはありません。
調査活動中、統計調査員は必ず顔写真付きの「調査員証」及び「立入検査証」を携行していますので、ご確認ください。

関連リンク

お問い合わせ

明石市総務局情報管理課統計係
電話番号:078-918-5073
ファックス:078-918-5124
明石市相生町2丁目5番15号北庁舎(旧保健センター)2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?