ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成28年7月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2020年3月2日

 平成28年7月 意見の要旨と回答

  1. 「源氏物語」に関連したイベントの実施について
  2. 保護猫カフェ図書館(室)の設置希望
  3. 職員採用について
  4. 市民活動支援について
  5. ごみ収集時刻の繰り上げについて
  6. 縦割り行政の是正について
  7. 幼稚園・遊歩道の樹木について
  8. 障害者利用料金の明示
  9. 大久保インター近くのファーストフード店周辺 
  10.  高丘西公園のヘ゛ンチ屋根について

  1 「源氏物語」に関連したイベントの実施について

源氏物語の作品の朗読などの活動を行っている方がおり、その企画を天文科学館でできませんか。

その方の出演が無理であれば、源氏物語とからめて何か天文科学館で実施できませんか。

回答

天文科学館では貸館事業を行っていないため、個人主催のイベントは行っておりません。

源氏物語については、源氏物語が完成してから1000年目にあたる平成20年に、源氏物語のゆかりの地である明石と月をテーマにした「源氏物語と月の世界」のプラネタリウム投影を行ったところです。

既に年度内のイベントは全て決定しておりますが、今後、テーマや話題性が合えば源氏物語を題材にした天文講演会やプラネタリウム投影等を検討したいと考えています。

(市立天文科学館/078-919-5000)

→目次へもどる

 2 保護猫カフェ図書館(室)の設置希望

世間では猫カフェが人気です。また、保健所に引き取られた猫の譲受人を探す、保護猫カフェというのもあります。
明石市も中核市になると保健所をもつことになるので、保護猫の譲渡先を探す必要が生じます。
一方、最近はカフェのある図書館が人気です。
そこで、新しく出来る駅前図書館の一部を区切って、保護猫カフェ図書室にすることを提案します。
図書館に猫目当ての来館者が増えることが期待でき、保護猫の譲渡もできます。

回答

明石市では、平成30年4月に中核市への移行を目指しており、それに伴い、(仮称)明石市動物愛護センターを新たに整備し、犬猫の殺処分ゼロを目指して様々な施策を進めたいと考えております。例えば、動物愛護団体などと連携することにより、収容した犬、猫の譲渡を進めることなど、具体的な取組みやその推進体制について、これから検討を進めていくところでございます。

なお、いただきました御提案につきましては、今後の事業運営の参考とさせていただきます。

(中核市準備室/078-918-5259 政策室/078-918-5010)

→目次へもどる

 3 職員採用について

明石市は、社会人枠等独自の採用活動をされており注目しています。
市の施策として福祉に力を入れていると思われますが、その施策を実現していくうえでの、人材育成はどのようにお考えなのでしょうか。
福祉に力を入れている割には、任期付や嘱託等非正規職員で対応されているように見受けられます。
新規正規職員採用では、福祉専門の職員の採用を考えていただきたいです。中核都市になれば、ますます福祉専門の人材育成が量、質ともに必要だと思います。

回答

本市では、市民に最も身近な基礎自治体として、とりわけ、こども、高齢者及び障害者など、福祉分野で支援が必要な方々に対して、必要な支援がしっかりと行き届く環境づくりを進めているところです。
福祉専門の人材につきましては、平成24年度から高度な知識、能力及び経験を有し、専門機関と円滑な交渉や調整を行える専門職が必要と考え、障害施策担当や社会福祉士等の積極的な採用を行っており、今年度は、さらに2名の福祉職(社会福祉士及び精神保健福祉士)の採用を行ったところです。
また、一般行政職につきましても、福祉に関する知識や経験等を踏まえ、専任職として、福祉部署に2名を配置しているところです。
今後も、専門職と一般行政職が連携して業務に当たることなどにより、福祉に関わる人材の能力向上、育成に努めていく考えですので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

( 職員室人事課/078-918-5006)

