ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成30年9月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2022年2月16日

 平成30年9月意見の要旨と回答

  1. 公園遊具、屋外バスケットゴールについて
  2. 死亡時の手続きの一元化について
  3. 通年営業のアイスアリーナを作ってください
  4. 暮らしの情報・手続き内容についての提案
  5. 先月市長が法務省において再犯防止の全国会合で更生支援の重要性を訴えた事について
  6. 明石駅前喫煙コーナー
  7. 子育ての講座について
  8. 小中学校の夏休みについて
  9. 道路で遊ぶ子育て世帯
  10. 「江戸詰将棋・明石城寺子屋」開設の提案
  11. たこバスのダイヤについて
  12. 明石駅前路上ライブについて
  13. リサイクルおもちゃ事業について
  14. 公園遊具、野外バスケットゴール、バスケットコートについて
  15. 側溝の総点検や掃除の要望
  16. 保育園の利用について
  17. 隣の家の植木について
  18. 大久保の安藤家洋館について
  19. 明石市海岸線がゴミ箱状態
  20. 西新町2丁目公園の草刈りと犬の散歩をする人への注意を希望します
  21. 高丘1号緑地の剪定について
  22. 明石川左岸線緑地の除草、剪定について

 1公園遊具、屋外バスケットゴールについて

平成27年11月意見の要旨と回答にも屋外バスケットゴールについてありましたが、改めて、大蔵海岸や明石海浜公園にバスケットゴール設置を希望します。

過去にゴールが設置されていた公園はどこの公園でしょうか。騒音問題で撤去とありますが、他府県市町村の海に面した町にある神戸のみなとの森公園や沖縄アラハビーチ等の環境を参考にし、大蔵海岸公園や明石海浜公園の広さと場所等の環境を考慮すれば、ある程度まで騒音問題に対応して設置できると思います。

東京オリンピックで正式種目となっているバスケットボール、3×3と近年ではプロ化されたBリーグや企業協賛の
バスケイベントも多数開催されています。

明石市にできる範囲内からスポーツを軸とした公園再開発を希望します。

回答

明石市では、過去に「西脇ヒマラヤスギ公園」や「ゆりのき通東公園」に、開発事業者が整備したものを市で引き継いだ形でバスケットゴールがありましたが、いずれも住宅の密集する地域であり、周辺の住民からドリブル音などに関する苦情が相次いだことや、設備の老朽化が進んだことから、安全面も考慮して取り外した経緯があります。

ご意見のとおり、Bリーグや東京オリンピックで正式種目となる3×3など、バスケットボールに対する注目度が高まってきており、公園にバスケットゴールを設置する効果については認識しています。過去の経緯から、住宅密集地にある公園での設置は非常に難しいと判断していますが、明石海浜公園や石ヶ谷公園、明石北わんぱく広場など、住宅地からある程度離れており、周辺住民に騒音などの影響が少ない公園において、現在、バスケットゴール設置の検討をしているところです。このたびの貴重なご意見も参考に進めてまいりますので、よろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5037)

→目次へもどる

 2死亡時の手続きの一元化について

死亡時の手続きは各部署ごとにしなければならないが、最近、三田市では1か所の窓口(おくやみコーナー)ですべての手続きができるようになったと聞いた。
明石市も三田市のように1つの窓口で手続きができるよう改善してほしい。

回答

ご要望につきましては、死亡時の手続きに関係する各課に情報提供しました。

また、意見内容を全職員が閲覧できる庁内システムに登録することで周知を図り、今後の市政運営の参考とさせていただきます。

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 3通年営業のアイスアリーナを作ってください

大阪には、平成31年完成予定の関空アイスアリーナ、一般開放はしていない関大アイスアリーナを含め、4か所あります。岡山には2か所あります。

兵庫県には一年中スケートが出来る施設は、西宮に1か所あるのみです。

そのため、夏季(4月~10月)は西宮まで、冬季(11月~3月)はポートアイランドへ通っています。オリンピックに出場した選手も同様に西宮とポートアイランドを利用しています。

