ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成30年7月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2021年10月5日

 平成30年7月 意見の要旨と回答

  1. 市議会の中継にも手話通訳を付けてください
  2.  離婚時の養育費徴収案
  3.  明石市と神戸市境付近に立地する建設業者への指導について
  4. 生活道路の安全対策について
  5. 夕方6時の鐘について
  6. バスの増便要望
  7. 明石市小学校での登下校確認メール報告について
  8. ゴミ収集時間について
  9. タコバスの件
  10. 子供のショートステイ費用について
  11. 図書館希望
  12. 一人ぐらし老人への保健飲料配布について
  13. 二見人工島交差点付近の植え込みの草等が伸び放題の件について
  14. パピオス明石について
  15. 学校のプール開放について
  16. 山手台口交差点車線の規制について
  17. 明石駅北の押しボタン信号について
  18. 公立幼稚園エアコン設置希望
  19. 朝霧駅前の薬局ビルについて
  20. マンホールについて
  21. 大久保駅南側ロータリーの鳥の被害について
  22. 教室へのクーラー導入について
  23. 西日本豪雨による海岸の漂着物の処理について
  24. 明石周辺の廃れた公園について
  25. とき

 1 市議会の中継にも手話通訳を付けてください

明石市議会の傍聴に行きました。きっちりと手話通訳者がついていて、明石市の聴覚障害者に対する情報保障の努力は、さすがだと思いました。

しかし、インターネット中継画面に手話通訳者が映らないことにガッカリしました。技術的な問題があるのかもしれませんが、工夫すれば解決できるのではないかと思いました。
例えば、質問者の演台は高いので、その右下か左下に通訳者が立ち、中継カメラに映り込むようにすれば、質問者の邪魔にならずに手話通訳が見えると思います。
各家庭の聴覚障害者も、今の明石市の課題や問題点等について知ることができ、市民も手話に親しみやすくなると思います。そして、手話を学ぼうとする人も増えると思います。

そういう細々とした一つ一つの積み上げが、明石市の目指す「誰もにやさしい街づくり」ができていくのではないでしょうか。

回答

ご指摘のとおり、現在、議場内に手話通訳者を配置しているものの、インターネット中継画面には映すことができておりません。

当市議会として聴覚障害者等に対する情報保障の充実については、その必要性を認識しており、これまでも検討は行ってきているところですが、技術的な課題等もあり、実現には至っておりません。また、手話を読み取ることができない聴覚障害者や、高齢により聴力が低下した方への対応についての課題もあります。

この度いただいたご意見を参考にさせていただき、引き続き聴覚障害者等に対する情報保障について調査研究してまいりたいと考えています。

今後とも市議会の活動にご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※9月より一部、手話通訳者が映るよう立ち位置の変更を試行的に実施する予定です。

(議会局総務課/078-911-2600)

→目次へもどる

 2 離婚時の養育費徴収案

推進している離婚時の合意書の公的サポートは、法的拘束はなくとも心理的拘束があり、ありがたいのですが、取り決めた養育費を所得から天引き徴収することはできないものですか。
養育費の支払いが止まっても即督促できる親はあまり居ないです。

回答

養育費について、受取人本人が裁判所を通じて手続を行い、給与の差押え等をすることは可能ですが、市役所等の行政機関が養育費を給与から天引きすることは制度上難しいのが現状です。
今後も、市として可能な範囲での支援を検討していきたいと思いますので、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 3 明石市と神戸市境付近に立地する建設業者への指導について

神戸市に隣接する明石市側には多くの建設業者の資材置場があり、大型ダンプが大量の土砂を搬入しています。
大型ダンプが狭い神戸市の市道を毎日頻繁に通行するため、地元住民は農業等生業をはじめ、通勤通学など生活が脅かされています。
また大型トラックの通行により田畑の法面が削られ、市道はひび割れやずれ、側溝破壊等が生じています。
これら資材置場には社名表示がなく事業実態が全く不明です。そこでこれらの業者が産廃処分許可を含め明石市の開発許可を取っているのか、またダンプは過積載をしていないのかなどについて至急調査してください。関係法令に違反していた場合は早急に行政処分なり告発をしてください。
また、明石市域の建設置場事業者がなぜ4m未満の狭い神戸市道を通行するのか、本来なら明石市の資材置場に容易にアクセスできる市道を明石市において整備すべきではないか、このことに対しても見解を伺いたいです。

