ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成28年12月 意見の要旨と回答 

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

 平成28年12月 意見の要旨と回答

  1. 年末年始のごみの受入業務に関する要望
  2. 明石駅前スケボー被害の件について
  3. ゆりのき通南公園への鉄棒設置
  4. 明石川清掃
  5. 6月10日の時の記念日を祝日にすることについて
  6. 「医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)」の市民への広報周知について
  7. 詐欺対策について
  8. 原発避難児童のいじめについて
  9. パピオス明石前のタクシー乗り場横にある喫煙スペースについて
  10. 差別の解消と子育て家庭を移住させるための提案
  11. 要望

  1 年末年始のごみの受入業務に関する要望

平成28年度年末年始のごみ受入業務に関し、平成28年12月31日(土曜日)午後8時まで、
平成29年1月3日(火曜日)午前10時~12時、平成29年1月4日(水曜日)通常通りの受入を要望します。

回答

年末年始の受入業務につきましては、大掃除等に伴うごみ量の増加に対応するものとし、年末は12月30日(金曜日)まで平常業務を行い、年始は1月4日(水曜日)から平常業務を行うこととしていますが、12月31日(土曜日)につきまして、魚の棚商店街及び卸売市場等の営業がある実態に鑑み、可燃ごみの越年を最小限に止める必要から、一般廃棄物収集運搬許可業者による可燃ごみに限り受入時間を午後8時まで延長することにより対応するものとします。

また、年始につきましても、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等から排出される可燃ごみの腐敗による悪臭等を防ぐため、1月3日(火曜日)は可燃ごみに限り午前10時から12時まで受入業務を行うものとします。 

( 明石クリーンセンター/078-918-5790 )

→目次へもどる

 2 明石駅前スケボー被害の件について

良い開発をありがとうございます。老若男女、障害者問わず住みやすくなりました。
ですが、大蔵海岸の多目的広場は、サッカーしかできず、多人数が集まるときは、多目的広場以外にもテントを設置し、近隣の方が利用しにくいです。
運動器具などの近くのトイレ付近では将棋をする方たちに占領されて他の人が利用ができません。
カフェやコンビニなどをした方が利用人数が増えると思います。
スケボーは我が国でのオリンピック競技なのにスケボーパークなどの広場が無く街中でする人がいます。。
しっかりした管理のもとでスケボーパークを運営すれば、スケーターへの教育にも繋がります。
明石の少年がしっかり運動できる環境を作りストレスを発散させ良い街づくりに繋げてください。
三木市にもスケボーパークありますので参考にしてください。よろしくお願いします

回答

大蔵海岸多目的広場の利用につきましては、ご指摘の通り、サッカー、フットサルが中心となっておりますが、現在は、より多目的に利用いただけるよう毎週月曜日のグラウンド・ゴルフデーや平日昼間に親子向けに開放するフレンズデーなどを実施しております。

また、サッカー大会開催時には、参加チームのテント設営場所を別に設けており、できるだけ一般の方の利用に妨げにならないように配慮はしているものの、参加者が多いときにはご不便をおかけしており申し訳ございません。

次に、公園内での将棋は禁止行為ではありませんが、多くの方が気持ちよく利用できるように努めてまいります。

今後も、より多くの方々に大蔵海岸で快適に過ごしていただけるように努めてまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

(海岸課/078-918-5042)

スケートボードパークについて、スポーツ振興課から回答いたします。

スケートボードは、2020東京オリンピックの開催種目に採択され、競技への関心が高まりつつあるなか、愛好者の方々にはモラルやマナーも求められていると考えます。

本市では、二見町南二見の明石海浜公園内にスケートボード練習場を設置しておりますが、小規模なものでもあり、今後とも利用者のみなさまの意向を踏まえつつ、充実等に努めさせていただきたいと考えています。

なお、スケートボードパークにつきましては、近隣では三木市にありますが、初心者から上級者までがそれぞれの技量に応じて使用できる施設や設備が必要となり、整備には相当の費用等が見込まれます。また、整備後の安全管理やランニングコスト等も考慮しますと、新たな整備は困難と考えています。

市民のみなさまには、スポーツとしてのルールやマナーを守って、スケートボードに親しんでいただきますよう、よろしくお願いいたします。

(スポーツ振興課/078-918-5624)

→目次へもどる

 3 ゆりのき通南公園への鉄棒設置

大久保駅南に住んでいる小学生です。家の近くに鉄棒がありません。空中逆上がりの練習をしたいのに困っています。
是非とも設置していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