近くにアイスアリーナがあれば、学校が始まる前・終わった後と練習に費やす時間が多く持てるので、ぜひご検討ください。

回答

先の平昌冬季オリンピックでは、フィギュアスケートの代表に兵庫県ゆかりの選手が出場するなどしており、国民的にアイススケート人気は非常に高いものと理解しております。

フィギュアスケートに限らずアイスホッケーやスピードスケートに至っても、将来有望な選手が多く育つようにと、兵庫の拠点として「ひょうご西宮アイスアリーナ」が建設された経緯がございます。

明石市では現在、新たに土地を買収しての公園整備は行っておらず、区画整理事業による公園や民間開発による帰属公園のほか、用地が寄付等により無償で提供された場合のみ公園を新設している状況です。そうしたなか、用地のみならず建物や多くの設備が必要となるアイスアリーナを新設することは非常に厳しいものとなっています。

ご理解くださいますようお願い申し上げます。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039、文化・スポーツ室スポーツ振興課/078-918-5624)

→目次へもどる

 4暮らしの情報・手続き内容についての提案

明石市ホームページの暮らしの情報・手続きの内容について提案があります。
生活インフラの情報が水道手続きしかありません。引っ越し等の際には電気の手続きも必要であると思います。こうした手続きのページがないのはおそらく、民間事業者によるものだからだと思いますが、いずれも生活するにはなくてはならないインフラです。
電気は既に小売りが自由化されていることを踏まえて、住民の方々が生活する場所で選択できる事業者の一覧程度であれば紹介することは問題ないのではないでしょうか。
それにより皆様にとって、より良いホームページ内容になると思います。地域別に使用可能な事業者リストのページを作成しましたので掲載をご検討ください。

回答

この度は市ホームページの掲載内容につきましてご提案をいただきありがとうございます。

ご記載のように市ホームページは、市や市の関係施設など公的な機関からの情報を提供するもので、民間事業者の紹介を行うことは適切ではないと考えています。よって、ご提案のページへのリンクを掲載することも難しいのが現状です。ご了承くださいますようお願いいたします。

なお、今回ご提案いただきました内容は今後市ホームページによる情報提供の参考とさせていただきます。

(シティセールス推進室広報課/078-918-5001)

→目次へもどる

 5市長が法務省において再犯防止の全国会合で更生支援の重要性を訴えた事について

市長は再犯防止の全国会合で、罪を犯した人におかえりなさいと言えるまちこそ強いまちだと講演して更生支援の重要性を訴えられました。

しかし、例えば強盗・窃盗・詐欺等の財産犯を犯した人の多数は、被害金賠償を資産がないから払っていません。これでは真の更生ではありません。刑の満了と賠償が全額払い終えてこそ、おかえりなさいと言えます。
賠償額を追徴金として刑事罰に付加すると同時に、罪を犯した本人のみでなく、父母・兄弟姉妹・妻子にまで刑を科す連座制度を設けるべきであると兵庫県警察に要望しました。そうなれば犯人の自首の可能性もありますし、犯罪防止につながると思います。これは殺人や強制わいせつ・傷害の被害者の損害賠償訴訟に適用すべきです。

