ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成28年9月 意見の要旨と回答 

ここから本文です。

更新日:2020年3月2日

 平成28年 9月 意見の要旨と回答

  1. 市政運営について
  2. 水害発生時の避難所
  3. 中学校のエアコン設置の件
  4. 禁煙
  5. 明石公園前の柳の木について
  6. 防災対策について
  7. 野々池貯水池沿いの歩道について
  8. 明南町南公園の剪定について
  9. 西明石5丁目緑地の剪定について

  1 市政運営について

広報あかし(9月1日号)に第2子以降の保育料無料化の件が掲載されていましたが、明石市は最近、子育て支援ばかりに力を入れています。偏った市政運営をせず、高齢者や子育ての終わった私達40代、50代に対する支援にも力を入れてほしいです。

回答

本市は、市民に最も近い基礎自治体として、あらゆる世代が安心して暮らすことができるまちづくりを進めるなど、市民サービスの向上に努めているところです。

これまでも、高齢者、障害者をはじめ、すべての人に優しい歩道のバリアフリー化や、市内各戸へのハザードマップの配布、地域での防犯教室や防災訓練、また浸水対策などの都市基盤や生活環境の整備をはじめ、さまざまな分野において、あらゆる世代の暮らしやすさの向上につながる施策の実施を進めてきています。

こうした取組を進める中、とりわけ、こどもの総合支援については、平成23年からスタートした第5次長期総合計画に基づき、重点的な展開を行っており、近年、全国的に人口減少が加速し、多くの自治体で人口が減少していく中、本市では総人口がV字回復し、3年前から人口増が続いており、とりわけ20代後半、30代のファミリー層の転入増加傾向が続いています。

このようなよい流れを確かなものとすることで持続可能な地域社会の形成につながるよう、今後も総合計画のまちづくり戦略に掲げる「子どもの健やかな育ちで、みんなの元気を生み出す」に沿って「子どもを核としたまちづくり」を積極的に進めるとともに、さまざまな分野で市民一人ひとりに寄り添った施策を実施していきます。

こどもに優しいまちは、高齢者、障害者のみならず、あらゆる世代にとって優しく暮らしやすいまちだと考えられます。今後も、あらゆる世代の誰もが住みたい、住み続けたいと実感できる住みよい地域づくりを行っていきます。

このたび頂きましたご意見も踏まえ、これからも更なる市民サービスの向上をめざしてまいります。

( 政策室/078-918-5010 )

→目次へもどる

 2 水害発生時の避難所

北王子町の避難所は王子小学校となっていますが、台風12号接近時の自治会からの通知には「明石川が決壊すれば、王子小学校のグランドが水没するため、自宅の二階に避難するように」とのことでした。
近くにある兵庫県立大学の体育館は二階建なのに、なぜ避難所に指定されていないのでしょうか。
提携できていない理由を明確にして、速やかに提携していただきたいです。

回答

明石市では災害時の避難所として市立の小中学校を指定し、災害発生時や避難情報発令時には、ご自宅や発災時にいる場所から一番近い避難所(小・中学校)へと避難していただくこととしております。

台風の接近により明石川の水位上昇が見込まれる場合には、避難情報の発令前から王子小学校を自主避難所として開設する予定であり、避難情報発令後も引き続き避難所として避難者を受け入れますが、明石川の氾濫により浸水の危険性があると判断した場合には、校舎や体育館の2階以上に誘導をさせていただくこととなります。

なお、河川の氾濫による避難については浸水想定区域外への避難が最良となりますが、夜間や既に浸水がはじまっている場合等には屋外に避難することの方が危険な場合があるため、自宅等の2階へ避難する垂直避難をご案内しております。

兵庫県立大学につきましては、市と災害時の応援協定を締結しており被災者支援や救護活動等において協力関係にありますが、明石川氾濫時の浸水想定区域内にあるため、避難所としての利用は現時点では検討しておりません。

( 総合安全対策局/078-918-5069 )

→目次へもどる

 3 中学校のエアコン設置の件

中学校にエアコンが設置されると聞き、やっと涼しい教室で集中して勉強に取り組めると喜んでいました。
しかし、夏休み中に設置されたにもかかわらず、11月まで使用できないという事でした。なぜ、この暑い時期に使用を禁止するのか理由を教えてください。
少しでも早く使用を開始し、勉強に集中し、体調の悪い子を出さないようにしてください。 

