ホーム > 市政情報 > 広聴制度 > 市民提案箱 > 意見と回答 > 平成28年6月 意見の要旨と回答

ここから本文です。

更新日:2020年2月12日

 平成28年6月 意見の要旨と回答

  1. 朝霧駅前再整備事業について
  2. 朝霧駅前ロータリーの整備
  3. 水たまりの解消依頼
  4. ノラ猫に餌やりの件
  5. 放置ボートについて
  6. 望海浜公園の立て看板について 
  7.  街灯の電球交換について(お礼の電話)
  8. 明石市要望いろいろ
  9. 野良猫について
  10. 中核市移行に伴う動物愛護センターの施策について
  11. 自治会等掲示板設置等への補助金について
  12. 平日の業務について
  13. 道路及び水道管などについて
  14. 明石川東側に捨てられる釣針について
  15. 歩道の整備
  16. 4か月検診における男性への差別的発言について
  17. PTA活動について
  18. 高丘西公園の除草について

  1 朝霧駅前再整備事業について

朝霧駅前の再整備事業は地元の住民としても完成に大きく期待が膨らんでいます。しかし、工事が止まってしまっているように思えます。
バス停留所の時刻表や案内は仮設の看板のままで、照明も工事用のライトを使い、植栽は未だなく土が盛られていて雑草が生えている状況です。
確か昨年度で工事は終了する予定だったと思います。
明石市の「東の玄関口」の整備という事だったと思うのですが、これでは「東の玄関口」と胸を張って言えないのではないでしょうか。
今年度予算案の中には朝霧駅前の整備の予算がついていなかったように思います。補正予算を組んで整備を進められないのでしょうか。
市長にも現状を視察していただきたいです。一日も早い事業の完成を願っています。

回答

ご指摘のとおり、朝霧駅前の整備としては、バス停留所の時刻表や案内、照明、植栽等が残っており、明石市の今年度予算としても朝霧駅前の整備費は計上されています。一方で、明石市の道路事業は、国からの交付金を含めて賄われており、ここ数年、特に交付金等の財政的制約が厳しく、円滑な事業実施が困難な状況で、事業推進に苦慮している状況です。今年度においても、残った事業すべてを完成させることが難しいことから、安全面などから優先順位を決めて事業実施を進める予定です。温かいメッセージに心より感謝しますとともに、引き続き、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

(交通政策室道路整備課/078-918-5034)

 →目次へもどる

 

私は、朝霧駅を利用しています。
1東側歩道が広くなりましたが、歩道の中に電柱、郵便ポスト、路上トランスがあり、障害者の方に危ない状況です。
2東側歩道をどうして広くする必要があったのですか。駅の西側から北に行く人が不便だからとの事ですが、東歩道を広くせず、タクシー溜りとバス溜りの間に横断歩道をつければいいのではないでしょうか。
3無電柱化工事との説明にもかかわらず、東側歩道に電柱が残っています。歩道の真ん中にポスト、工事が済んだにもかかわらず変な場所に作られた路上トランス、計画のミスか関係機関の連絡・調整不足だと思います。
4路盤を全体的に20センチ程低くしましたが、本当に必要だったのでしょうか。税金の無駄遣いのような気がします。
5今後どう対応するつもりでしょうか。
6この工事をするにあたって、住民の意見を聞いたのでしょうか。駅前に工事説明の看板を立てて、意見を聞いたのでしょうか。職員の方の独りよがりの感じがします。

回答

1について
東側歩道については、ポスト、路上トランス等を避けたルートに視覚障害者誘導ブロックを設置し、ロータリー入口交差点の横断歩道から朝霧駅改札口まで誘導することとしています。

2について
朝霧駅前広場は、鉄道利用客のバスやタクシー乗換等を行う交通結節点としての役割を担っています。その中で、多くの利用者の交通安全面を考えた結果、一般車・バス・タクシーを分離し、さらに車と歩行者の錯綜を防ぐため、以前に駅前広場内を分断するよう設置されていた横断歩道を廃止することといたしました。これにより、歩行者の方には以前に比べて迂回するルートとなったため、ご不便をお掛けしておりますが、可能な限り大回りにならないよう東側歩道を広げ、利便性と安全性の両立を図れるよう計画いたしました。