市長は被害者の感情も考慮して、前述した要望を法務大臣に申し入れをしていただいたうえで、刑事・民事の責任を全部終えた人に更生支援を始めるべきです。

回答

犯罪をした人などで処分を受ける人の中には、高齢や障がいなどの事情を抱えてなかなか仕事や収入を得られず、身寄りや住居もないというケースも少なくありません。

このような人は犯罪をしたという事情でいったん社会とのつながりが途切れたことから、社会の中で孤立し、自立した生活を送ることがさらに困難になっている場合もあります。

そうすると民事の責任を果たす以前に生活が立ち行かなくなり、生活が立ち行かなくなると再犯に至ってしまうリスクも大きくなります。

このように、支援を必要とする人が、必要な支援を受けられず再犯に至ってしまうことは現在社会問題となっております。

本市ではこのような人を、まずは社会の中で安定した生活を送れるよう支援することが、再犯を防いで市民の安全・安心な暮らしに寄与するものと考えております。

また、本市では「犯罪被害者等の支援に関する条例」を制定し、当事者の声を受け裁判などで確定した賠償金が支払われない場合に300万円を上限に市が立て替える制度を導入することで、犯罪被害者の方が受けた被害の早期回復・軽減にも取り組んでいるところです。

今後も、いただきましたご意見等も参考に慎重に取り組んでまいりたいと考えております。どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

(地域総合支援室更生支援担当/078-918-5286)

→目次へもどる

 6明石駅前喫煙コーナー

明石駅7番バス乗り場近くにある喫煙コーナーは、受動喫煙になるので場所を移すか、煙が漏れないようにしてほしいです。なぜ、人が並ぶ近くに設置するのか疑問です。
停車中のバスにも煙が入ってきます。

毎日利用する者にとって、健康面が心配です。何とか考えてください。

回答

ご指摘の喫煙所(明石駅前西側喫煙所)につきましては、喫煙所からの煙や臭いが、風向きによっては乗車待ちの市民の方々のところまで届いていることは認識しております。

しかしながら、喫煙所の屋根や囲いにつきましては、煙や臭いが周囲に出にくくなる反面、喫煙所が個室のような形状となり、夜間などの治安が危惧されるため、設置しておりません。

ご指摘のように、受動喫煙による健康問題にも十分な配慮が必要であることは、本市としましても認識しておりますが、「健康増進法(通称:受動喫煙防止法)」や兵庫県条例「受動喫煙の防止等に関する条例」では、駅周辺(ロータリーなど)を、規制の対象としておりません。このため、人の往来が多い駅周辺に「喫煙防止・マナーアップ区域」を設定し、区域内に設置した喫煙所以外での喫煙を自粛していただくことで、路上喫煙や歩きたばこの防止に取り組んでいるところです。

本市としましては、今後とも啓発パトロールを継続的に行うなど、喫煙者のマナー向上の取組を推進するとともに、国や県の動向にも注視しながら、効果的な路上喫煙対策について調査・研究して参りますので、ご理解いただきますようお願いします。

(環境室環境保全課/078-918-5030)

→目次へもどる

 7子育ての講座について

明石市主催の妊娠、子育て関連の講座は第一子対象のみが多すぎると思います。

先日、対象月齢に当てはまる講座があり、申し込みの電話をすると第二子以降はお断りと言われました。

第一子のみとは書いていないのに、第一子のみとご案内していますと言われました。それならきちんと記載して欲しいです。

私は第一子とは離れて第二子を出産したため、子育てに関して忘れていることも多いです。また、情報が日々新しくなっていて第一子の時とは違うこともありました。

全ての講座とは言いませんが、もう少し間口を広げていただけたら嬉しいです。 

回答

子育て関連の講座のお申込みにつきましては、出来るだけたくさんの方にご希望の講座にご参加いただけるよう、お申込みの多い講座は可能な限り回数を増やすなど対応させていただいているところですが、それでも、希望されるすべての方にご参加いただけない状況です。

そのため、一部の人気講座につきましては、初めてのご出産をひかえた方や初めて子育てを経験されている方にできるだけご参加いただけるよう、第一子を対象としたご案内をさせていただいております。

いただいたご意見について、今一度講座運営者(神戸YMCA)にも周知いたしますとともに、よりわかりやすい案内に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

また子育てに関する困りごと・悩みごとがありましたら、「あかし子育て相談室」(TEL078-918-5610)でも相談に応じておりますので、ぜひご活用ください。

電話相談10時00分~12時00分、13時00分~16時00分

来所相談10時00分~12時00分、13時00分~15時00分(要予約)