回答

寄せいただいたご相談につきまして、市民相談室及び担当部局で検討いたしましたが、当該地域には複数の資材置き場があり、明石市と神戸市に所在しています。

現時点において本市でお調べしました内容について、以下のとおり回答いたします。

(1)神戸市道について

ダンプの走行に伴う、神戸市道におけるひび割れやずれ、側溝破壊、騒音等につきましては、神戸市にご相談ください。

(2)ダンプの過積載について

基本的には取り締まり権限を有する警察署にご相談ください。

(3)産廃処分許可を含む明石市の開発許可について

当該地域では、明石市の産業廃棄物処分業の許可業者はございません。

また、資材置き場は、開発許可の対象ではありません。

(4)資材置き場へのアクセス道路について

道路整備については交通状況、沿道の土地利用状況、費用対効果等を総合的に勘案し、行っております。また一般的な定義として、道路は公共の用に供するものであり、また公平性の観点からも市が一事業者の経済活動の為に道路整備を行うことは困難であると考えております。

ご相談内容から明石市が可能な範囲で回答させていただいております。何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

(市民相談室/078-918-5050、道路安全室道路整備課/078-918-5034 )

→目次へもどる

 4 生活道路の安全対策について

3月の明石市議会で松陰山手を含む大久保北地域の生活道路への通り抜け車輌問題に対して、市は具体的に検討を進めるとの回答でしたが、検討の状況はいかがでしょうか。一刻を争う問題だと思います。

回答

大久保北部地域の生活道路への通り抜け車両問題ですが、3月議会で市議会議員の質問にお答えしましたとおり、まずは現状把握に努めるべく現在、抜け道になる通行ルートの実態調査(交通量調査)の実施に向けて準備を進めているところで、その調査結果を基に具体的な対策を検討していく予定です。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

 5 夕方6時の鐘について

私は藤が丘に住む幼稚園児の母親です。

以前は夕方6時に鐘が鳴っていましたが、最近鳴らなくなったように思います。毎日のように公園で子どもを遊ばせていますが、その鐘が鳴ると近所の子ども達も皆家に帰っていました。
合図でもあり、子ども達にとっても遊びは終わりという区切りをつける為に役立っていました。ぜひ復活させていただきたいです。よろしくお願いいたします。

回答

現在、夕方18時に、市の防災行政無線から児童帰宅の音声放送を行っています。

今回のご連絡を受けて、藤が丘方面に届いていると思われるスピーカを確認し、業者による点検を行いましたが、その際には異常は見られませんでした。

放送音に関してはその日の天候や周辺の状況により聞こえづらい日もあるかと思います。

明らかに鳴らない日が続くようであれば、お手数ですが、再度総合安全対策室までご連絡願います。

(総合安全対策室安全管理担当/078-918-5069)

→目次へもどる

 6 バスの増便要望

明石市沢野に在住の者です。

たこバスもしくは民間のバスを使い西明石駅に通勤していますが、朝の便が少ないのとバス内の混雑が酷い状態です。加えて帰りの際にバスの便が少ないです。
6時台と20時台にバスの増便をお願いできないでしょうか。

回答

はじめに、Tacoバスにつきまして回答いたします。

Tacoバスは、路線バスが通っていない地域の交通手段として、市より補助を実施し、原則として7時台を除き毎時1便で運行しております。

朝の便が少ないことで、バスの混雑等ご迷惑をおかけしておりますが、増便となりますと、運行にかかる経費が増えることにより、補助金の増加につながります。

市の限られた財政状況のなか、持続的にTacoバスを運行していくためには、補助金の増額は困難であるため、現状増便につきましては考えておりませんので、ご理解を賜りますようよろしくお願い致します。