回答

ゆりのき通南公園への鉄棒の設置について次のとおりお答えします。

緑化公園課では、公園に既にある遊具を更新する場合は、地域から要望を伺い、遊具の種類を決定して更新しています。

新しく遊具を設置する場合については、地域からの要望を受けて、必要と判断した場合に設置しています。

当公園においては、明石市内にある公園では比較的珍しいネット遊具やトランポリンがあることから、公園を利用する多くの方々に満足して頂いていると考えております。

そのため、現在のところ、鉄棒を設置することは考えておりません。今後、自治会等、地域からの要望がありましたら検討させて頂きます。

なお、お近くなら福田3丁目公園に鉄棒がありますので、よろしければそちらもご利用ください。

これからも、市民の皆様に安全安心で快適に公園を利用していただけるよう努めてまいりますので、ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。 

( 緑化公園課/078-918-5039)

→目次へもどる

 4 明石川清掃

我々市民は明石川からの水を普段飲んでいますが、取水口より上流は神戸市内のため、市民自身の手でより清らかにしようという機運が盛り上がらないのか、そう思っても行動に移しづらいのはもどかしいです。

そこで市が音頭をとり、神戸市と協力して、市民から参加者を募り、清掃活動の少ない流域から、年に一、二回のペースで明石川清掃をしてはどうですか。

回答

明石川は県が管理していることから、頂きましたご意見を県の管理部門にお伝えします。

( 環境総務課/078-918-5029 )

→目次へもどる

 5 6月10日の時の記念日を祝日にすることについて

先日、明石市制100周年記念夢会議を傍聴しました。

平成31年に迎える100周年に向けて、是非実現をしていただきたいことがあります。

それは、「6月10日の時の記念日を祝日にすること」です。

このことについては、以前、天文科学館でフォーラムが開かれたり、議会でも話し合われたりしたと聞きました。
海の日や山の日があるので、時の日もあってよいと思います。
明石市は、子午線のまちであり、天文科学館は全国33か所のプラネタリウムとの交流等があることから、明石が中心となって発信していくことは大変効果的であると思います。 

回答

時の記念日の祝日化については、「時」をテーマに東経135度の日本標準時が通るまち明石の魅力を発信している「明石・時感動推進会議」が2年前に「時の記念日祝日化運動推進委員会」を立ち上げ、議会への請願や祝日化の機運を高めるグッズの作成など、さまざまな活動が展開されているところです。

市としましては、祝日化の実現には、法律の改正が必要であることから、国民全体の盛り上がりにつながるよう市民レベルでの継続的な取り組みが必要であると考えており、上記の民間団体の取り組みなどと協調し、引き続きPR等に努めてまいりたいと考えております。 

(政策室/078-918-5010)

→目次へもどる

 6 「医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)」の市民への広報周知について

平成29年1月1日より医療費控除の特例制度が開始されることに伴い、従来の医療費控除に該当しない場合であっても、薬局等で購入した医薬品の年間購入金額が一定額を超えた場合に、所得税や住民税の申告をすることで税負担が軽減されることになります。
しかし、一般市民はこの制度が始まることを全く知りません。

1月から医薬品購入の領収書を大切に保管する必要があるので、市民にわかりやすい方法で周知すべきです。

わざわざ市ホームページを開いて確認などしません。
早急に関係課が連携して対応すべきです。 

回答

ご指摘のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)につきましては、国において平成28年地方税法等の一部を改正する法律が3月31日公布されたことに伴い、本市においても12月に市税条例の規定整備を行ったところです。

これをうけ、平成28年12月に本市ホームページに平成30年度税制改正のお知らせとして、制度の概要をすでに掲載しております。

また、広報あかしにセルフメディケーション税制について掲載する予定ですので、
よろしくご理解賜りますようお願いします。 

(税務室市民税課/078-918-5014 )

→目次へもどる

 7 詐欺対策について

悪質商法特殊詐欺がまだ明石市内で横行していると聞き、もっと市は明石警察と連携を取って、詐欺対策を強化していただきたいと思います。
詐欺のお金は暴力団の資金源になっているとニュースで聞いたので、特に詐欺対策に力を入れてほしいと思っています。
特殊詐欺は手口が巧妙になっており、より一層詐欺にあわないような防犯の対策が必要です。
市職員は高齢者のお宅訪問をもっとやるべきだと思います。
市は詐欺犯撲滅のために防犯対策をもっと強化してほしいと思います。