休所日:月曜(月曜日が祝日の場合は開所)、年末年始

(子育て支援室子育て支援課/078-918-5097)

→目次へもどる

 8小中学校の夏休みについて

教室にクーラーがついたこともあり、来年度から夏休みの日数が減るかもしれないという話を子どもが学校で聞いたようです。

教室にクーラーがあっても、登下校時の暑さはどうにもならず、やはり心配です。どうか、これまで通り7月21日から8月31日までにしていただきたいです。

授業日数の関係でどうしてもというならば、7月の夏休み開始を遅らせ午前授業にする方が、まだ良いと思います。

回答

小学校の夏休みについては、現在検討中でございます。中学校につきましては、昨年度から登校日数を増やしています。昨年度は夏休み終了を3日早めました。本年度は、夏休みの開始を2日遅らせ、終了を3日早めています。合わせて5日間増になっております。この5日間により、授業時数に余裕が生まれ、学力向上に寄与するものと考えております。もちろんのことですが、学校現場とも十分検討し、そのねらいと夏休みの日数について決定した経緯があります。今後も継続してまいります。

今後、小学校におきましても学校現場との検討を重ねて判断してまいります。 

(学校教育課/078-918-5055)

→目次へもどる

 9道路で遊ぶ子育て世帯

家の前の道路で、夕方になると、毎日の様に子どもが自転車などに乗って遊んでいます。親も一緒に遊んでいるか、親同士話し込んでおり、受験生の子がいる親として、とても困っています。
夜になっても子どもの叫び声がするので、家の前に出てみると複数の子育て世代が集まって子ども達が騒いでいました。
我が家の周りに警察が見回りに来た事はありません。全ての道路の見回りをする事は難しいと思いますので、例えば公園や公民館などに道路で遊ばない旨を書いたポスターを掲示して頂けないでしょうか。

回答

道路で遊ぶ子供たちは、その本人のみならず他の通行者に対しても非常に危険であると認識しています。

この度の事案に対しては、子供たちが道路遊びをしないよう、本課から隣接する小学校、幼稚園に対しあらためて交通安全指導をしていただくよう要請しました。

また、当該事案は地域の問題でもあることから、自治会等をはじめとする地域団体への相談や、さらに悪質で危険な状況が見受けられる場合には警察への相談も有効ではないかと考えます。

(道路安全室交通安全課/078-918-5036)

→目次へもどる

 10「江戸詰将棋・明石城寺子屋」開設の提案

私は、戦争を体験し、当時の混乱した社会情勢でも、日本の伝承文化である「将棋」により己を見失うことなく「絶望感に耐える我慢の処世訓、人生訓」などを学びました。

世界で苦しむ多くの人々の心の支えに日本の将棋が役立つと考えます。

試行錯誤を経て、海外向けの将棋一式、教材も完成しています。

そこで、城壁が素晴らしい明石城公園に「江戸詰将棋・明石城寺子屋」の開設をご提案します。

回答

ご意見にある城壁が素晴らしい明石城公園は、兵庫県立明石公園で、管理運営は兵庫県園芸・公園協会が行っております。

いただいたご意見は、個人情報を除いて市民相談室から兵庫県園芸・公園協会へ伝えました。

できましたら、直接ご本人様からも、兵庫県園芸・公園協会へご連絡いただきますようお願いいたします。

<公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会 >

〒673-0847 兵庫県明石市明石公園1-27

電話/078-912-7600 FAX/078-913-6620

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 11たこバスのダイヤについて

私は、たこバスの路線沿いに住んでいますが、近日は、ダイヤが大幅に乱れているように思われます。

通常通りに運行されていたとしても、1時間に1本程度で、平素からイライラして待つ状態なので、この乱れは、皆無にしていただきたく、万全の対策をお願いします。

回答

このたびは、Tacoバスの遅延によりご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
Tacoバスの運行につきましては、平素より定時運行に努めているところではございますが、渋滞や事故等の交通事情および台風など気象の影響により、やむを得ず遅延運行する場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