続きまして、民間のバス会社からの回答は以下の通りですので、ご確認ください。


お問い合わせいただいた件でございますが、昨今バス業界は深刻な人手不足の状況にあり、弊社におきましても、全社的な乗務員不足が恒常化しております。

当該地域を運行しております大久保営業所におきましても、厚労省の定めるバス運転者の改善基準の順守を推し進める中で、ご要望の増便により、既存の所定便の欠車も避けられない状況でございます。

そのため早期の増便にはお応え出来かねますが、当該地域の路線につきましては、今後利用状況を精査の上、運行時刻の変更等を検討して参ります。

(都市整備室都市総務課/078-918-5035)

→目次へもどる

 7 明石市小学校での登下校確認メール報告について 

子どもが登下校時に校門を通過した確認メール配信の対策を至急お願いしたいです。

自然災害や事件、事故などが多いので、子どもが無事に学校に着いているのか、いつ下校したのかを知ることで、異変があった時の早い対応ができると思います。 

回答

現在、本市では、地域の方々や保護者の皆様、高年クラブの方々を中心として各小学校区単位で組織されたスクールガードの皆様により、通学路を始め校区内においては、登下校時の見守り活動や青色防犯パトロール車によるパトロールを行っています。

また、学校園への不審者侵入による子どもへの被害を防止し校内の安全性を確保するため、警備員1名配置と全校門に24時間監視の防犯カメラ等を設置する学校の安全対策を、全小学校で実施しています。

さらに、子どもたちが通学路上でいざという時に助けを求めることができる駆け込み場所として、個人や商店等に「こども110番の家」の登録にご協力頂いており、下校指導時や校外学習等において子どもたちに「こども110番の家」の場所確認の実施を行っています。また、全小学生に防犯ブザーを配付し、学校の登下校時だけでなく、下校後の外出時にも携帯することで、子どもたち自身の自己防衛・防犯意識を高めるとともに、犯罪の抑止を図っています。

保護者の皆様に対しましては、不審者情報配信システム「すぐメール」への登録をお願いしており、登録者に学校園から寄せられた不審者情報をメールで配信し、注意喚起を行っています。

スクールガードの皆様やPTAなど、より多くの目で守っていくことや、子どもが自らの安全を守るための防犯教室、保護者への意識啓発、教職員への防犯訓練など、個々の取り組みの充実を図り、総合的に安全性を高めていきたいと考えています。

登下校時の校門通過メールシステム導入につきましては、他都市の状況や費用対効果等の調査・研究をしていきたいと考えていますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 

(青少年教育課/078-918-5057)

→目次へもどる

 8 ゴミ収集時間について 

ゴミの回収が昼1時前後です。この暑い季節に何時間もむき出しで放置されています。我が家はマンションですが、ゴミ置き場に一番近い部屋で、最近ゴキブリが出るようになりとても困っています。今年生まれたばかりの息子がおり、衛生状態が心配です。つきましてはゴミの収集時間を早めて頂けないでしょうか。以前住んでいたところは、9時には回収されていました。勝手を言いますが、ご検討お願い致します。

回答

明石市内には4,000ヶ所以上のごみステーションがあり、限られた人員・車両・予算のなかで安全かつ迅速にごみの収集ができるよう、効率化を考慮して業務を行っています。通常は朝8時より収集を開始し、14時30分から15時頃まで収集作業を行っています。

また、ごみ収集車の積載量には限りがあります。すべてのごみステーションのごみを一度に積載することができればよいのですが、実際にはごみ収集車が収集現場とごみ処分場(明石クリーンセンター)を複数回往復して市内のごみを収集しています。複数回往復する必要があることから、すべての地域を同一時間帯でごみを収集することはできません。

