ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成30年5月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2021年9月7日

 平成30年5月意見の要旨と回答

  1. 博物館横のエレベーターについて
  2. アイドルグループの誘致について
  3. 自転車の歩道通行について
  4. 東播磨地域観光PR動画に対する市長コメントについて
  5. 大久保町松陰の細い道路に関する要望
  6. 国道2号明石駅前の車両駐車
  7. 野良猫の餌付けの件
  8. 武蔵野市のように移住したい市に
  9. 防犯カメラ
  10. 課室入口等に掲示している職員座席表について
  11. 性文化やそれに近いもの等に関連することについての意見と市への要望
  12. 駐輪禁止場所への駐輪について
  13. 魚の棚商店街
  14. はしかの予防接種について
  15. 面会交流及び共同養育について学校においてできること
  16. 新たな明石市のアピールポイント
  17. バス運転手の喫煙について
  18. 西二見緑地グラウンドについて
  19. あかし動物センターの対応について
  20. 憲法改正国民投票制度について

 1 博物館横のエレベーターについて

博物館横のエレベーターの終了時間が少し早いように思います。利用している人もかなり多く、夜11時ぐらいまで延長してほしいです。

回答

ご要望頂いた博物館横のエレベーターの運転時間については、現在午前7時00分~午後9時00分までの運転となっております。 
これは、設置当初に地元の自治会と協議のうえ決定しております。 
ご利用されている皆様におかれましては、夜間の利用も多いかと存じますが、防犯上の観点も踏まえて、時間帯を決定しております。 
ご理解を頂きますよう、よろしくお願い致します。
 
※本案件については、隣接する階段や急な坂道の代替施設として必要であり、そのほかにも要望を頂いていたことから、その後地元の自治会とも再度協議を行い、9月3日(月曜日)より終日ご利用いただけるよう対応を進めております。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

 2 アイドルグループの誘致について

来春のコンサート開催地が募集されています。詳しい内容はHPをご覧いただければお判りいただけると思いますが、ぜひご検討いただきますよう願います。

回答

2019年は、明石市制100周年の年にあたるため、現在、記念事業の企画を検討しているところです。

ご意見のアイドルグループにつきましては、全国的にも非常に著名であると認識しており、過去に他市で実績があることは把握しております。

過去の実績によると、メンバーの1人がPR大使を務めているゆかりで開催されたものや市が主催ではなく、後援する形で開催されたようです。

本市におきましても、100周年事業に関しましては、明石にゆかりのある人物を活用したPRを実施したいと考えており、今回の公募に対し、市の事業として応募することは難しいと考えております。

著名人が行うライブや講演等によるPR効果は大きいと考えられますので、今後、事業展開していくうえでの参考とさせていただきます。

(シティセールス推進室シティセールス課/078-918-5263)

→目次へもどる

 3 自転車の歩道通行について

高丘の町内や明姫幹線をランニングしています。歩道を走りますが、無謀な自転車が多く、困っています。
道交法では自転車は車道を走ることになっています(17条1項)。例外(63条4項)は認められていますが、歩道を走る自転車がこのことを分かっていないと思います。
歩行者の横を全力でペダルを踏んで通る、見通しのきかない場所でも歩行者に注意しない、電子機器を操作しながら走る、下り坂を猛スピードで通る、歩道を塞いで横四列で走る、などです。
市内で自転車と歩行者の事故の状況はどうなっているのでしょう。このまま放置すれば死亡事故などが起こっても不思議ではありません。市として、何か対策をお願いできないでしょうか。
自転車に対する啓発、条例による取り締まりなどを希望します。よろしくお願いします。

回答

自転車のマナーが守られていないことは市も認識し、啓発の重要性を重く感じています。

これまで本市では、スタントマンが模擬交通事故を再現し、事故の怖さを感じながら通行ルールやマナーを学ぶ「スケアート゛・ストレイト教室」を市内すべての高校で開催するほか、中学校や自治会など地域に出向き、明石警察署と連携のもと交通事故の発生状況など具体を交えた講話や、リーフレット、DVDといった教材を用いた交通安全教室を年間約100回、約12,000人の市民を対象に開催しているところです。

また、兵庫県では「自転車の安全で適性な利用の促進に関する条例」が平成27年4月1日に施行され、全国に先駆けて自転車の損害賠償保険等の加入が義務化されるなど、本市のみならず兵庫県下全域で自転車対策に取り組んでいるところです。

