比べてみたらやっぱり明石でした

比較した都市:姫路市、加古川市、明石市、神戸市

子育て

医療費が中3まで無料で長~い安心

明石市の医療費無料化は中学3年生までで、所得制限もありません。シンプルで長い安心が明石市にはあります。

子ども医療費の自己負担額

(医療費合計は”こんなに充実明石の子育て”ページのCASE1と同条件で月2回通院した場合の中学校卒業までの総額を明石市試算、所得制限の基準は市によって異なります)

2人目から保育料無料で子どもが多くても大丈夫!

子どもが多い世帯にとって、2人目以降の保育所・幼稚園の保育料無料化は大幅な負担軽減となります。
たとえば子ども3人の家族では400万円以上、子ども5人だと800万円以上の負担軽減になる世帯もあります。

子どもが3人いる世帯での保育料(合計)
1 明石市 約301万円
2 姫路市 約724万円
3 加古川市 約764万円
4 神戸市 約790万円

”こんなに充実明石の子育て”ページのCASE1と同条件で明石市試算)

住まい

通勤時間と家賃のバランスがGOOD!

新快速の停車駅が2駅あり、神戸と姫路の間にある明石市はどこへ行くにも便利!一方、家賃相場は近隣市の中でも比較的安く、電車での通勤や通学時間と家賃額とのバランスが良い恵まれた立地です。

三宮までの所要時間と家賃相場(中央区を除く)

自然

身近に公園がたくさん

面積当たりの都市公園の数も、明石市は県内トップクラスです。子どもたちが夕暮れまで遊ぶ公園は、自宅の近くにある方が嬉しいですよね。

都市の公園の数
1 明石市 約8.1か所
2 神戸市 約2.9か所
3 加古川市 約2.5か所
4 姫路市 約1.6か所

(1平方キロメートルあたり、生活ガイド.comよりH26末)

ウミガメも来る、なが~~い砂浜!

明石といえば、明石海峡を望む綺麗な砂浜。市全体の海岸線の半分にあたる約8キロメートルが砂浜で、大阪~兵庫の本州瀬戸内側の市では最長です。(Googleマップより明石市調べ) もちろん海も綺麗で、ウミガメが何度も産卵にやってきています。

安心・安全

大きな災害が少ない!

瀬戸内の穏やかな気候が広がる兵庫県南部地方。中でも明石市は、気象警報の発令回数が少なく、大きな災害が少ないのも魅力です。
「近くの市で警報が発令されていても、明石だけ出ていない」ということもあります。

気象警報発令回数
1 明石市 46回
2 加古川市 50回
3 神戸市 53回
4 姫路市 78回

(気象庁防災情報XML、H25.1月~H28.9月合計)

病院施設も充実!

コンパクトなまちに充実した施設がある明石市は、面積当たりの病院数が県内第2位。みんなの安心が身近に多くそろっています。

一般病院の数
1 明石市 約3.8か所
2 神戸市 約1.8か所
3 加古川市 約0.9か所
4 姫路市 約0.6か所

(10平方キロメートル当たり、H26医療施設調査(兵庫県)より)

他にも明石って、こんなイイとこ

関西一日当たり良好

関西一!日が当たる都市、明石

穏やかで過ごしやすい気候が特徴の明石市は、日照時間の長さと降水量の少なさが関西一です。
(H24~27平均、気象庁)

関西一!日照時間 関西一!降水量の少なさ

子どもの学力が全国平均以上

学力も中学3年生で県・全国平均以上!

全国学力・学習状況調査の結果、明石の子どもの学力は、中学3年生において2年連続で県・全国平均を超えています

明石市の中学生の学力

本のまち

本のまち

明石駅前再開発ビル(パピオスあかし)に、市民図書館と大型書店(ジュンク堂)がオープンしました。

あかし市民図書館

市の貯金UP

市の貯金も増えています

「子育て支援は充実しているけど、市の財政状況は大丈夫!?」と思う人もいるかもしれません。将来世代の負担とならないように経費削減などにも力を入れており、近年は市の貯金である基金も増加しています

明石市の基金残高の推移