(都市整備室都市総務課/078-918-5037)

→目次へもどる

 12明石駅前路上ライブについて

明石駅付近に住む者ですが、夜間の路上ライブがうるさく困っております。

路上ライブを一切禁止して欲しいですが無理なのは承知しております。

しかし、20時以降は禁止や拡声器の使用不可など、何かしらのルールを作ることはできないでしょうか。

特にマイクを使ったライブが非常に迷惑だと感じております。

現状が無法地帯と化しているので対策を講じていただきたいです。 

回答

明石駅前の路上ライブについてですが、夜間に大音量で演奏するなどは迷惑行為になりますので、そのような行為がありましたら、明石警察署(078-922-0110:代表)へご相談くださいますようお願いいたします。

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

13 リサイクルおもちゃ事業について

広報あかしのリサイクルおもちゃ提供募集の記事を見て、駐車料金等の確認のため消費生活センターへ電話したら、駐車料金については自己負担とのこと。「ご持参ください」と記事に書くなら市が駐車料金を負担すべきです。

せめて広報記事に駐車料金は個人負担と書くべきです。
また、受取場所をアスピアだけでなく市役所にも設けるべきです。市役所なら駐車料金を気にせずに2~3回に分けておもちゃを持っていくことができた。今後、この事業を実施するにあたり検討してください。 

回答

「おもちゃのリサイクル事業」は、明石市消費者協会が主催し、使わなくなった幼児用玩具を市民からご提供いただいて、それを必要とする子育て世代等に無償配布する事業です。提供いただくおもちゃや絵本は、同協会の事務局である市民相談室消費生活係(アスピア明石北館7階)で受け付けました。

消費生活係では、アスピア明石駐車場の割引(無料)サービスは扱っておりませんので、お問い合わせをいただいた場合にはその旨をご説明し、ご理解をいただいておりました。また、本庁舎2階の市民相談室へおもちゃ等をご持参された場合には、その場で受け付けできるよう準備もしていたところです。

今後、ご提案の内容も参考に、市民の方々への広報を実施したいと考えております。ご理解くださいますようお願い申し上げます。 

→目次へもどる

14 公園遊具、野外バスケットゴール、バスケットコートについて

明石市の都市計画でバスケットゴール等の設置検討について、私の第一希望公園は大蔵海岸もしくは明石港再開発エリアです。

理由は、最寄駅からのアクセスの良さとSNSの好材料になるロケーションです。

明石海浜公園等もスペース的には確保しやすい可能性はありますが、駅からのアクセスは決して良くありません。

子供達が気軽にバスケをするには、アクセスの良さは大事です。

仮に公式ルールに基づいてのフルコートが設置できた場合には、規模は小さくともバスケイベントの招致ができる可能性は十分にあります。
私は、公式のバスケットルールに基づいてのバスケットゴールとバスケットコートを希望します。

特にバスケットコートの床は大事です。神戸の公園にもいくつかバスケットゴールはありますが、地面が土や砂状態、良くてもみなとの森公園のコンクリートやアスファルト舗装です。

床に関しては屋外でできる範囲内だとなるべく地面のフラットレベルを均一化し、ゴム、ウレタン系のコートか合成樹脂のポリプロピレンが良いと思います。

回答

バスケットボールに対する思いは十分に伝わっております。その上で、市の現状についてご説明させていただきます。

明石市の公園に関しましては、現在、新たに土地を買収しての公園整備は行っておらず、区画整理事業による公園や民間開発による帰属公園のほか、用地が寄付等により無償で提供された場合のみ公園を新設している状況です。また、遊具等の設備については、地域住民のみなさまのご意見をうかがった上で設置してきているものです。