さらに、自転車と歩行者の重大な事故も多く報道され、兵庫県警も取締りの強化を図っているところです。

今後も引き続き警察署と連携を強化しながら、自転車ルールとマナーの向上に努めて参りますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

なお、今回いただいたご意見は、明石警察署にお伝えし、自転車をはじめとする交通違反の取り締まりの強化をあらためて要望いたしました。

(道路安全室交通安全課/078-918-5036)

→目次へもどる

 4 東播磨地域観光PR動画に対する市長コメントについて

東播磨地域が両隣の市と比較して観光地としてマイナーなため、PRし盛り上げ、知っていただく機会として制作された動画と言うことは一目でわかりました。

内容にしても、そんなに目くじらをたてて怒るような内容でもないと思います。

兵庫県としては、明石市ひとつじゃいつまでたってもメジャーになりそうにもないから、東播磨一括りにしてコンテンツを増やして何とかしてみようとのお考えかと思いました。

明石市単独でないのは残念ですが、方法としては、非常に効果的な方法だと思っています。

「明石市民・東播磨市町民のためにどうすれば良いのか」をよくよくお考えになって、明石市・東播磨の発展に貢献できるよう、努めて下さい。

出身地である明石・東播磨、ひいては兵庫県がこれからもっとメジャーになり、「神戸」のように誰もが知る事になるよう、遠くの地から期待し、楽しみにしています。

回答

東播磨県民局が制作しました動画配信の停止の件につきましてお答えいたします。

この動画につきましては東播磨県民局が独自で制作したものであり、本市の意向を汲んでいただき、県民局の判断におきまして配信を停止いただいているものと理解しております。

明石市においては、明石海峡の速い潮流と豊富なエサで育った「明石鯛」や「明石だこ」などに代表される「水産物」は全国的にも認知されているとともに、一昨年のB-1グランプリスペシャルでもゴールドグランプリを受賞した「あかし玉子焼(明石焼)」は、市民はもちろん全国の皆様に愛される明石が誇る食文化の1つになっております。また、この他にも日本標準時となる東経135度子午線が通る「時のまち」や明石城を中心に城下町として栄えた「歴史のまち」としても知られております。

こうした中、本件動画につきまして、明石市や明石観光協会に事前に相談もなく、明石市の意向とは異なる内容で、一方的に動画が配信されたことにつきまして遺憾であると考え、本市のシティセールスや観光PRの方向性をお伝えさせていただいたところです。

様々な意見をいただいておりますが、今後につきましては、都市間競争が激化する中で明石の魅力を積極的に発信していくとともに、首都圏でのPRなど、東播磨地域がまとまって取り組んでいくテーマについては、これまで以上に連携してまいりたいと考えております。

以上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(シティセールス推進室シティセールス課/078-918-5263)

→目次へもどる

 5 大久保町松陰の細い道路に関する要望

大久保町松陰の、明石北高校の南から畑の中を南下しパン工場に至る細い道路について、この道を抜け道として使う車が頻繁に通行し、かなりのスピードで走る車も多く、自転車で登下校する高校生や地元の歩行者が危険にさらされています。

許可車両のみ通行可とするのが一番の策ですが、せめて南向きまたは北向きの一方通行にして
いただきたく、ご検討のほどよろしくお願いします。

回答

許可車両のみ通行可、一方通行などの交通規制は、警察の所管になります。

つきましては明石警察署交通規制係(078-922-0110:代表)へご連絡願います。

また、市からもいただいた意見を明石警察署にお伝えします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034)

→目次へもどる

 6 国道2号明石駅前の車両駐車

明石駅付近の国道2号線で、朝夕のラッシュ時に一車線をふさぐ形でバス(路線バスではない)やワンボックスが駐停車しています。ただでさえ交通量が多い時間帯であり、渋滞に拍車をかけています。時間帯を変えるか、別の場所に移動を促すか、対策をとってほしいです。

回答

国道2号の道路管理につきましては国土交通省兵庫国道事務所明石維持出張所(078-928-5820)、交通管理につきましては明石警察署が行っております。

明石市からもいただいた意見を明石警察署にお伝えいたしますが、ご本人からも明石警察署交通規制係(078-922-0110:代表)へご連絡くださいますようお願いいたします。

(道路安全室道路整備課/078-918-5034 )

