ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成30年8月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2022年2月16日

 平成30年8月 意見の要旨と回答

  1. 少年自然の家の利用について
  2. 保育園の利用について
  3. 明石市立文化博物館
  4. 寄附に係る市民税の控除について
  5. 要望
  6. 窓口職員の対応について
  7. 中高生世代交流施設
  8. 日本遺産への申請
  9. 明石の歌について
  10. 明石市金ケ崎山の二等三角点の見学について
  11. ゴミ出しのルールの周知徹底について
  12. 野々池貯水池周辺の除草について
  13. 野々池貯水池の除草について
  14. 朝霧駅前について
  15. JR大久保南JT跡地利用
  16. 明石駅バスロータリーの喫煙所に係る障害を理由とする差別について
  17. 洗浄トイレ
  18. 旭が丘緑地の樹木剪定について

  1 少年自然の家の利用について

少年自然の家の利用者については、小学生等と家族のみに限られているが、全市民に開放してほしい。
例えば、子どもが利用していない時に、マリンスポーツができる拠点にすれば、施設の有効利用となるので、誰でも利用できるようにしてもらいたいです。

回答

少年自然の家は、仲間との集団宿泊生活及び野外活動を通じて、心身ともに健全な少年を育成するため設置された施設です。市内外の小学校の野外活動等に利用されるほか、青少年育成団体、青少年スポーツ団体などにも多く利用され、小・中学生を対象とした主催事業なども開催しています。

このほか、施設の有効活用を図るため一般利用も受け入れており、家族での利用、スポーツ団体の合宿、大学や企業の研修など、社会教育施設として幅広い層に施設を活用していただいています。

なお、指導上の都合により少人数での利用ができないプログラムがあることや、宿直対応が必要なため、家族利用の宿泊は15人以上の団体がすでに申し込んでいる場合に限ることなど、利用目的や内容により一定の制約ある場合がございます。詳しくは施設までお問い合わせくださいますようお願いします。

(青少年教育課/078-918-5057)

→目次へもどる

 2 保育園の利用について

現在育児休暇中です。来年の4月までに下の子が入園できなければ、上の子は退園しなければなりません。上の子は1年かけてようやく認可保育園に慣れたのに、退園してまた待機児童になり、再度、入園させるのは子どもにとってストレスだと思います。
下の子が待機児童になった場合、半年~1年間は上の子が保育園へ通えるようにしていただきたいです。

回答

お子様が認可保育施設を利用中に、保護者が下のお子様を出産して育児休業を取得した場合、退園による環境の変化が児童の発達上好ましくないと思われる場合には、継続利用が認められます。明石市では、待機児童が大勢いらっしゃる現状も勘案し、上のお子様が保育施設を利用し続けられる期限を育休対象である下のお子様が満1歳になる年度の翌4月末までとして運用させていただいております。

育児休業からの復帰に合わせて下のお子様の入所選考を行う際には、できるだけご兄弟揃ってご利用いただけるよう優先利用扱いとし加点しております。

何とぞ、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(こども育成室/078-918-5093)

→目次へもどる

 3 明石市立文化博物館

ゴジラの特別展覧をやっていてなかなか面白いと思いました。入場して5分ほどで、ふと張り紙に目が行き、そこには年間パスポートが当日券の2倍の金額で購入出来ると掲示されてました。
予想以上に展示内容が面白かったので、また来たいと思い当日券に追い金で購入出来ないか確認したところ、入場して5分であれ、いったん当日券を購入したら年間パスポートは全額を払わないといけないとの事でした。
神戸の施設や民間施設でも体験して良かったら、追い金で購入できる所がほとんどの中、明石市立文化博物館の対応には疑問を感じます。せめて世間の平均的なサービスくらいは提供なさるべきではないでしょうか。

回答

お問い合わせのあったケースにつきましては、規定によりいったんお支払いただきました観覧料は払い戻しせず、新たに年間パスポートを購入するようなお願いをしたところです。