ごみ収集車の増車というご意見もありますが、予算措置が必要となり、現在の市の財政状況では増車することは困難であります。

効率的なごみ収集を行うため、一回に収集するコースは、できるだけ移動距離が短くなるように地域を設定しています。個別のごみ置場、または地域の方より収集時間を早くしてほしいという要望もございますが、収集コースの中で特定の地域だけの収集時間を早めますと、全体のバランスが崩れてしまい、収集効率を著しく悪化させるだけでなく、収集が早くならなかった地域のごみ置場のマナー悪化を招くこととなります。

これらの事情により収集時間の変更に関する要望を受け入れることは出来かねますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 

(環境室収集事業課/078-918-5780)

→目次へもどる

 9 タコバスの件

タコバスが何分遅れているかをルートごとにリアルタイムで知りたいです。

回答

たこバスでは、たこバスナビというバスの現在地が分かるシステムを導入しておりますが、何分遅れているかを表示するシステムを構築するには、莫大な開発費用及び維持管理費がかかります。

たこバスは、現状多額の補助金を明石市より支出しており、補助金が大幅に増加するようなシステムの構築は困難でありますので、現在あるたこバスナビをご利用いただきますようお願いいたします。 

(都市整備室都市総務課/078-918-5035)

→目次へもどる

 10 子供のショートステイ費用について 

一般世帯の子どもや赤ちゃんのショートステイの料金が高すぎて、利用したくても諦めたり、遠慮したりです。

一泊二日が一万円を越えると、家計に大きな負担です。

 気軽に利用なんて、お金に余裕のある家でないとできません。

「高いお金を払ってまで子供を預けたいのか」と主人に文句を言われても言い返せないし、諦めて辛くても頑張らないといけないと思い詰めるしかありません。24時間つきっきりの母親や小さな子どもにとって、それは果たして良いことなのか分からないです。
「一般家庭でも所得によって金額が変わる」にしてほしいです。
月に一回利用でも年間12万は、かなりの痛手です。

運営費は分かりますが、「育児休息のために気軽に利用できる」といつも言ってくださるのが正直辛いです。 

回答

本市では、「こどもを核としたまちづくり」を推進しており、中学生までのこども医療費の完全無料化や第2子以降の保育料の完全無料化など、様々な取組を行っております。

子育て家庭ショートステイ事業につきましては国及び兵庫県の補助事業として運営を行っており、平成17年1月に兵庫県の事業見直しに基づき、現行の利用負担額と定まりました。

利用者負担としては、「生活保護世帯」「市町村民税非課税世帯・母子家庭・父子家庭・養育者家庭」「その他世帯」の3区分を設けており、「その他世帯」につきましては事業費単価の半分を利用者の方にご負担頂き、残り半分につきましては市が負担している状況です。ただし、ご指摘の通り「その他世帯」に属する2歳未満のお子さんがショートステイをご利用した場合、1泊2日で10,700円の利用料金が発生致します。当課としても決してご家庭にとって軽微な支出ではない事を認識しております。

平素より様々なご事情がある保護者のみなさまに、できるだけ心理的なご負担をお掛けしないよう事業をご紹介させて頂いているところですが、そのことにより辛いお気持ちにさせてしまいましたことについて、誠に申し訳なく思っております。

頂いたご意見をもとに、今後とも子育て家庭の福祉の向上に努めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。 

(子育て支援室子育て支援課/078-918-5097)

→目次へもどる

 11 図書館希望

魚住、明石駅前だけではなく大久保にも図書館を希望します。

回答

大久保地区への図書館の設置に関しましては、早急にご希望に添うことは難しいですが、その内容つきましては、今後の図書館運営を行うにあたり参考とさせていただきます。

貴重なご意見をありがとうございました。 

(政策室本のまち担当/078-918-5209)

→目次へもどる

  12 一人ぐらし老人への保健飲料配布について

週1回、一人暮らしの母のところに保健飲料を、配布してくれていますが、この頃化粧品を売りつけようとしてきます。毎週来てくれるので必要のないものを買っていました。これは禁止されてないのでしょうか。