3について
無電柱化事業(電線共同溝)は、新しく整備する歩道の下に事前に管を埋設しておき、関係する電線管理者(電気通信会社)が、上空の電線を地中配管内へ配線工事を行った後、電柱を撤去するものです。現在は、各関係者に配線工事を依頼しているところであり、その後、電柱が撤去されることになります。

また、ご指摘の路上トランスの位置については、東側歩道を通る歩行者ルートから外れた位置になるように計画をしています。

 4について
路面の高さは近隣住居や駅前広場への降雨を適切に排水できるように計画しています。以前の駅前広場は、側溝等の排水構造としては適切な排水勾配が確保できない状況であったものを改善して側溝勾配を設定するとともに、近隣住居の出入り口の高さと適切な歩道の横断勾配から計画されています。

5について
今回の回答をもちまして、対応とさせていただきます。

6について
工事に先立ち(計画段階において)、警察をはじめ、バス事業者、タクシー事業者のほか、地元自治会や商店街との意見交換会を行い、計画づくりを行っています。 地元住民の方(歩行者)や車での駅前広場利用者の方など、ご不便をおかけするところもありますが、安全面を最優先するとともに、公共交通の利用促進を基本として計画しています。今後とも、事業へのご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

( 交通政策室道路整備課/078-918-5034 )

 →目次へもどる

 

明石市文化博物館から南に渡る陸橋に、かなり大きな水たまりができ、渡る際には水たまりに入るしかありません。
冬は凍っており、滑るため非常に危険です。凍結防止剤の袋が近くに置いてありますが、撒いた形跡はありません。
通学路に指定されているのにこのような状態でよいのでしょうか。子どもの安全に力をいれていると聞いていますので、早急に対応をお願いします。
また、陸橋の階段から歩道に出るとき、自転車が速いスピードで坂を下りてくるため危険です。自転車を降りるか、車道を通るように注意を促す表示をしたり、歩道の路面の色を変えたり工夫をしてください。

回答

1点目の、陸橋の水たまりにつきましては、早急に対策を進めてまいりますが、陸橋部の本体構造を補修する必要があるため、対策完了までには期間を要します。申し訳ありませんが、ご了解願います。また、冬の凍結につきましても、気温の低い日に照準を合わせた対策を進めてまいります。

2点目の、陸橋の出口から歩道へ出る際の安全対策につきましては、利用者への啓発を行ってまいります。

( 道路管理課/078-918-5033 )

→目次へもどる

 4 ノラ猫に餌やりの件

自宅や望海浜公園に猫が糞をして困っています。近所の方がノラ猫に餌をやっているので注意をしましたがやめません。
その件で本日電話しました。案内された三木動物愛護センターに電話をすると、そこでは市の環境課を案内され、環境課へ電話をすると、加古川土木事務所を案内され、そこへ電話すると、自治会へと。自治会へ行くと市役所へと。
どこへ連絡をすれば対応してくれるのですか。
望海浜公園は子ども達がスポーツなどを楽しむ場所です。対応をお願いします。

回答

今回のご意見に際し、様々な部署等にお問合せいただく結果になりましたこと、お詫び申し上げます。
現在、明石市において動物の愛護や管理等に関して総合的に判断し対処する部署は設けられておりません。
しかしながら、市内において動物に起因する問題は頻繁に発生しており、その都度関連する部署が個別に設けられている条例等の定めにより対応しているところです。
このたびは、望海浜公園においての餌やりのご意見ですので、当該公園を管理しております都市整備部緑化公園課から下記のとおり回答いたします。
( 政策部市民相談室/078-918-5050 )

現地確認をしたところ、餌やりに使用したと推測されるトレイを現認いたしました。
本市では、「明石市都市公園条例」により公園施設を汚損することや他人に迷惑をかける行為を禁止しております。したがいまして、動物への無責任なエサやりの禁止を促す啓発看板を設置いたしました。
今後も、市民の皆様に安全安心で快適に公園を利用していただけるよう努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。
( 都市整備部緑化公園課/078-918-5039 )