しかしながら、お客さまへのサービス向上につなげる観点からしましても、柔軟に対応すべきであったと考えます。

今後はこのようなケースでの購入についてはご意見の内容での取扱いをすることといたしましたので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(文化・スポーツ室文化振興課/078-918-5607)

→目次へもどる

 4 寄附に係る市民税の控除について

明石市在住で神戸大学に寄付をしましたが、市民税の控除がありませんでした。
神戸市では市民税が控除されます。神戸大学は大阪市内に教室を構えていることから、大阪府と大阪市でも控除されます。
都道府県では国立大学への寄附について都道府県民税の控除をしていない自治体はございません。
国立大学法人を含め、地域における公益的役割を担う法人等が行う活動を支援する明石市民を応援するためにも、個人市民税に係る寄附金税額控除についてご検討を賜ればありがたく存じます。 

回答

当市では、現段階では市独自の寄附金税制に関する規定は設けておりませんが、兵庫県税条例が改正されたことは承知しており、近隣市の状況についても把握に努めているところです。

控除の対象となる寄附金を条例で指定することにつきましては、市の既存の施策や類似の制度との関係性を整理し、導入の要否や指定の基準等、慎重に検討する必要がございます。

今回お寄せいただいたご意見等を踏まえ、当市における今後の寄附金税制につきましては、引き続き調査・研究を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

(税務室税制課/078-918-5072)

→目次へもどる

 5 要望

西明石駅西側南畑踏切に横断歩道橋(エレベーター)が2年後設置されるという記事を広報あかしで見ました。私は障がい者で、歩行器で踏切を渡るのに苦労していたのでありがたいと思います。
障がい者の立場では、歩道橋から直接改札口へ行ければ、もっと助かりますので、今から設計するなら考えてほしいです。

回答

南畑踏切は、踏切道の延長が35.5mと長く、踏切遮断時間も長いため、警報器が鳴っても渡りきれない利用者の発生が懸念されています。平成20年には、踏切内に取り残された高齢女性が、踏切を通過する列車と接触し、亡くなるという痛ましい事故が発生しています。

このため、明石市と西日本旅客鉄道株式会社とで協議を重ね、踏切の安全対策として、エレベータ付き立体横断施設を設置することで合意しました。この立体横断施設は、平成33年度内の利用開始を目指して事業を実施し、平成30年度は、詳細設計を実施する予定です。立体横断施設の設置は、踏切の安全対策として実施するものですが、改札口への接続は技術面や費用面から困難です。

ご要望頂いた改札口への接続については、駅舎を管理している西日本旅客鉄道株式会社に内容をお伝えしましたので、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

 6 窓口職員の対応について 

先日、申請手続きを行うため、市役所を訪問しました。申請書を記入するため、カウンターといすを借りてもいいかと尋ねたところ、下肢に障害を持つ本人の事情も確認せず、『少しの間だけなら…』と冷たい対応をされました。
世間には、内部疾患など一見して障害者と分からない人もおり、それを考慮して、丁寧な対応をしてくれる職員もいる一方、このような対応をされた。

窓口は、市役所の顔であり、そこでの対応は市役所を代表するものです。相手の立場に立って、丁寧な対応をすべきです。

回答

このたびは、ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。

市としましては、今後は、これまで以上に来庁者の方の立場に立った応対を心がけ、気持ちよく市役所を利用していただけるように努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 7 中高生世代交流施設

図書館が満員だったので、静かに勉強できる中高生世代交流施設を利用した時のことです。
マナーを守らず、他の人に迷惑をかける中高生ではない人がいました。
中高生以外を、出入り禁止にしていただきたいです。

回答

中高生世代交流施設につきましては、中高生世代向けの施設ではございますが、平日の昼間など、中高生の利用が少ない時間帯につきましては、施設の有効利用のため、一般の方にも開放し、利用していただいております。

なお、一般の方が利用される際には、中高生の利用が多くなる時間帯はご利用を控えていただく(退室いただく)ことになる旨の説明をさせていただき、了解いただいたうえでご利用いただいております。