→目次へもどる

 4 市民活動支援について

私は、市民活動団体に所属しています。
駅前開発に伴う再編でアスピアの7~9階の今後について、市民活動支援の方向で3年前より話し合いの場を持ってきました。
市民活動支援については、10年来話が出ては潰れるの繰り返しになっています。
地域を支えている皆さんや市民の力を高める明石らしい市民活動支援の拠点をなんとしてもスタートさせたいと思っています。
明石市民の念願の拠点が、少数の考え方で潰されるようなことがあってはならないと強く思っています。少数の反対意見より黙々と地域でがんばる多数の声無き声を拾っていただきたい。
是非、これまでの10年に及ぶ長年の経緯を踏まえ、市長の建設的な判断がなされることを希望しています。

回答

平成29年度に再編を予定しております明石市生涯学習センター・男女共同参画センターにつきましては、生涯学習や市民活動などに取り組む市民の皆様の活動がさらに広がるよう、支援機能の充実を図ってまいりたいと考えております。
これまでにも、市民の皆様から市民活動センターの機能などについて、ご意見をいただいてまいったところですが、さらに意見交換会などを通じ、利用者の皆様のご意見を伺いながら、よりよい施設の運営・事業実施に努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。

( 市民協働推進室/078-918-5004)

→目次へもどる

 5 ごみ収集時刻の繰り上げについて

ごみの収集時刻が午後になっており、ごみステーションに出したごみが長時間収集されないことから、カラスがごみを撒き散らす被害が出ています。
地域としても生ごみを内側にしてネットをかけること、カラスの巣の除去、散乱したごみの清掃を行っていますが改善に至っていません。
これまで市担当部署に相談しましたが、限られた人員と車両でごみ収集を順番で行っていることから収集時刻を早めるのは難しいと説明を受けています。
しかし、上記のような状況を改善するため、業者委託を拡大し人員・車両を増やし、短時間でごみ収集を実施していただきたいです。
財務部門は、これにかかる必要な予算措置を行っていただきたいです。
また、カラス対策の効果的な方法があるのであれば実施していただきたいです。

回答

明石市には、市内で約4,000箇所のごみステーションがあります。与えられた人員、車両、予算のなかで、市内すべてのごみの収集を安全かつ迅速に終了することのできるよう、効率化を考慮して業務を行っており、通常は朝8時より収集を開始し午後2時30分~3時頃までには収集を完了しています。
業者委託の拡大については、従前より随時に実施しておりますが、短時間でごみ収集を実施することを目的とした委託ではなく、市直営から民間業者に業務をスライドし委託するものです。ご指摘をいただいたように、短時間でごみ収集を実施するとなると、どうしても人員・車両の確保が必要となり委託料が増大しますので、ごみ収集に係る予算の増額が必要となるため、現在の市の財政状況を勘案すると実施は難しいと考えております。
なお、十分な大きさのカラス除けネットでごみ袋全体を隙間なく覆って使用されている場合でカラス被害が発生するのは、現地を確認するかぎり、カラス除けネットの上に置いた後出しのごみ袋が荒らされているケースがほとんどであります。カラス対策の効果的な方法につきましては、いまのところ地域の皆さまでカラス除けネットを適正に使用していただくしかないと考えております。

(収集事業課/078-918-5780)

→目次へもどる

 6 縦割り行政の是正について

市役所内の組織間の連絡および意思統一がうまくいっていないように見受けられます。
例えば、野々池の堤防の刈り込みを行っていて、付近の市道に雑草が生い茂って歩行もままならない状態であっても、放置したままという場合があります。
部局間の情報の共有に一層の取り組みを切望します。

回答

市では、ご意見にございます道路、貯水池をはじめ、公園、学校など様々な施設を有しております。施設の維持管理につきましては、事業を所管する各施設管理者が実施しており、必要に応じて除草なども行っているところです。また、各部署が独自に実施するパトロールや市民モニターを通じて、他部署の管理施設に関して改善が必要な点を確認する場合がありますが、このような場合は相互に情報提供し合うなど部局間の連携を図っております。

しかし、市の所有する施設は多数あり全てに行き届いた管理は難しく、市民の方のご指摘により、除草や補修などを実施する場合もございます。

いただきましたご意見につきましては、庁内システムにて職員に周知し、より一層の情報共有に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。 

(市民相談室/078-918-5050)

