ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 特定健康診査/国保の人間ドック/データヘルス計画 > 第1期明石市国民健康保険特定健康診査等実施計画(平成20~24年度)

ここから本文です。

更新日:2021年3月29日

第1期明石市国民健康保険特定健康診査等実施計画(平成20~24年度)

明石市国民健康保険特定健康診査等実施計画

平成20年度から「高齢者の医療の確保に関する法律」により特定健康診査・特定保健指導が医療保険者に義務付けられました。そこで、明石市では、国民健康保険加入者に対し、生活習慣病予防のため、メタボリックシンドロームに着目した特定健康診査・特定保健指導を実施しています。

計画内容

全体版

詳細 

  • 序章
計画策定にあたって(PDF:133KB)
  • 第1章
明石市国民健康保険の現状(PDF:176KB)
  • 第2章
計画の目標値(PDF:46KB)
  • 第3章
特定健診・特定保健指導の実施(PDF:245KB)
  • 第4章
特定健診・特定保健指導の記録の取扱い(PDF:86KB)
  • 第5章
特定健康診査等実施計画の評価(PDF:44KB)
  • 資料
明石市の特徴等(PDF:71KB)

パブリックコメント

  • 意見提出期間 平成20年1月15日から2月4日まで
  • 意見提出件数 9件(2名)

~いただいた意見と市の考え方(9件の意見のうち本計画に関するものを要約)

意見

市の考え方

人間ドックの補助は続け、健診を受けている人を優遇する。

人間ドックの助成は年齢を拡大し継続します。健診を受診された人には、健診のデータを管理できる結果通知や、健康づくりのためのパンフレットなどを送付します。(計画に記載)

病気にならない体づくりをすることが大切

あかし健康プランの推進や健康相談・健康教室などを通じ、健康づくりへの取り組みを行います。特定保健指導の対象にならない人へのサポートについても計画に記載しています。

健診を誕生日月に受けているので、受診が、一定の時期に集中しないようにする方がよい。

健診を毎年同じ時期に受けることができるよう通年実施します。ただし、今後混雑が予想される時は実施方法等の計画の見直しを行います。

年度末に健診を受診しても、その後のフォロー体制に年度当初に受けた人と差がでないようにしてほしい。

特定保健指導は通年実施し、受診時期によって差が生じることがないように計画しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市感染対策局保健予防課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 あかし保健所

電話番号:078-918-5668

ファックス:078-918-5441