利用マナーの良くない方につきましては、職員から注意させていただいておりますが、改善されない場合は、退室していただくようさらに対応を徹底してまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 

(子育て支援室子育て支援課/078-918-5097)

→目次へもどる

 8 日本遺産への申請

兵庫県は四つの日本遺産が認定されておりますが、その地域は西播磨、丹波が中心であり、東播磨は観光資源が豊富であるにもかかわらず、私が調べる限りでは日本遺産への申請の動きはないようです。
子午線が通り、世界一長い明石海峡大橋を望む明石市は全国的にもネームバリューがあり、地域文化を全国、もしくは世界に発信しても良いと思います。

明石市には海や時の町としての側面があり、人も明るく、食も豊富です。さらには、中核市へと昇格し、今後の発展が大いに見込まれる東播磨の拠点となる都市です。

また、訪日外国人観光客は、ここ5年間で3.4倍に増加しており、しかも訪問ルートが主要都市から地方ルートへと移ってきている傾向があります。
大阪府は日本第二位の観光都市であり、近郊の明石市も地方都市として魅力を発信していけば、外国人や日本人観光客の増加と多大なインバウンド収入が見込めるのではないでしょうか。

日本政府は観光分野を基幹産業にすべく東京オリンピック開催の2020年に向けて、日本遺産登録を現67件から100件程度に増やす目標のようです。
現時点で、明石市でそういう申請への動きがあるのかどうか教えていただけたらと思います。 

回答

来年は、明石市制100周年と明石城築城400周年を同時に迎える記念すべき年になります。

明石市において、以前より日本遺産には関心を持っており、調査研究をしてまいりましたが、歴史文化基本構想の策定など申請に向けた課題があり、明石市単独で申請に向けた動きは今のところございません。あわせて、東播磨県民局からも管轄する明石市を含めた3市2町に対して日本遺産申請に関する働きかけがあり、勉強会が開催されたほか、申請テーマの設定に関する協議をしてまいりましたが、今後具体的に申請に向けて進んでいくかどうかは定かではありません。

そうした中、100周年・400周年は、明石が誇る歴史的・文化的な事柄に改めて目を向け、市民をはじめとした多くの方々に関心を持っていただく絶好の機会だと考えております。ご提案いただいた日本遺産への申請に関しては、他地域の事例を参考に調査研究をさらに進めるとともに、明石の魅力・たからものを幅広く発信し、次の世代につなげていけるよう取り組みを進めてまいりますので、よろしくお願いします。

(市制施行100周年記念事業推進室/078-918-5280)

→目次へもどる

 9 明石の歌について

私は趣味で作詞をしております。

明石からイメージできる詩情を、ひとつの形として作品化できればと考えています。

同封している歌詞に目を通してください。一つの形にできるようであれば、お力添えください。

私の生まれ育った明石をロマンチックにPRしたいです。是非、ご一考ください。

回答

歌詞をお寄せいただいた件につきまして、明石をPRしたいと思われる気持ちは市としてありがたく受け止めさせていただきます。

しかしながら、本市におきましては、今のところ市に関する歌を作成する取組みを行っておらず、歌詞の募集も行っておりません。

つきましては、せっかくお寄せいただきました歌詞ではございますが、著作権の問題もありますので、誠に失礼ながら返送させていただきます。 

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 10 明石市金ケ崎山の二等三角点の見学について

明石市金ケ崎山には二等三角点があることになっていますが、現在水道局西部配水場の施設内にあるため見学できません。
三角点は国民の共有財産であり三角点を訪れたい市民は多いはずです。

金ケ崎山は低山ながら四方とも眺望に優れています。この貴重な財産を公開すれば隣接する金ケ崎自然公園と相まって明石市の新名所になると思います。

是非見学できるようにしてください。

回答

二等三角点のある西部配水場ですが、水道水を市内に配水する拠点であります。立地上、眺望には優れてはおりますが、その性質から厳重に入場を管理し、かつ24時間体制で機械および巡回警備を実施しています。