回答

悪質商法特殊詐欺に対してご意見を頂きありがとうございます。  

高齢者を狙う特殊詐欺の代表例として『振り込め詐欺』がありますが、『振り込め詐欺』にも、『オレオレ詐欺』、『架空請求詐欺』、『融資保証金詐欺』、『還付金等詐欺』など多くの種類の詐欺の手法があり、今回ご意見頂いたように手口が巧妙になっています。明石市としましては、明石警察・防犯協会・他関係機関と合同で、市内の相談内容、発生状況や犯罪の手口について定期的に情報共有のための会議を開催し、市役所に振り込め詐欺等の相談があった場合は、相談者の許可を得て、相談内容について警察機関に情報提供するとともに、相談のあった地区を中心に、市役所所有のパトロール車の放送設備を活用し、広報活動・注意喚起を実施しています。

また、事前の予防策として、地域に出向き振り込め詐欺なども含めた防犯講座を各地域で行い、参加者から各地域の付近住民の方々に注意喚起をして頂くよう依頼するとともに、市職員が高齢者宅訪問する際には注意喚起並びにビラ配布を行うようにしています。

今後も明石市としましては、各関係機関と随時連携をしながら、被害防止に努めてまいります。 

( 総合安全対策局/078-918-5069)

→目次へもどる

 8 原発避難児童のいじめについて

全国で東京電力福島第一原発事故から避難して来た小中学生の子供がいじめの被害にあって困っているといいます。

神奈川県横浜市でいじめのほかに暴力行為と恐喝で小学生が何百万円も脅し取っていたことに
本当に腹が立っています。
福島第一原発事故は事故を起こした東京電力が第一の責任者であるのに、避難者の子供がいじめの被害にあっているのは人権侵害であり許されないことです。
明石市の小学校や中学校で児童がいじめの被害にあっていないか徹底的に調べてください。

いじめ自殺なんて悲惨なことは二度とあって欲しくはありません。

回答

原発事故による避難児童に対するいじめを心配される手紙をいただき、ありがとうございます。

早速確認をしましたところ、現在、当市には避難指示区域からの転入生はございません。

( 児童生徒支援課/078-918-5096 )

→目次へもどる

 9 パピオス明石前のタクシー乗り場横にある喫煙スペースについて

パピオス明石前のタクシー乗り場横にある喫煙スペースについて改善を希望します。

なぜ、駅前広場の一等地、市民スペースや魚の棚への玄関口の前に設置したのか、設置意図がありましたらお聞かせ下さい。

現在の簡易的なついたてでは、スペースより煙が漂い、駅前スペース一帯が煙草の臭いが気になる状態となっています。

喫煙場所を定めた事により、そこに煙が集まり、より印象強い状態となっています。

このままでは、せっかく新しくなった明石駅前の第一印象が「煙草の煙が気になる場所」となってしまい、延いては明石全体のイメージの悪化につながります。
過去の意見への回答で、野外では、屋根のついた構造物は建物となり設置が難しいと拝見しました。

ついたて以上の構造が難しく、また、設置場所について合理的な理由が無い場合は、

「まわりが人の導線となっていない場所に移設する。」

「パピオス明石内のスペースを貸借し、完全に密閉された空間とする。」

「撤去する。」

等の具体的対策を希望します。
また、「スペース外で喫煙する」「歩き煙草」「ポイ捨て」などの行為も引き続き目立ちます。

喫煙防止・マナーアップ運動を行っているとの事ですが、現状、改善されているようには見受けられません。

喫煙者の自浄能力に期待できないようでしたら、もう一段階上の対応として、明石駅一帯を喫煙禁止区域に指定し、過料を科すなどの事項も検討すべきかと思います。 

回答

本市では、たばこを吸う人にとっても吸わない人にとっても、安全で快適な駅前環境の実現を目指し、駅周辺での喫煙を禁止せず、喫煙者のマナー向上を推進することとし、明石駅周辺での喫煙防止・マナーアップ運動を実施しています。

この運動は、歩きたばこや路上喫煙がたばこのポイ捨て等の駅前環境の悪化に繋がることから、駅周辺に喫煙防止・マナーアップ区域を設定し、喫煙所を設置するとともに、喫煙者のマナー向上のための啓発活動を行うことで、歩きたばこや路上喫煙を防止し、駅前の美化、たばこによるやけどの危険防止等を図るものです。喫煙所を設置したことにより、歩きたばこやたばこのポイ捨てが大幅に減少しており、喫煙所を撤去すれば、駅周辺での歩きたばこやポイ捨ての増加が懸念されます。

ご指摘の喫煙所につきましては、平成25年12月に設置していたもので、この度の駅前の再開発により、現在の場所に再設置したものです。

今後も啓発パトロールを継続的に行い、喫煙者のマナー向上に努めてまいりますので、ご理解頂きますようお願いします。 

(環境総務課/078-918-5029 )