→目次へもどる

 5 放置ボートについて

市内の放置ボートは、東播海岸出張所調査によると730隻(平成27年3月末現在)あり、南海トラフ大地震などによる津波が発生すると、漂流して2次被害が起きる恐れがあります。
ここ数年、市土木交通部海岸課主催の海岸モニター会議の席で取り上げ、管轄する国交省近畿地方整備局姫路河川国道事務所東播海岸出張所長に、撤去する方向での対処を要請しておりますが、「所有権の問題があり即対応できない」「人員が足りない・予算がない」などと、引き延ばされております。
昨年、姫路事務所長あてにメールで善処を要請したところ「周知を図ります」との返事があったものの、私の担当する地域では39隻のうちわずか2隻に「勧告書」を貼付しただけです。
神戸港では、放置禁止区域に指定し、従わなかった放置船を強制撤去しています。
明石市でも、市民の生命・財産を守るべく、国・県とも協議してなるべく早く具体的に対処するよう要望します。
明石市では、事故が発生してから、「想定外だった」と謝罪することのないよう願っております。

回答

明石の海岸には、ご指摘のとおり、多くの船舶が放置されています。その多くは、所有者が不明であり、所有権の問題から撤去が困難な状況にあります。
ご教示いただいた神戸市の船舶等の放置等禁止区域の指定及び取り締まりについては、港湾法に基づき、港湾区域である神戸港でのみ実施しています。しかしながら、神戸市の港湾区域には不法係留されている船舶が今なお数多く残っており、放置艇の対応に苦慮していると聞いております。
明石市の港湾区域については、県の放置艇対策として適正な係留保管施設等を係留誘導区域に指定し、放置禁止区域等からの放置艇の誘導を図る取り組みを行っており、港湾区域の放置されている船舶については随時、係留誘導区域への誘導を指導しています。
一方、明石市内の一般海岸の放置艇対策については、海岸法に基づき、海岸管理者である国により、所有者を調べ、所有者が特定できた船舶については移動してもらうよう連絡するなどの指導をしておりますが、放置艇の多くは所有者が不明であることから対応に苦慮しています。
今後も、国・県・市で放置艇についての情報共有及び連携を図り、放置艇対策について、より一層取り組んでいただけるよう、国及び県に要請してまいります。

( 海岸課/078-918-5042  )

→目次へもどる

 6 望海浜公園の立て看板について

昨日あたりに突然、望海浜公園に、三種類の立て看板が立っているのに気がつきました。以下の看板です。
1 ノラ猫に無責任なエサやりはやめましょう。 明石市緑化公園課
2 ネコにえさを与える前に
3 公園でのゴルフ禁止(看板2本)
望海浜公園が看板だらけになりました。
市当局に、事柄、状況について誤解や理解不足があると思いますので、以下申し上げます。
望海浜公園のノラ猫は全て、去勢不妊をしてありますので、それ以上増える事はありません。「動物と共生するまちづくりの会」がそれらの猫を把握しており、餌をやる人も後始末や、衛生管理をきちんとしております。したがって、看板に書いてある「安易な気持ちでえさを与えた結果、不幸なねこをどんどん増やしてしまうということにつながりかねません」ということにはなりません。
望海浜公園は広く、海側は民家から100メートル近く離れています。野良の成猫は家で飼うことが不可能ですので、そこでしっかり管理して命を全うさせてやるのが、もっとも望ましいと思います。もしこの望海浜公園の海側辺りでの餌やりを止めてしまったら、その野良猫は近所のゴミをあさるようになるでしょう。市の立て看板には、「えさを与えるから、近所に迷惑をかけることになり、ゴミを荒らすようになる」と書いてありますが、むしろそれは逆ではないでしょうか。 
餌をやる人は複数いますが、餌をやるだけではなく、不妊去勢手術もし病気なら犬猫病院に連れて行き、自費で治療をされています。それを知らずに、一方的に断定で、あたかも、野良猫に餌をやる人は無責任な人ばかりといわんばかりの看板の書き方に、強い憤りを感じます。
公園に猫を捨てにくるから、ノラ猫が無くならないのです。そのような人への啓発こそ、明石市が取り組まなくてはならない課題ではありませんか。