市民に安心、安全な水道水を供給するための施設であることを、ご理解いただきますようお願いいたします。 

(浄水担当/078-918-5068)

→目次へもどる

 11 ゴミ出しのルールの周知徹底について

ゴミの分別やゴミの出し方を守らない人がいる。ペットボトルに生ごみをいれたり、アルミ缶に吸殻を入れたりする。

不燃物の日に大型のゴミ出しをしているときもある。また、ごみの収集のあとでゴミを出すなどルールが守られず、非常に困っている。

地元の自治会だよりでゴミ出しのルールの順守について掲載しているが、地元以外の人に周知できないので、市全体の「広報あかし」にゴミ出しのルール順守について掲載いただきたい。 

回答

市全体におけるごみ出しマナーの周知については、ごみの分別方法をまとめた「ごみハンドブック」やごみの収集日を記した「ごみ分別カレンダー」などのパンフレットを配付することで行っています。

これらのパンフレットは本庁舎や市民センター・サービスコーナーなどで配付しているほか、市外からの転入の際にも配付したり、市ホームページにも掲載しています。また希望される自治会・団体には出前講座を開催し、ごみ出しマナーについて理解を深めていただいています。

ごみステーションにおけるごみ出しのマナーやルールなどの対応ですが、地元自治会や住民の皆様のご理解とご協力をいただき啓発などを日々行っております。具体的には、個別の案件に合わせたマナーやルールを啓発するチラシの作成・配付や、啓発看板などの作成・設置を行っております。

啓発等の流れとして、まずルールなどの守られていないごみに、収集できない理由を明記したシールをごみに貼り付けて、排出された方に引き上げていただくこととルールを守ったうえで改めてごみ出しを行っていただくことをお願いしています。

数日たっても改善されない場合は、不法投棄物であることを警告用のシールにより表示し「啓発」「警告」を行っております。これにより指定日までに(概ね2週間)引き上げるよう排出者の方に警告するとともに、周辺住民の方にも不法投棄物であることを周知しています。

指定日以降も放置された不法投棄物については、止む無く管理者もしくは市により回収処分を行っています。
このようにしてもなかなか不法投棄やマナー、ルールが守られていないごみの排出はなくならないのが現実でありますが、全く効果がないわけではなく、ルールを守っていこうとの住民の皆様のご理解とご協力が少しずつ広まっております。
今後も、住民の皆様のご理解、ご協力を賜りながら、地道に続けて参りたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

(環境室収集事業課/078-918-5780)

→目次へもどる

  12 野々池貯水池周辺の除草について

野々池貯水池沿いのたこバスのバス停乗降付近を含め、明南高校側の野々池貯水池に上がる坂道から沢野1丁目階段までの歩道一帯に雑草が生い茂っており、通学路でもある為、通行にも支障が生じる時もあり困っています。

年に1~2度ではなく、 2ヶ月に1回くらいの割合で草刈りをお願いします。 

回答

道路整備課では、通行に支障のないように道路の維持管理に努めております。

しかし、この度ご連絡いただいたように市内一円の道路管理が行き届かないところがあります。こうした通行に支障が生じた場合、連絡いただけましたら対応いたしますのでよろしくご理解くださいますようお願いします。 

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

13  野々池貯水池の除草について

野々池貯水池敷地内について

雑草の生育が早く、昔はそこで遊んだり中学生の部活や小学生の授業での写生も行われていたが何もできないような状態です。
雑草の刈り取りをお願いします。

また、掘割側には刈り取られた雑草が積まれているので、清掃工場に搬入させるように指示してください。

野々池貯水池隣接の土地について

10年以上ほったらかしのように感じます。

年2回の野々池貯水池樹木伐採剪定に含まれていないのでしょうか。

回答

野々池貯水池周辺の除草作業ですが、毎年、夏季に行なっております。今年度についてもお問い合わせ箇所を含む除草作業を、8月中に完了する予定でございます。除草したものについては、作業当日に撤去しており、今後も管理を徹底いたします。

