ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 新着情報・お知らせ > 外来診療での医療費が高額な方へ

ここから本文です。

更新日:2019年3月18日

外来診療での医療費が高額な方へ

限度額適用認定証等が、外来でも使えるようになります。

平成24年 4月1日より、外来診療を受けたときの窓口での支払いが高額になった場合は、「限度額適用認 定証」等を提示することで、同一医療機関等での同一月の窓口負担が、自己負担限度額までのお支払いで済むようになります。

区分

事前の手続き

医療機関等で提示するもの

70歳未満の人

保険証をお持ちのうえ、国民健康保険課または各市民センターで申請してください。

「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」

70歳以上75歳未満の人
(高齢受給者証をお持ちの人)

住民税
非課税世帯

住民税
課税世帯

手続きの必要はありません。

「高齢受給者証」

なお、すでに認定証等をお持ちの人は、申請の手続きは必要ありません。現在お持ちの認定証等をそのままお使いください。

【注意事項】国民健康保険料に滞納がある場合は、この制度の利用はできません。

手続きの詳しい内容は、以下をご覧ください。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

国民健康保険課 賦課係(電話/078-918-5021)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民生活局国民健康保険課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5022・5023・5021

ファックス:078-918-5105