こうした現状のなか、公式ルールに基づいたバスケットゴール及びバスケットコートを屋外に新たに設置することは、大変難しいものとなっています。

なお、現在設置を検討中のバスケットゴールについては、少しでもバスケットボールに触れる機会が提供できればとの考えでございます。

明石中央体育会館などでは、今も多くの市民が様々なスポーツを楽しまれており、バスケットボールもそのひとつで、随時、バスケット教室なども行っております。

よろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039)

→目次へもどる

15 側溝の総点検や掃除の要望

先日の台風により道路、居住マンションが浸水しました。

明石市に側溝のたい積物の掃除等、大雨に対しての準備等、もう少しきめ細かくやっていただきたい。

また同じことのない様に、一度、側溝や歩道の溝等、総点検や掃除をしてほしい。

一個人ではとても無理なので要望します。

回答

お問合せいただいた件につきまして、現在の堆積状況を確認したうえで清掃させていただきます。今後は台風時期の前に側溝内を点検し、清掃するよう計画させていただきます。よろしくお願いいたします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

16 保育園の利用について 

現在、育児休業中です。第2子出産の際には第1子出産の際とは違い、育児に対してとても手厚いものへと変化しており明石市に居住して良かったと本当に思いました。

しかし、それもあってか保育園の入所待ちが全国1位となりとても苦戦しております。国の制度でもH29.10より育児休業の延長がなされました。現在、第2子は第1子の通園している保育園の待機児童です。その他の自宅から通わせられる範囲の保育園にも待機としております。その状態で第2子が1歳になる年度末までの保育園の利用しか出来ないというのはあまりにもひどいものだと思います。待機児童でもないのに第1子の保育利用はどうかと思いますが、待機児童数減少に向けて取り組まれているのに待機児童にさせるというのは疑問でしかありません。

数年前に『日本死ね』という言葉が世間を騒がせました。『明石死ね』とはならないようどうか検討をお願いしたく思います。時間がありません。私の周りのお母様方も同じ意見ばかりで投稿させて頂きました。

回答

法令等により、育児休業開始前から既に認可保育施設へ入所していた児童については、待機児童の状況など地域の実情を踏まえた上で、次年度に小学校へ就学を予定している場合や、当該児童の発達上環境の変化が好ましくないと考えられる場合は継続入所が認められております。

一方、待機していただいている方が多い状況を解消するため、施設整備や保育士確保を含め、受入枠の拡充に取り組んでいるところでございます。

本市では、上記の状況および公平性の観点から、育児休業を理由として施設を利用中の児童については、育児休業の対象となる児童が1歳になる年度末に更に一月分プラスして4月の末日までを利用可能期間としております。

引き続き待機児童の解消に向けて取り組んでまいりますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

(こども育成室/078-918-5093)

目次へもどる

17 隣の家の植木について

植木の持ち主が手入れをしないので、木が伸びて家の境界を越えて枝葉が伸びて、我が家が影になり、枝葉が落ちてきます。

近所のため、なかなか申しにくいです。近所は大切ですが、気持ちよく暮らしたいです。

そこで、市の方から、春秋ぐらいは持ち主は手入れをするよう自治会回覧をお願いできないでしょうか。

回答

隣家の植木の越境につきましては、住民間の問題でありますので、市が介入することは致しかねます。そのため、この件について市が自治会に対して、回覧をお願いすることは難しいと考えます。

隣家の植木の枝が越境しているために、何らかの損害が生じている場合は、恐れ入りますが、直接、所有者に枝を切除するようお伝えください。

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

18 大久保の安藤家洋館について

明石市大久保の安藤家洋館について、下記のような記事を目にしました。

「兵庫県明石市に大正8年に建てられた邸宅「安藤家洋館」が、市の文化財の候補になっているにもかかわらず、指定に必要な所有者の同意を得られないまま劣化が進み、倒壊の危機に陥っている」