回答

保健飲料の配布につきましては、お一人暮らしの高齢者を対象に週1回保健飲料を配布することにより、安否確認および健康増進を図る事を目的として、事業者に委託し事業を実施しております。

その中で、委託業務の処理上知り得た情報での営業行為等への利用を禁止しておりますが、このたびご連絡をいただき、事実確認を行うとともに、週1回の訪問時に、営業行為などの誤解を生じるような安否確認以外の行為を行わないよう、事業者に対し説明および指導を行って参ります。

(高年介護室高年福祉担当/078-918-5288)

→目次へもどる

13  二見人工島交差点付近の植え込みの草等が伸び放題の件について 

交差点付近の植え込みの草等が伸び放題で見通しが非常に悪く、それが原因の一端で工場の野球グラウンドの南東の交差点で人身事故が発生しております。

以上のことを踏まえて早急に交差点付近の草刈りを行い安全管理を行っていただくよう要望致します。 

回答

お問い合わせのあった箇所について、8月10日までには低木剪定、除草を予定しています。(雨天の場合、日程が延びる場合があります)

ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

14  ハピオス明石について

0~3歳の子どもを連れていて、ハピオス明石内の施設でおにぎりを食べようと思ったら座るところがありませんでした。

施設の方に館内で座れる所はあるかと尋ねたら、イベントが無ければ2階がそういったスペースだけれど、イベントがある場合は無いと言われました。
図書館等もあり年配の方等幅広く利用しているであろう施設なので、イベントをしていても座れるスペースを例え少しでも確保しておくべきなのではと思いました。

改善していただけると助かります。 

回答

あかし市民広場では、イベントが開催されていない場合、イス40席とテーブルを設置し、あかし市民広場をご利用いただく皆さんの憩いの場となるよう、努めているところです。しかしながら、明石駅前に立地し、たくさんの方が通行することから、イベント利用の人気が高く、年間の利用率が80%を超えており、テーブルとイスを設置できない日が多数ございます。

そのため、休憩をしたい方が少しでも座っていただけるよう、昨年、3人掛けのベンチを4基用意し、イベント開催の有無に関わらず常時2基を設置するとともに、イベントが開催されている場合は、残りの2基についても設置することで、憩いの場の確保に努めているところです。

しかしながら、あかし市民広場は、明石駅と魚の棚をはじめとした明石駅南側地区および、パピオスあかし内部を回遊する通路としてもたくさんの方に利用されていることから、通路の確保も安全のために必要となっており、これ以上のベンチの設置が難しい状況となっております。

この状況を少しでも改善できるよう、イベントを主催される皆様に対して、イベント内容に応じて会場内への、テーブルとイスの設置を働きかけており、一部のイベントでは設置をいただいているところです。

今後も、施設管理者を通じて、この呼びかけをしっかりと行い、ビルを利用される皆様やイベントに参加される皆様が、あかし市民広場を気持ち良くご利用いただけるよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

(シティセールス推進室シティセールス課/078-918-5263)

→目次へもどる

15  学校のプール解放について

幼稚園児の娘を連れて初めて明石海浜公園のプールに行ってきました。

非常に混雑していて、入場するのも遊ぶのも大変でした。

そこで夏季休業中の小学校の幼児プールが使えたらと思い、プールの一般解放を提案致します。

夏季休業中の幼稚園児と保護者に温かい支援をお願い致します。

回答

明石市では、夏期休業期間中に小学校プ-ルを活用し、校区の子どもたちにスポーツ及び健全な遊びの場を提供することにより、学校体育施設の有効活用並びに子どもたちの心身の健全な発育を図ることを目的とした小学校プール活用事業を実施しております。