回答

公園管理者として、施設利用者からの意見については、事実関係を確認した上で適切な対応を実施しなければならないことや、設置した啓発看板の趣旨を説明するとともに、現在全庁的に統一した野良猫への餌やりの看板を製作中である旨を伝え、出来上がり次第に看板を交換することで、ご意見をいただいた方にはご理解いただきました。

( 緑化公園課/078-918-5039 )

→目次へもどる

 7 街灯の電球交換について(お礼の電話)

昨日の朝、街灯の球切れについて道路管理課に電話したところ、その日のうちに業者が取り換えに来てくれました。お礼の電話を道路管理課の方へしようとも思ったのですが、この気持ちを広く知ってほしいので市民相談室に電話させてもらいました。

回答

市民の方からのご意見を閲覧できる庁内システムにご意見内容を登録し職員に周知を図るとともに、市ホームページに掲載いたします。

( 市民相談室/078-918-5050 )     

→目次へもどる

 8 明石市要望いろいろ 

歩きタバコを禁止にして欲しいです。特に駅周辺、通学路は禁止にしてほしいです。子どもに良くありません。ポイ捨ても多いです。
西明石駅周辺が汚すぎます。高架下は頻繁に嘔吐の後があります。美化を徹底してほしいです。
児童館などの子供の遊び場が少ないので増やしてほしいです。他の市のようなイベント的なものも少ないです。
西明石駅は新幹線が止まる大きな駅なのに、観光名所もなく、商業施設もないので、駅前に作って欲しいです。
歩道が少ないので危ない道が多いです。歩道があってもデコボコで整備されていない道が多いので、きちんと整備して欲しいです。

回答

歩きタバコの禁止について
本市では、平成11年10月に「明石市空き缶などの散乱及びふん害の防止に関する条例」を施行し、たばこやごみのポイ捨て等を禁止していますが、喫煙のそのものは禁止していません。
市では、多くの人でにぎわう公共の場においては、歩きタバコ等を禁止するよりも、喫煙者へのマナー向上の取り組みや、喫煙所の設置を進めることで、問題の解決を図っていきたいと考えておりますので、よろしくご理解いただきますようお願いいたします。
( 環境部環境総務課/078-918-5029 )

西明石駅周辺、高架下の美化徹底について
この度は西明石駅周辺の現状につきまして不快な思いをさせてしまいましたこと、お詫び申し上げます。市として清掃を委託している範囲につきましては、よりきれいに清掃することを徹底し、又利用者のご協力も賜りながら、美化に努めていきたいと考えますのでよろしくお願い致します。

歩道の整備について
歩道の凸凹についてのご指摘ですが、当市といたしましてはパトロール等で道路の異常の発見に努めているところですが、管理する道路は800㎞以上に及び、把握しきれない部分もございますので、道路利用者や地域住民からの通報には感謝しております。今後につきましても、安全に努めてまいりますのでよろしくお願い致します。
( 土木交通部道路管理課/078-918-5033 ) 

こどもの遊び場やイベントについて
本市では、未就学児の親子の居場所づくりとして、親子が自由に遊び交流できるプレイルームがある子育て支援センターを市内6箇所に設置しております。また、子育て支援センターがない地域には、移動プレイルームを月に1回7箇所で開催しております。
その他、乳幼児の親子や小学生が本を読んだり、交流ができる場として「こども夢文庫」が市内8か所にあります。
各子育て支援センターでのイベントや、お出掛け情報、市及び市関連施設でのイベント等の子ども向けの情報につきましては、集約してホームページ(子育て応援ナビ)やスマートフォンアプリ(あかし子育て応援アプリ)で確認できるようにしております。
( こども未来部子育て支援課/078-918-5097 )

西明石駅周辺の観光名所、商業施設について
ご指摘のとおり、観光客や来客者の誘致を進め、明石全体でまちのにぎわいを醸成することが大切だと考えております。
滞在時間の延長や消費活動の活発化などが大切ですが、そのためには拠点となる施設は大変重要なことだと考えています。
今後、商業者の出店計画や既存商店などの情報収集も行いながら、西明石におけるにぎわいの醸成に努めてまいりたいと思います。
( 産業振興部産業政策課/078-918-5098 )