→目次へもどる

 7 野良猫の餌付けの件 

近所にお住いの方が野良猫に餌付けしており困っています。

最近、また猫が増えています。

西側敷地で餌付けをされている様子です。その敷地が明石市の公有財産であれば草ぬき等をした上でフェンスか仕切り板等の設置を要望致します。

回答

ご相談いただきました事案につきましては、担当職員がお住いの方への面談を行い、今後の対応等についてご理解をいただいたところです。

本市といたしましては、近隣住民の生活環境に支障をきたすことが無いよう現状を踏まえ、今後も状況に応じてご相談等対応してまいりたいと考えております。また、西側の敷地は公有財産ではありません。ご理解の程よろしくお願いいたします。

(環境室あかし動物センター/078-918-5797)

→目次へもどる

 8 武蔵野市のように移住したい市に

よくある話、自治会が押し付け合いトラブルの元となっています。

話題の武蔵野市のように、市が主体となりゴミ、清掃最低限の
ミニマム組織に出来ないものでしょうか。
PTAも時代にあってませんよね。

回答

明石市では、住みよい地域づくりを進めるため、また、いざという時に助けあえるように地域の人と人のつながりを大切にするためなど、自治会・町内会の役割が重要であると考え、自治会・町内会への加入促進を行っているところでございます。

そのような中、地域との関わりは必要最低限(ゴミステーションの設置、一斉清掃等)でよい、地域活動への参加が負担であるなど、ご相談を頂くこともございます。

コミュニティ推進課では、自治会・町内会の運営等に関する相談窓口として、地域の実情に応じ、個別に対応させていただいているところでございます。

また、「明石市連合まちづくり協議会」においても自治会部会を設置して、市と連携し、自治会の課題や困りごとをどのように把握し、解決していくかを検討するなどの取り組みを行っているところでございます。


PTAにつきましては、保護者と教職員が協力して、家庭、学校園、社会での園児・児童・生徒の健全な育成を図ることを目的として活動している団体です。PTAや地域の方が協力して実施する、あいさつ運動やスクールガード活動等を通じ、子どもの安全を見守る取り組みを行っていることからも、PTA活動の重要性を認識するとともに、活動に対するご理解とご協力をお願いしているところでございます。 

(市民協働推進室コミュニティ推進課/078-918-5004)

→目次へもどる

 9 防犯カメラ

昨今の事件、事故を踏まえ、義務教育の通学路への防犯カメラの設置を希望します。

回答

通学路をはじめ街中に設置する防犯カメラについては、県が実施する防犯カメラ設置補助事業や市が実施する地域まちづくり交付金、商店街等への補助により、地域団体等が防犯カメラを設置するための支援を行っており、市内の防犯カメラ設置箇所数は年々増加しています。

また、市においても、駅前広場や駅自由通路、規模の大きい公園など、市が管理する施設のうち、防犯上効果が見込まれる場所を選定し、防犯カメラの設置を進めていますが、プライバシーへの配慮等、設置場所について慎重に検討する必要があり、また、将来にわたる維持管理費用等を含めて費用対効果についても検証しながら設置を進めていく必要があると考えています。

子どもたちの安全な通学の確保については、スクールガードをはじめとする地域の見守りや青色防犯パトロール車によるパトロールといったソフト施策と合わせて進めていくことが重要と考えますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(総合安全対策室安全管理担当/078-918-5069)

→目次へもどる

 10 課室入口等に掲示している職員座席表について

窓口対応を受けても、説明があやふやでいい加減な対応がある。

どういう立場で対応しているのかを明確にするため、課室入口等に掲示している職員座席表について、職員の身分毎(正規職員、アルバイト、派遣等)に色分けして欲しい。

回答

課室入口等に掲示している座席表につきましては、来庁時に円滑に対象職員をお尋ね頂けるよう掲示しており、白黒印刷では分かりにくい部分もありますが、職名についても記載しているところです。

また、窓口対応につきましては、必要に応じて内部研修を行うなど、役職や身分で応対内容が異なることのないよう、引き続き能力の向上を図って参りたいと考えておりますので、ご理解くださいますようよろしくお願いします。

(職員室職員担当/078-918-5006)

→目次へもどる

 11 性文化やそれに近いもの等に関連することについての意見と市への要望

関連する課で情報共有することを希望します。

コンビニの成人誌のように、青少年に配慮されていないことが日常生活の中でたくさんあると思います。青少年を有害な図書や情報、犯罪から守るために様々な試みがなされているのは知っていますが、その取り組みの多くは、どうやって青少年に見せないようにするか、関わらないようにするかという取り組みだと思います。