利用対象者は、以下のようになっております。

当該校区の園児・児童・生徒のうち、次の者とする。

(1)成人が引率する校区内の団体が実施する行事としての参加者。

(2)運営団体が主催する行事への参加者。

(3)その他、運営団体が認める者。

プールを開放する日時等については、各小学校(受託団体)へお問い合わせください。

(学校教育課/078-918-5055)

→目次へもどる

16  山手台口交差点車線の規制について

大久保町山手台口交差点の東西方向の車線(東行き、西行きともに)に、ポール等による上下線を区分する規制をお願いします。

現在でも交通量は増加しているところだと思いますが、金ヶ崎方面への現在建設中の道路が開通した時には、さらに交通量の増加が予想されます。

現状でも、以下の問題点があり、交通量が増加するとさらに事故の危険性が高まります。

早急に対応いただきたいと考えます。

 

1 西行き車線の右折レーンに食料品店へ入ろうとする車が途中で停まっていることが多々あり、東方面から交差点を右折する車の妨げとなっている。

2 逆に食料品店から右折して出場(西行きに直進)する車が、右折レーンを横切っていくのも接触の危険を感じる。

3 赤根川右岸の道路から東行き車線へ右折する車が、右折レーンを横切るため、西方面から山ノ下方面へ右折する車の妨げとなっている。

回答

ご提案いただきました内容につきまして現地確認させていただきました。

食料品店への右折入店及び右折退店車両につきましては、ご指摘のありましたとおり接触事故等の危険性もあるため、同店舗に対して右折による入退店の抑制について協議させていただきます。

また、山手台口交差点西の南側道路からの右折車両の抑止対策につきましては、ポストコーンを設置させていただきます。

この度は、貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

目次へもどる

17  明石駅北の押しボタン信号について

明石駅北の信号が押しボタンだと気付かずに待っている方を見かけます。
中核都市の駅前の信号が押しボタンというのが恥ずかしいです。押しボタンを廃止するか、信号を撤去しては如何でしょうか。

回答

信号機については警察の所管になります。明石市からもいただいた意見を明石警察署にお伝えいたしますが、ご本人様からも明石警察署交通規制係(078-922-0110:代表)へ直接ご連絡下さいますようお願いいたします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

18  公立幼稚園エアコン設置希望

市内の公立幼稚園に子どもが通っております。

温暖化によって、年々気温が異常に高くなっており、この1学期も指数が高く、外で活動できない日もあったようです。


各保育室には扇風機があるのですが、体温調整が未熟な子どもにとっては過酷な状況なのではと心配でした。

先生方が暑さ対策をしてくださっているので、熱中症はまだ聞いてないですが、毎日汗だくになりながら真っ赤な顔をしている子どもたちを見ていると、いつか倒れてしまうのではと不安です。

動きが活発な幼稚園児です、ぜひエアコンの設置を前向きにご検討頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

回答

ご指摘頂きました公立幼稚園のエアコン設置につきましては、平成31年度からの3歳児保育及び預かり保育事業拡大に際して順次設置を進めているところでございます。園児の熱中症対策につきましても、幼稚園教諭による気温・湿度等の環境条件に配慮した内容の活動や、こまめに水分補給をし休憩を取るといった体調面の管理など対策を徹底しております。

明石市も園の運営状況を把握し、適切かつ円滑な設置に努めるよう整備を進めますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

(こども育成室/078-918-5093)

→目次へもどる

19  朝霧駅前の薬局ビルについて

薬局のビルを解体し、13階の建物ができると聞きましたが、工事の標識が人通りの少ないところにあって、誰も気づいてないようです。標識の場所を移動してください。

回答

正確な場所の特定ができませんので、朝霧南町にあるビルと想定してお答えさせていただきます。当該地の仮設店舗につきましては、既に建築確認がおりており、平成30年7月24日に現場を確認したところ、現地の見やすい場所に確認済の表示がされていました。

(住宅・建築室建築安全課/078-918-5046)