→目次へもどる

 7 幼稚園・遊歩道の樹木について

昨秋に、幼稚園・遊歩道の樹木(くすのき)の枝刈りを行っていただき、一時風通しが良くなったのですが、現時点は、昨夏と同じ状態になっています。
そもそも、住宅地に近いところの並木や生垣には、背の低い樹種にすべきであるのに、広大な公園などに植えるべき、くすのきを植えたことに問題があるのではないでしょうか。
樹種の変更または幹の先止めで成長を止めるなどの対策をお願いします。 

回答

当該地にクスノキを植えていることにつきましては、住宅地から6m程度離れた場所に植栽されており、良好な状態を維持することができるスペースを確保していることから、特に問題はないと考えています。

また、幹の先止めにつきましては、上方への生長を抑制することにより、枝葉の成長を促し、逆に見通しや風通しが悪くなることが考えられます。

今後も現地確認をし、剪定が必要な場合は対応させていただきます。

長年、市民をはじめ、小学校及び幼稚園の児童等を見守ってきたこのクスノキをこれからも大切にしていただければと考えています。

(緑化公園課/078-918-5039)

ご指摘いただきました、幼稚園敷地内の樹木につきましては、28年3月末に短く剪定をしております。現場で樹木の状況を確認しましたが、夏場に剪定しますと樹木に負担がかかるため、剪定の実施は昨年同様、秋以降とさせていただきますのでご理解の程、お願いします。
(こども育成室/078-918-5093)

→目次へもどる

 8 障害者利用料金の明示

市ホームページを見ると、明石海浜プールの利用料金には障害者利用料金が明記されていません。
割引は無いのかもしれませんが、子供料金を明記することが当たり前であるように、介護人を含め、障害者利用料金も明記すべきではないでしょうか。障害者は電話で料金を聞く必要が出てしまいます。
障害者配慮条例を定めておられますが、障害者が必要としている配慮ではないでしょうか。
文化博物館の観覧料を見ると、障害者本人の料金は記載されていますが、介護人は明記されていません。
新着情報を見ると別途記載されていますが、分かりにくいと思います。
天文科学館の観覧料は本人及び介護人について記載されており、分かりやすいと思います。 

回答

明石海浜プールの入場料は、障害のある方について減免の規定がありますが、ご意見のとおり、明石海浜公園ホームページにはその取り扱いが記載されておらず、ご不便をお掛けしていました。このたび、天文科学館ホームページにおける記載を参考に、明石海浜公園ホームページの明石海浜プールのページ(http://www.akashi-kaihin.jp/競技種目別ポータル/プール/)に減免の取り扱いを明記しました。

(緑化公園課/078-918-5039)

 

 

ご指摘のとおり、文化博物館のホームページについて、障害者手帳等をお持ちの方の介護者の方の料金が分かりにくい場所への記載になっていましたので、できるだけ分かりやすい場所に記載するよう改めさせていただきました。また、今後ともより分かりやすいホームページになるよう検討してまいりますので、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
(文化振興課/078-918-5607)

 

→目次へもどる

 9 大久保インター近くのファーストフード店周辺 

大久保インター近くのファーストフード店周辺で、屋外で遊ぶスマートフォン向けゲームと思われるゲームをしながら歩き回る人が多くいます。
急に車を停車させる者や、自転車に乗りながらしている者もいます。
また、ここは神戸市と明石市の警察管轄区域の境目であるためか、暴走族が多数います。周辺の治安が悪くなっているように感じます。
取り締まりを市から警察に要望してください。

回答

この度いただいたご意見を踏まえ、交通安全対策のさらなる強化について市から明石警察署に要望をいたしました。今後とも、警察署と連携しながら、交通安全対策に取り組んでまいります。

( 交通政策室交通安全課/078-918-5036)

→目次へもどる

10  高丘西公園のヘ゛ンチ屋根について

野球のヘ゛ンチの屋根支柱が腐食しているため確認してほしいです。

回答

すぐに現地を確認し、「修理中」の看板を設置しました。その後、業者へ安全対策と修繕を依頼し、8月1日に修理を完了しました。

(緑化公園課/078-918-5039)

 

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102