→目次へもどる

 10 差別の解消と子育て家庭を移住させるための提案

いろいろな差別をなくしたり、困っている方を支援する、何事にも先進的な明石市でありながら、PTAだけ入会申込書なしの強制加入なのが不思議でなりません。

インターネットを見ても、法律学者やいろいろな方が、任意団体なのに申込書もなく強制加入するのはおかしいと言っています。

保育所の定員を増やしたり第2子を無料にしていますが、それよりもPTAを入りたい人だけ入会申込書を提出する、親がPTAに入っていなくても子供が差別されないというのを徹底した方が、子育て家庭が明石市にたくさん移住してきます。

自分もそんな市が近隣にあれば移住したいです。このような人は多いと思います。 

回答

PTAは、児童・生徒の保護者と教職員で構成する自立的な組織であり、互いに連携し、協力しながら家庭や学校、地域での教育の振興に努め、子ども達の健全な育成を図ることを目的としています。

教育委員会としましては、子どもたちを取り巻く社会環境が著しく変化しているなか、学校・家庭・社会の懸け橋として長年にわたる活動実績を持つPTA活動は、年々その重要性が高まっていると認識しており、また関係者の皆様のご尽力に深く感謝しているところです。

保護者の皆様におかれましても、学校と家庭や地域をつなぎ、子ども達の健やかな成長を支えるPTA活動に引き続きご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

なお、今回いただきましたご意見につきましては、明石市連合PTAを通じ、幼・小・中学校のPTAにもお伝えし、保護者の皆様の個々の状況に応じてより適切な配慮がなされるよう、お願いをしてまいりますので、何とぞご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。 

(青少年教育課/078-918-5029 )

→目次へもどる

 11 要望

JR線各踏切の歩行者通路幅が狭い箇所の拡幅工事をお願いします。

JR大久保駅東側踏切の歩行者通路幅を以前は30cmだったのを60cmに広げたと言っているようですが、大して変わりません。危険極まりないと感じました。
高齢者、乳母車を押している親たち、そして踏切を利用する多くの老若男女、自転車、自動二輪利用者の気持ちを考えて、多くの命を守るために、年度内に整備をお願いします。

本踏切以外のJR線及び山陽鉄道の踏切も市長様、関係部署様、市議の皆様と同行調査の上、早急に整備願います。

JR西明石高架歩道に多くのタバコの吸殻やゴミが散乱しています。年内に清掃願ます。
良い正月が迎えられるようにお願いします。

回答

JR踏切の拡幅について次のとおりお答えします。

明石市内には、合計52箇所の踏切があり、その内訳は、JR踏切が17箇所、山陽電気鉄道踏切が35箇所あります。また、平成27年度には山陽電鉄連続立体交差事業により9箇所の踏切を除却したところです。

道路と鉄道とが交差する踏切につきましては、必要性に応じ拡幅等の構造改良を行うとともに、危険性が高く、また利用の少ない踏切については、除却や通行規制等により機能の縮小に努めて参りました。

JR板額踏切につきましては、自動車や自転車等通行量も多いことから、市に対しても改善を求める声が多く寄せられています。市としましては、当該踏切の東西に位置する、八木松陰線と福田大窪線の整備に取り組み、板額踏切の交通の分散を図る対策に取り組んできたところです。

また、JRに対しても安全対策を要請し、自動車と歩行者等の分離のため外側線を設置するとともに、道路管理者においても、前後道路のセンターラインを消去し、自動車の速度抑制を図るなどの対策を行ってまいりました。

今後の対策ですが、今年度末に八木松陰線の谷八木工区が完成することにより、国道2号と国道250号及び県道明石高砂線が幹線道路で結ばれることとなり、板額踏切の交通量が軽減することが期待されるところです。

また、踏切施設の改良により遮断時間を減少させる対策も考えられることから、課題解決に向け、JR西日本と継続して協議したいと考えています。

なお、JR板額踏切以外の踏切については、対策の必要性、緊急度等を総合的に判断し、順次、対策を検討いたしますので、ご理解賜りますようお願いいたします。
(道路整備課/078-918-5034)


JR西明石高架下歩道の市の管理部分につきましては、年内に現場を確認のうえ清掃しました。同じくJR西明石高架下歩道で県の管理している国道250号につきましては、兵庫県の加古川土木事務所道路第2課へ連絡いたしました。(道路管理課/078-918-5033)

→目次へもどる

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102