納税者としては観光資源の増加は歓迎するところですが、文化財指定により費用や制約ばかりが発生するという所有者の危惧と態度は当然だと思います。

この物件を明石市で買い受けて管理していくという事は考えられないでしょうか。
不毛な交渉を継続するよりも直接管理するほうが良いのではないかと考えます。

回答

安藤家洋館につきましては、大正時代の近代的な特徴をもつ建物として、文化財的な価値がある建物です。ただ、建築されてからほぼ100年たち、現在では劣化が進み、仮に残すとなると相当の修理費を要することとなります。その修理費につきましては、基本的に所有者が負担することとなっており、仮に市の指定文化財となっている場合は半額の補助が受けられます。ただ、所有者も市も修理費にそれだけの費用を出すことは難しく、また、所有者の方から寄付をしていただき、市で管理するにしても多額の修理費の負担は財政的に困難な状況です。
今後は新聞記事にもありました通り、地域や民間団体の協力も仰ぎながら、地域の遺産として残し、観光資源として活用していく方向性を模索してまいりたいと考えているところですので、よろしくご理解たまわりますようお願い申し上げます。

( 文化・スポーツ室文化振興課 文化財係/078-918-5629)

→目次へもどる

19 明石市海岸線がゴミ箱状態

台風の影響が大きいとは思うのですが、あまりにも汚い状態です。

タレントを呼んだ企画イベントを併用し、ボランティアのゴミ収集企画等の工夫など、なんらか毎年のイベントとして海岸線の美しさを守りたい。

回答

台風の影響により市内全域にわたり大量の流木等が漂着し、撤去にかなりの時間を要しております。一日も早い復旧を目指して順次対応しております。また、ゴミの中には針金やガラス片など様々な危険物が混在しており、回収には特に注意が必要なため、今のところボランティアのイベントは企画しておりません。

(都市整備室海岸課/078-918-5042)

→目次へもどる

20 西新町2丁目公園の草刈りと犬の散歩をする人への注意を希望します

西新町2丁目公園で子供をよく遊ばせているのですが、
夏前から雑草が伸びているので、足元に犬のフンが落ちていることに気づかず、フンを踏んでしまいうことがあります。

滑り台の階段付近にもフンが落ちていることがあります。
まず、犬を散歩させている人にフンを持ち帰るように注意することと、草刈りをお願いしたいです。

たくさんの子供が遊ぶ公園です。対策をよろしくお願いします。

回答

ご要望の除草についてですが、西新町2丁目公園は、地域において結成された公園愛護会に除草や清掃をお願いしているところです。現場を確認させていただいたところ、公園愛護会によって除草されており、現時点において除草の必要性はないと考えております。

次に犬のフンを持ち帰らない人についての注意ですが、啓発として当課では看板を設置することで行っております。当該公園には現在、公園の入り口を中心として4箇所に犬のフンに対する持ち帰りを呼びかける看板を設置し啓発を図っているところです。

これからも、市民の皆様に安全安心で快適に公園を利用していただけるよう努めてまいりますので、ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 (都市整備室緑化公園課/078-918-5039) 

→目次へもどる

21  高丘1号緑地の剪定について

高丘1号緑地の樹木が伸びているので、剪定していただきたい。

回答

9月5日に現地確認し、歩道にはみ出た樹木の剪定とあわせ、生垣の剪定、除草及び側溝の清掃が必要と判断したため、業者へ作業を依頼し、9月13日に作業は完了しました。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039) 

22 明石川左岸線緑地の除草、剪定について

明石川左岸線緑地で草が茂り、樹木が伸びているので、除草、剪定をしていただきたい。

回答

9月10日に現地確認し、東側道路に越境している樹木の剪定及び除草の必要があると判断したため、当課公園管理事務所に作業を依頼し、10月2日に作業は完了しました。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039) 

 

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102