野々池貯水池につきましては、本市の「水がめ」ともいえる貴重な水源であり、その性質から厳重に管理されるべきものであります。市民の皆様にはウォーキングやジョギングを通じて親しんでいただいておりますが、施設警備を実施したうえで最低限の開放としております。特に夏季の夜間には貯水池周回道路の巡回を充実させるなどの処置をとっている状況です。

このような防犯上の事情から、「水がめ」の安全が確保できるよう除草や剪定をさせていただいておりますことを、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

(水道局浄水担当/078-918-5068)

 

野々池貯水池隣接の土地につきましては、調査しましたところ私有農地です。

耕作者に農地として適正に管理するよう依頼しました。

ご連絡をいただき、ありがとうございました。

(農業委員会事務局/078-918-5063)

→目次へもどる

14  朝霧駅前について

朝霧駅前のバス・タクシーロータリーは市が駅前整備に力を入れているのを実感できるスペースとなっています。

しかし、この場所が喫煙と飲酒をする人達の溜まり場となってしまっています。

ベンチで、毎朝、喫煙者が入れ替わり立ち代りでタバコを吸っています。

ここはバス降り場の前なので、朝霧駅を利用する方はバスを降りたときにタバコの煙を吸うことになります。

誰もが利用できる公共の場所ですが、喫煙と飲酒の場所として放置するのはいかがなものでしょうか。明石市として適切な対応をお願いします。 

回答

ご指摘のように、受動喫煙による健康問題にも十分な配慮が必要であることは、本市としましても認識しておりますが、現時点では健康増進法(通称:受動喫煙防止法)や兵庫県条例「受動喫煙の防止等に関する条例」では、駅前広場などの屋外での喫煙を規制の対象としておりません。

また、公共スペースでの飲酒につきましては、あまりにも秩序を乱すような行為があれば、警察に通報していただくことになりますが、そうでなければ飲酒自体は禁止されておりません。

なお、喫煙につきましては、本市では人の往来が多い駅周辺に「喫煙防止・マナーアップ区域」を設定し、区域内に設置した喫煙所以外での喫煙を自粛していただくことで、路上喫煙や歩きたばこの防止に取り組んでいるところです。

現時点では喫煙所が設置されていない朝霧駅につきましても、他の駅同様に喫煙者のマナー向上への取組を推進して参りますので、ご理解いただきますようお願いします。

(環境室環境保全課/078-918-5030) 

→目次へもどる

 15  JR大久保南JT跡地利用

保育所がいくつか作られると聞きました。

騒音や交通渋滞が発生したり、事故等の対策は万全なのでしょうか。
子どもの声は、小さい子どもが居る家庭では気にならないのでしょうが、そうでない家庭にとっては、騒音の他ならないと言うことを頭に入れて対策をお願いしたいです。

あんなに広い敷地なのだから、図書館を作って欲しいです。

大久保だけ図書館らしいものがありません。
是非、図書館建設を望みます。

回答

JT跡地の保育所整備について説明いたします。

最初に、交通渋滞への対応につきましては、JT跡地に整備予定の2園の保育所ではJT跡地北側の道路に向かって駐車場の出入口をそれぞれ設けます。東側の保育所は左折入庫左折出庫を行い、西行きの信号のタイミングに合わせて出庫、西側の保育所は左折入庫右折出庫を行うことで出庫方向を分散し、保育所北側道路の混雑緩和を図ります。また、送迎ルールについては、入所前に事業者より保護者に説明を行い、誓約書を取るなどして徹底します。

次に、事故対策につきましては、JT跡地の北側道路は、中学校や小学校、幼稚園の通学路となっているため、朝夕の送迎時間帯には、2園とも駐車場の出入口に交通誘導員を配置し、事故防止に努めます。

最後に、騒音対策につきましては、保育所敷地の北側から、駐車場、園舎、園庭と配置することで、住宅地から子どもの声の発生源を遠ざけるとともに、園舎によって子どもの声をある程度遮断できると考えています。また、全園児が一斉に園庭に出て遊ぶことはせず、園庭と室内で分散して遊ぶことで子どもの声の軽減を図るなど対策を行いますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