それよりもどうやって減らすかということの方がさらに重要で根本的な改善策だと思います。

最近のアニメやゲームには、驚くほど性的な描写や表現が使われています。青少年の健全な育成を阻害していると思います。
県や市、区が連帯して、そういったものを地域で作らせない、流通させない、行わせないようにする条例を制定すべきだと思います。違反者には重い罰則が科せられるような条例を定めるべきだと思います。

回答

青少年の健全な育成については、本市においても様々な取り組みを行っているところでございます。

引き続き、地域社会全体で青少年の健全育成と保護に取り組んでまいります。

今回いただきましたご意見につきましては、庁内システムに登録し庁内で情報共有をさせていただきます。 

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

  12 駐輪禁止場所への駐輪について

大久保にある大型商業施設での駐輪禁止場所への駐輪ですが、あまりにもひどいのでメールいたしました。
中には横断歩道に原付きを乗ったまま入ってきて、駐輪禁止場所へ平気で止めている人もいます。

回答

お問い合わせいただきました大型商業施設の駐輪禁止場所は、明石市の管理地ではなく、私有地になります。

そのため、頂きましたご意見につきましては、当該土地を管理している施設管理者へお伝えいたします。

なお、明石市では大久保駅周辺を放置禁止区域に設定しており、放置自転車等の取り締まりを行っております。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 

(道路安全室交通安全課/078-918-5036)

→目次へもどる

13  魚の棚商店街

大阪の商店街と比べて店員の態度が悪いと思います。買うと言っていないのに商品を勝手に袋に入れ始めたり、ほかの店見てからあとから帰ってくると伝えたら「そんなこと言って帰ってくる人はいない」と言われたり不愉快になることが多い。明石のイメージが悪くなる。市のメンバーで他県他地域の商店街を視察して魚の棚の改善につなげてもらいたい。

回答

ご指摘いただいた件については、魚の棚商店街で商売を行う方々に対して、市民提案箱を通じてご意見があったことをお伝えさせていただきました。

(産業振興室産業政策課/078-918-5098)

→目次へもどる

14  はしかの予防接種について

1978年生まれの市民で、はしかの予防接種を1回しか受けていません。

はしかの予防接種は2回受けなければ効果がないと聞きました。市で予防接種の助成をしてほしいです。 

回答

大変申し訳ありませんが、現時点では市の助成制度の予定はありません。

なお、抗体の有無については、抗体検査(自費)で確認できますが、2回接種することでほぼ100%抗体が獲得できるとされておりますので、接種歴が1回の方には、自費となりますが追加接種をお勧めいたします。

その他、ご不明な点等ございましたら、下記までお問合わせください。
何とぞよろしくお願いいたします。

(あかし保健所保健予防課/078-918-5668、FAX/078-918-5441)

→目次へもどる

 15  面会交流及び共同養育について学校においてできること

明石市の学校に対し、離婚等により子どもと別居する親について、下記の要望項目について学校現場に対応を指導してください。

また、学校の教職員に対して、離婚等による子どもとの別居について、子どもには両親からの愛情が必要であることを研修してください。

 「要望項目」

 1 緊急連絡先の登録

 2 授業参観、運動会などの学校行事の参加の権利

 3 親権者として、保護者会等の先生との意見交換の場を持つ権利

 4 通知表や日常の配布物を受け取る権利

 5 親としての面談を受ける権利

回答

本市では離婚前後のこども養育支援について取り組んでおります。
学校現場との連携を図るため、取り組みの内容や理念を周知していきたいと考えております。

本市は平成30年4月に中核市に移行し、教員への研修の大部分について市の教育委員会が実施することになりました。

これを受けて、オリジナルの研修として、「こどもを核としたまちづくり」を進める市の施策を学ぶ機会を設ける予定です。

この度頂戴したご意見をもとに、よりよい取り組みが実施できるように検討を進めてまいりたいと存じます。

ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

(市民相談室/078-918-5002)

→目次へもどる

 16  新たな明石市のアピールポイント

先日、新聞で、ジャイアント馬場夫人が逝去されたことに伴い、納骨を明石の本松寺に合同埋葬することにより、お二人の永眠の場所となったことが報道されました。
明石市をアピールするため、馬場夫妻のゆかりの地として打ち出すことを提案します。