→目次へもどる

20  マンホールについて

マンホールにカラフルなイラストの円形プレートのようなものがつけられているものがあります。

見た目は良いのですが、雨の日は滑りやすくて危険です。豪雨の日に滑りそうになりました。歩行者だけでなく、自転車がスリップしたのを見た事もあります。
表面をざらつかせるとかしてください。

回答

ご指摘いただきましたマンホールは、平成23年に本市の下水道事業100周年を記念して、市民から応募いただいた28点の絵柄をデザインし、明石駅周辺50箇所に設置したものです。

様々なデザインを取り入れようとの試みで、一般の蓋と異なりデザインプレートによる仕様としましたが、滑りに関して一定の安全水準を確保した製品を設置しました。しかしながら、経年劣化の懸念があったことから設置から数年で全数調査を行い補修・取替を行ったところです。この度いただいたご指摘を受けまして、再度、設置した全箇所について調査し、取替も視野に入れた対応を行いたいと考えております。

今後とも、安全安心な施設の維持に努めて参りたいと考えておりますので、宜しくお願いいたします。

(下水道室下水道整備課/078-934-9628)

→目次へもどる

21  大久保駅南側ロータリーの鳥の被害について

大久保駅南側ロータリーですが、先月より鳥が増殖して、ふんや羽が多量に落ちています。鳥の糞や羽は、肺の真菌症の原因になり得るため、不衛生です。公共の場所での野生の鳥の繁殖には注意を払うべきと考えます。小学生の通学路でもあり、通行量は非常に多い場所です。ロータリーの木の葉を落とすなど早急に対応を検討ください。数年前はそれが著効し、鳥の数やふんの量が著減しました。毎年7月に対応いただくのが市民の健康を守る上で望ましいかと考えます。

回答

お問い合わせの件につきまして、現地確認の結果、鳥の糞が歩道上へ散乱している箇所と確認いたしました。

高木の剪定は、秋ごろに実施する予定です。それまでの間、歩道の清掃にて対応いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

22  教室へのクーラー導入について

小学校教諭の友人から、「普通教室には冷房がついたのに、特別教室(音楽室等)への設置が考慮されていない。特別教室に冷房がないために、その授業が嫌いになってしまう児童もいて辛い。また自分自身もその教室で作業することもあるが、暑くて倒れる寸前で体調に変調をきたす。私が倒れるのはともかく、児童のことも考えて、特別教室へも冷房設備の配備を強く要望したい」と伺いました。児童の健康だけでなく、先生の健康にも配慮していただければ、一市民として嬉しいです。

回答

特別教室への空調設備設置に関して、貴重なご意見、ありがとうございました。お問い合わせいただきました件に関して、返答させていただきます。
音楽室をはじめとした特別教室も含めて、児童が利用するすべての教室等への導入が理想とは考えますが、まずは児童が過ごす時間が長い普通教室を優先し空調設備の設置をすすめている状況です。特別教室等につきましては、各校での利用状況等を考慮しながら、検討して参ります。

(学校管理課/078-918-5197) 

→目次へもどる

23  西日本豪雨による海岸の漂着物の処理について

先日の豪雨により、海岸線には大量の流木などの漂着物が山のように溜まっています。
夏休みに入り、海岸利用者も多い時期です。
漂着物の撤去や処理をできるだけ早くお願いします。

回答

このたびの西日本豪雨による海岸の漂着物につきましては、利用者の多い海岸から撤去作業を実施しているところです。

市内全域にわたり大量の流木等が漂着しており、撤去にかなりの時間を要しますが順次対応してまいりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

(都市整備室海岸課/078-918-5042)

→目次へもどる

24  明石周辺の廃れた公園について

明石駅周辺が再開発され、最近はとても活気に富む明石ですが、子どもの遊ぶ場所である公園の整備や管理があまり良くないと思います。

昨今「子供が公園の遊具で怪我をする」という意見が多いそうで、安全な遊具を造り危険な遊具は撤去してくれるのはとても有難いです。自分の幼少期は確かに危険だが面白い遊具がありました。
明石市内では比較的面積が大きい明石公園は、とても整っていますが、ほかの公園は雑草が生え、子どもをあまり見かけません。もう少し公園の整備に力を入れて欲しいです。