 回答

本年度の中学校のエアコン設置工事については、授業の妨げにならないよう夏休み中に教室内に室内機及び配管等の設置工事を行い、2学期には教室外でガス等の動力引き込み及び室外機設置工事等を行っているところです。今後、11月中に工事を完了し、その後に使用開始を予定していますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。

なお、運用時期については、原則として夏季が6月から9月まで冬季は12月から翌3月までと考えています。 

( 学校管理課/078-918-5197 )

→目次へもどる

 4 禁煙

児童公園にたばこポイ捨て禁止の看板があります。ベンチ周りは喫煙場所になっています。
公園は全面禁煙が当然ではないでしょうか。

回答

このたび、いただきました「禁煙」に関するご意見につきまして、市の公園を管理しています緑化公園課より次のとおりお答えします。

明石市では、公園において他人に迷惑をかける行為又は危害を及ぼすおそれのある行為を禁止しており、また市全域において、たばこやごみのポイ捨て等を禁止しておりますが、喫煙そのものを禁止してはいません。

しかしながら、すべての公園利用者が気持ちよく安全に過ごせるよう、公園内での喫煙については、喫煙設備を設置していないことや、子どもが近くにいる場合には危険なこと、また、受動喫煙を防止する観点からも、一律に禁止とはしていないものの、利用者のマナーとして、状況によっては喫煙を控えていただきたいと考えております。

今後も、市として喫煙マナーの向上や啓発に取り組み、みなさまに安全、安心で快適に公園をご利用いただけるよう努めてまいりますので、どうかご理解くださいますようよろしくお願いいたします。 

( 緑化公園課/078-918-5039 )

→目次へもどる

 5 明石公園前の柳の木について

明石公園のお堀にある柳の木が伸びきっています。通行の際、顔に当たって危ないです。直ちに切っていただきたいです。

回答

ご連絡いただきました柳の木については、管理者が兵庫県ですので、明石市より兵庫県加古川土木事務所道路第2課に対応をお願いしました。

(道路管理課/078-918-5033 )

→目次へもどる

 6 防災対策について

市議会建設企業常任委員会を傍聴しました。
市長は市民の命を守る責任があるのに、防災対策に全くお金をかけていません。
ゲリラ豪雨、大型台風で北海道や東北、九州四国地方でも大きな被害が出ています。
明石市に大型台風が来たらどうなるのか本当に心配です。
大型台風が頻繁に来る今、防災対策は昔以上に、しっかりとやって欲しいです。

回答

昨今の気象状況ではゲリラ豪雨や台風の大型化に不安を感じておられると思われます。市では、降った雨をすばやく排除するための雨水管整備などハード対策を行っております。
又、それ以外にもスクリーン清掃などの日常管理・点検をはじめ、台風の進路予想などを逐次確認しながら事前に準備できることは準備し、台風の接近時も即対応できる体制をとっております。
しかしながら、自然を相手にすることですので、残念ながら人間ができることには限界があり、行政で対応できることばかりではございません。激しい雨や強風の時には早めの避難や外出を控えるなど、市民一人ひとりの対応も重要になってまいります。

少しでも不安をとりのぞけるよう、市民の安全のため、安全なまちづくりを進めていきたいので、ご協力方よろしくお願いします。 

(道路管理課/078-918-5033 )

→目次へもどる

 7 野々池貯水池沿いの歩道について

明石南高校側の野々池貯水池にあがる坂道から、たこバスのバス停2箇所付近を含む、沢野1丁目の階段までの歩道に雑草が生い茂っています。
通学路でもある為、通行に支障が生じる時もあり困っています。
年に1~2度ではなく2ヶ月に1回くらいの割合で草刈りをお願いします。

回答

道路管理課では、通行に支障のないように道路の維持管理に努めております。

しかし、この度ご連絡いただいたように市内一円の道路管理が行き届かないところがあります。こうした通行に支障が生じた場合、連絡いただけましたら対応いたしますのでよろしくご理解くださいますようお願いします。

(道路管理課/078-918-5033 )

→目次へもどる

8  明南町南公園の剪定について

フシ゛が繁茂し過ぎているので剪定してほしいです。

回答

現地確認を行い、9月15日にフジの剪定作業を実施しました。

(緑化公園課/078-918-5039)

9  西明石5丁目緑地の剪定について

西明石5丁目緑地の剪定、除草を行なってほしいです。

回答

現地確認を行い、9月26日に剪定、除草作業を実施しました。

(緑化公園課/078-918-5039)

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102