(待機児童緊急対策室/078-918-5267)

 

JT跡地は、財政負担を極力抑えつつ、公共公益施設の整備と住宅を中心とした民間開発による周辺と調和のとれたまちづくりを行うことを目的として、本市が平成29年12月に取得したものです。

JT跡地全体の面積は約56,000平方メートルですが、今回、認可保育所等の整備のため約5,100平方メートルの敷地を活用いたします。また、住宅等の開発を目的として民間事業者に約36,000平方メートルを売却(平成30年5月16日公募開始)する予定であり、残りの約15,000平方メートルについて、市民の利便に資する公共公益施設を整備する予定です。

JT跡地は、現在、本市及び市議会で議論いたしております市役所本庁舎の移転候補地の1つであることから、他の公共公益施設整備の検討には至っておりませんが、いただきましたご意見は庁内で情報共有を図り、今後のJT跡地活用の参考とさせていただけたらと存じます。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

(都市開発室大久保駅南プロジェクト担当/078-918-5267)

→目次へもどる

 16  明石駅バスロータリーの喫煙所に係る障害を理由とする差別について

北7番乗場の横に喫煙所があり、これが、タバコの煙や蒸気を社会的障壁とする障害者をその周辺から排除し、バス停の利用を制限しています。
呼吸器障害や化学物質過敏症また受動喫煙症などの障害者はタバコ煙や蒸気を禁忌とするため、このようなバス停の利用が出来ません。
喫煙所を撤去または煙や蒸気を一切外へと漏らさない施設へと改修してください。

回答

ご指摘の喫煙所(明石駅前西側喫煙所)につきましては、喫煙所からの煙や臭いが、風向きによっては乗車待ちの市民の方々のところまで届いていることは認識しております。

しかしながら、喫煙所の屋根や囲いにつきましては、煙や臭いが周囲に出にくくなる反面、喫煙所が個室のような形状となり、夜間など治安が危惧されるため、設置しておりません。

ご指摘のように、受動喫煙による健康問題にも十分な配慮が必要であることは、本市としましても認識しておりますが、「健康増進法(通称:受動喫煙防止法)」や兵庫県条例「受動喫煙の防止等に関する条例」では、駅周辺(ロータリーなど)を、規制の対象としておりません。このため、人の往来が多い駅周辺に「喫煙防止・マナーアップ区域」を設定し、区域内に設置した喫煙所以外での喫煙を自粛していただくことで、路上喫煙や歩きたばこの防止に取り組んでいるところです。

本市としましては、今後とも啓発パトロールを継続的に行うなど、喫煙者のマナー向上の取組を推進するとともに、国や県の動向にも注視しながら、効果的な路上喫煙対策について調査・研究して参りますので、ご理解いただきますようお願いします。

(環境室環境保全課/078-918-5030)

目次へもどる

17  洗浄トイレ

勤労福祉会館(相生町)のトイレ、和式便器は福祉会館の名前に相応しくないと思います。洗浄洋式トイレに早急に取り換えるべきです。高齢者には和式は不便です。福祉会館勤務の職員は率先して不特定多数の便宜を図るべく申請すべきではないでしょうか。

日本政府でさえもオリンピック開催に備えインフラ改善で外国人が立ち寄る施設には率先してトイレの洗浄便器化を目指してます。早急に取り換えて下さい。

回答

勤労福祉会館のトイレの多くはご指摘の通りいまだ和式トイレです。
今後は利用者の方に快適に利用していただくために、和式トイレから洋式トイレへの改修、その他の安全対策など、施設全般に渡る改修の必要性を見極めながら、対応していきたいと考えております。
ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。
(産業振興室産業政策課/078-918-5098 )

→目次へもどる

 18 旭が丘緑地の樹木剪定について

旭が丘緑地の樹木が伸びているので、剪定していただきたい。

回答

8月21日に現地確認し、除草及び高木剪定の必要があると判断したため、業者へ作業を依頼し、9月5日に作業は完了しました。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039)

 

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102