具体的には

(1)昨年度新潟市で開催された「G馬場回顧展」を文化博物館で開催すること

(2)明石には馬場氏が建立したの「震災の碑」やお墓、お二人のなりそめの場所などがあります。
ロードマップにしてたくさんの方々に明石を観光してもらうこと

(3)来年度馬場氏逝去から20年になります、産業文化会館においてメモリアル試合を行う等々。

40代以降の中年男性にとって馬場氏はアントニオ猪木氏同様カリスマ的なスターでありました。

たくさんの昭和プロレスファンが「ロードマップ」片手に馬場夫妻ゆかりの地に足を運ぶのではないかと思われます。

本とおさかなと「馬場夫妻ゆかりの町」明石を全国的にアピールすることを提案させていただきます。

回答

ご提案のとおり、故馬場さんはプロレス入団前に所属していたプロ野球球団のキャンプ地が明石であったこと、その際、奥様の明石出身の故元子さんと明石の地で出会われたと認識しております。

阪神淡路大震災の時もご支援いただき、また、県立明石公園内に故馬場さんが中心となり震災の記念碑を建立するなど、明石とのつながりは深く、本市には大変ゆかりのある重要人物であると認識しております。

また、6月には本松寺に納骨されるとの報道もございました。

ご提案の(1)につきまして、故馬場さんは巨体を生かした16文キックで人気を博したプロレス界のスターであり、明石におけるPR効果は大きいと考えます。

文化博物館等で事業展開していく上で、今後、参考とさせていただきたいと思います。

(2)(3)につきまして、予算面や政策面、関係者の意向などございますので、すぐに取り組むことはできませんが、いただいたご意見を参考にしながら、明石市における貴重な財産として有効に活用できるか研究をすすめてまいりたいと考えております。ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

(シティセールス推進室シティセールス課/078-918-5263、文化・スポーツ室文化振興課/078-918-5607) 

目次へもどる

17  バス運転手の喫煙について

明石駅のバス乗り場で、伊川谷駅行きのバスに乗車しようとしたところ、運転手さんがバス停にバスを止めるなり前扉から降りて、目の前にある喫煙所でタバコを吸い始めました。
休憩中ならともかく発車待ちの際に、わざわざ車外へ出て来てタバコを吸うのはあまりにも常識が無さすぎるのではないでしょうか。
バス停の目の前に喫煙所があるのもどうかと思います。風向きによっては、バスの車内に煙が入ってきます。以前はタクシー乗り場の横にも喫煙所がありましたが撤去され、バスのりばの喫煙所が広くなりました。
このバス停は免許試験場や更新センター、高校や大学に通う学生で混雑する乗り場です。受動喫煙を防ぐ意味でも閉鎖してほしいと思います。
閉鎖が無理でも、バスの運転手さんの喫煙は止めさせてもらいたいです。
バス会社に指導、改善をお願いいたします。

回答

昨今の「健康増進法の一部を改正する法律案」を受け、市民の皆様の受動喫煙に対する関心が高まり、「喫煙所の設置場所や形状」「喫煙所からのたばこの煙や臭い」についてのご意見やご要望を多数頂いているところです。

タクシー乗場の脇に設置していた喫煙所につきましては、駅前広場の中央に位置するとともにパピオスあかしの正面玄関前であったことから、多くの方々が往来される中、喫煙所の周囲でたばこを吸われる方が多数いらっしゃり、歩行者と接触し火傷などの被害が生じかねない状況になっていたため廃止したものです。この廃止に伴い、ご指摘の喫煙所(明石駅前西側喫煙所)の規模を拡大した次第です。

ご存じのとおり、たばこは嗜好品であり、成人の方に対し喫煙を禁止する法律はございません。そのような中、兵庫県では「受動喫煙の防止等に関する条例」を定め、公共交通機関等については、建物内の公共的空間のみ規制対象としており、駅前広場などの屋外については規制の対象範囲となっておりません。

本市としましても、明石駅など多くの方が利用される駅前広場については、喫煙者のご協力により喫煙施設を除く路上等での喫煙防止に取り組み、「たばこを吸う人にとっても、吸わない人にとっても安全で快適な駅前環境」の実現を目指しております。

既存施設のあり方等についても検討しておりますので、ご理解頂きますようお願いします。

(環境室環境保全課/078-918-5030)

