ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療(保健所含む) > 子どもの予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種の定期対象者への対応について

ここから本文です。

更新日:2021年1月13日

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種の定期対象者への対応について

  平成25年4月1日から、定期接種に加えられた子宮頸がん予防ワクチン接種につきましては、平成25年6月14日に開催された厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的勧奨を差し控えている状況ですが、令和2年10月9日に検討部会において、接種を受けるかを対象の方が自分で判断できるように、正しい情報の提供を行うよう勧告されました。

 つ きましては、今後、HPVワクチン接種を受ける場合には、厚生労働省発行のリーフレットなどで、HPVワクチンの安全性・有効性を確認していただいた上で、接種するようお願いします。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後の副反応について

 子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応について、被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するための診療体制が整備されたことから、厚生労働省より「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後の痛みの診療について」が公表されました。

 接種後の痛みやしびれ等の症状が持続している場合は、厚生労働省サイトをご確認ください。

お問い合わせ

明石市こども局こども健康センター

兵庫県明石市大明石町1丁目6-1

電話番号:078-918-5656