具体的に挙げると、明石川下流付近にある川端公園です。子供が遊べる大きい面白い遊具を設置してほしいです。また、堤防を走って運動している人がとても多いので、健康器具などを設置するのもいいかもしれません。そしてグラウンドは雑草塗れですが、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどの球技ができるような設備が欲しいです。
野球のホームベースやネットはありますが、現状ではとてもいいグラウンドとはいえません。あとは公衆トイレですが、開かずのトイレなので1回も使用したことはありません。トイレも整備してほしいです。公園の設備、環境を強化していただけると嬉しいです。

回答

明石市では、老朽化した遊具について、必要に応じて撤去や修繕等を行っておりますので、何かお気づきのことがあれば緑化公園課までご連絡ください。また、面白いと感じる遊具が減ったとのことですが、遊具を安全に利用してもらうために、遊具の設置や製作で厳しい基準が設けられていることから、設置できる遊具が限られてきてしまっているのが現状です。

さて、ご意見を頂いた川端公園について、順番に回答します。

まず、公園の整備についてですが、近隣にある明石川沿いの緑地にベンチ等の健康器具を設置しているほか屋根のついた休憩施設を備えておりますので、幅広い年代の方に親しんで頂けるのではないかと考えています。子どもが遊ぶことを対象としている遊具については、川端公園に複合遊具やブランコがありますので、是非多くの子どもに利用して頂き、地元の公園に愛着を持ってもらえると嬉しく思います。川端公園の西側グラウンドは、市内の公園の中でも比較的広いことから、野球やサッカーをはじめとした球技を楽しんでいただけるのではないかと考えています。

公園に生えている雑草の件ですが、緑化公園課が管理している公園は必要に応じて、除草を実施しています。日常の清掃や草刈など、身近な公園の維持管理を目的として結成された公園愛護会がある公園については、公園愛護会に可能な範囲で清掃、草刈にご協力いただいています。

最後に公園におけるトイレについてですが、比較的規模の大きな公園に限り、トイレを設置しているところです。公園のトイレは誰もがいつでも安心して利用できることが重要ですが、一部の利用者により、トイレの設備にいたずらをされたり、鍵が壊されるなど、安全の確保に苦慮している面があることから、全ての公園にトイレを設置することは難しいと考えています。川端公園については、トイレが設置されているものの安全確保のため、常時使用できる状態ではありません。しかし、公園愛護会がトイレの鍵を管理していることから、地域における活動など必要に応じ使用しているところです。
今後も何かお気づきの点がございましたらご連絡いただけると幸いです。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039)

→目次へもどる

25  とき

市制100周年記念事業夢会議という議事録を拝見しました。明石公園関係にくらべ、時のまちや歴史あるまち関係は具体例が少ないように思います。

時のまちのアピールとして、LED光線で夜空に浮かぶ子午線、というのはどうでしょう。子午線の線を見てみたい、と思う子どもたちは多いのではないでしょうか。
日没後数時間、光線を天文科学館の時計台から南北方向と、例えば中崎公園あたりに高いポールを立ててそこからも南北に、光線が1本に繋がるよう青色光ビームを水平投射するというのはどうでしょう。

回答

明石市は、平成31年の市制100周年に向け、記念事業の企画検討を進めております。100周年記念事業は、市民の皆さま、企業、行政等が一体となり、市全体を挙げて取り組んでいきたいと考えています。

「海」「食」と並び、「時」「歴史」も明石が誇るべきたからものであると認識しております。100周年の機会に、これら明石のたからものを市民の皆さまに再認識していただき、市外にも広く発信していきたいと考えておりますので、ご提案いただいた手法なども参考にしながら、100周年記念事業の検討を進めてまいります。

(市制施行100周年記念事業推進室/078-918-5280)

→目次へもどる

 

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102