平素は、交通政策事業につきましてご理解を賜り、誠にありがとうございます。

お問い合わせいただきました件につきまして、民間バス会社に状況および今後の対応について確認いたしました。民間バス会社からの回答は下記のとおりでございますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。


この度は、弊社乗務員の喫煙マナーに対する配慮が欠けていたことにより、ご利用のお客様へご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。

弊社としても、喫煙後すぐ乗務に就く行動はマナーやモラルに欠けるものであったと考えております。弊社では、労使協定により2分前着車以前は乗務員の休息時間と定めておりますが、天候等の状況によっては乗務員の判断で早めに着車を行い、お客様にご乗車頂く場合がございます。乗務員に対し、たとえそういった時間であっても喫煙マナーには細心の注意を払うように掲示・声掛け等の周知をより一層強化していく所存でございます。

これからも、時代に即した乗務員の教育を継続していくとともに、乗務員への喫煙時マナーの周知強化に努めていきますので、今後とも当社バスをご利用いただきますようお願い申し上げます。

 

当市といたしましても、乗務員のマナー改善につきまして、運行事業者に働きかけを行ってまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(都市整備室都市総務課/078-918-5035)

→目次へもどる

18  西二見緑地グラウンドについて

西二見緑地グラウンドに土を補充していただきたい。

回答

5月21日に現地を確認し、土を補充する必要があると判断したため、当課公園管理事務所に作業を依頼し、5月25日に真砂土2立方メートルを補充し作業は完了しました。

(都市整備室緑化公園課/078-918-5039)

→目次へもどる

19  あかし動物センターの対応について

子猫を保護し動物センターに連絡すると、野良猫の子猫ならば親猫が近くにいるはずなので放しておくようにとのことだった。

ホームページを見る限り、子猫は引き取り手を探すように思えるが、実際は殺処分を視野に入れての引き取りだそうだ。やむをえない場合以外の殺処分はしないとうたっているが、実際はそうではないようだ。

多額の税金を使って、中核市にふさわしい設備は整えたようだが、困っていると訴えても殺処分を前面に押し出して、引き取りを拒否しているようにしか聞こえなかった。

それなら、ホームページにもそのように明記しておいてほしいし、このセンターの存在意義はどこにあるのか疑問に思えてならない。

回答

本市では「人と動物の共生によるぬくもりとやすらぎのあるまち 明石」を目指し、動物に対する理解や命の大切さを伝える普及啓発を行い、動物を飼っている人も飼っていない人も、動物と共生できる社会の実現を目指しております。

この度の野良猫の子猫についてですが、子猫の週齢にもよりますが、近くに親猫がいる可能性が非常に高く、親猫は、子猫にミルクを与えたくても人が居て近寄れない場合があります。また、親猫は子猫に狩りを教えるなど、その子が独り立ちできるまで面倒を見ます。

子猫を見つけた方から、かわいそうだからと思って安易に触って人の臭いを付けてしまうと親猫は警戒して育児放棄する場合もあります。しかし、本当に親猫がいなくなっている場合もあり、様々な状況が考えられることから、まずは少し見守ってあげることが必要であると考えております。

動物センターで引き取った子猫については、出来る限り譲渡できるよう努力をいたしておりますが、全身衰弱、感染症にり患している場合などは譲渡に向かないと判断し、最悪の場合は処分もあり得ると言うことは、必ずお伝えして了承を得て引取りを行っております。ご理解の程よろしくお願いいたします。

(環境室あかし動物センター/078-918-5797 )

→目次へもどる

20  憲法改正国民投票制度について

今や日本国民全体の大きな課題に成った憲法改正について、他の自治体の様に憲法改正についての国民投票制度をしっかり周知する取り組みをして頂きたい。宜しくお願いします。これは市に対する市民からの重要な要望です。

回答

国民投票制度は、国民が憲法改正に関して最終的な意思決定をするための重要な制度であり、国において、総務省のホームページで詳細な内容の情報提供が行われているところです。

明石市においても、日本国憲法の改正手続に関する法律(憲法改正国民投票法)施行時においては、窓口にてチラシやパンフレットを設置させていただいたところです。今後、具体的な国民投票の実施に併せて、国や県と調整しながら、明石市においての実施方法、投票所等の内容を適宜適切に周知してまいりますので、よろしくご理解いただきますようお願いいたします。

総務省HP(外部サイトへリンク) 

(選挙管理委員会事務局/078-918-5062)

→目次へもどる

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102