→目次へもどる

 9 野良猫について

博物館の下あたりで野良猫にエサをあげている人がいました。エサやり禁止の看板設置お願いします。

また野良猫が非常に多いので何か有効な対策をして頂きたいです。

回答

文化博物館では以前より張り紙を設置し、敷地内でのエサやりをしないようお願いして参りましたが、必ずしも目立つ位置に掲示できておりませんでした。この度ご意見を頂戴したこともあり、看板・張り紙を作り直し、掲示箇所を増やす対応を取らせていただきました。
また、職員による巡回も随時実施し、敷地内でのエサやりをご遠慮いただくよう声掛けを行って参ります。
今後とも、博物館の適切な維持管理に努めて参りますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

( 文化振興課/078-918-5607 )

→目次へもどる

 10 中核市移行に伴う動物愛護センターの施策について 

私は猫の糞害等に永年悩まされています。近隣に餌やりをする方がおり、猫が集まることが原因と考え、兵庫県動物愛護センター、警察、自治会、市環境部に相談していますが、解決には至っていません。
明石市は中核市移行に伴い、市の動物愛護センターを設置することを広報で見ました。是非、飼い猫、野良猫を問わず、糞害等の対策を実行し、適切な動物愛護と管理を行ってほしいです。

回答

現在、動物愛護に起因する問題に対しては、関連する部署が個別に設けている条例等により対応しているところであり、野良猫に関する問い合わせについては、適正なエサやり、糞の処理について指導したり、啓発看板の設置を行うなどの対応をしているところです。
ご覧いただきました広報でもお知らせしておりますとおり、明石市は、平成30年4月に中核市への移行を目指しており、移行しますと、市動物愛護センターを開設し、犬猫の殺処分ゼロを目指した様々な施策を進めたいと考えています。
市動物愛護センターでは、収容した犬猫の譲渡の推進などに加え、市民への啓発や様々な相談等への対応も行っていくこととなります。特に野良猫については、現在も行っている地域猫活動(市が不妊去勢手術の費用を助成し、地域住民で餌やりのルールなどを決めて共同管理を行う。)のさらなる推進、飼い猫については、動物の習性を理解したり、適正な飼い方、しつけ方を学ぶ講座を行うなど、市民への積極的な情報提供を進めることを検討しています。人も動物も全ての命を大切にし、動物と共生するまちとなるよう、市として積極的に取り組んでまいりますので、ご理解ご協力くださいますよう、お願いいたします。

( 中核市準備室/078-918-5259 )

→目次へもどる

 11 自治会等掲示板設置等への補助金について 

本年度の受付開始初日より自治会等掲示板設置等への補助金の
申請の手続きに参りました。
当方の歴代の役員が提出した書類の内容に不備、問題があったのか、申請の予算金額によるものなのか、残念ながら毎年 補助金の交付に落選しております。
予算額を超えた場合は抽選等とありますが、その抽選の基準は何ですか。
時間と手間をかけて去年より安い見積もりを取る事に努力しました。
ただ単にくじ引きのような抽選ではなく、申請内容を把握して老朽化し早急な対応が必要な事案の物から、優先的に抽選の対象になる様に厳正なる審査をお願いします。
大切な明石市民の為の予算を適正な判断により使用されていると思われますが、審査の基準、抽選の方法を情報公開願います。

回答

ご質問のありました自治会等掲示板設置等の補助金について、次のとおり回答させていただきます。
・書類の内容に不備、問題があったのか。
⇒提出いただいた書類の内容に不備や問題等がある場合は修正をお願いしますので、交付決定に影響することはございません。
・申請の予算金額によるものなのか。
⇒補助申請額が、市の提示する限度額内であれば、基本的に金額の大小は関係ございません。
・予算額を超えた場合の抽選基準は。
⇒掲示板の補助申請内容には、新(増)設と補修がございます。
新(増)設の場合は、既設の掲示板の数など、また補修の場合は、現況写真等を参考に緊急性など、優先的に実施する必要性があるか否か申請団体すべてを比較して判断いたします。
優先的に実施する必要性が高い自治会等があった場合には、その自治会等の補助申請額を差し引いた残りの予算範囲内で抽選を行いますが、該当自治会等がない場合には差し引きなく抽選を行います。
今後も引き続き、適正かつ公平な判断で審査を実施してまいりますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

( 市民協働推進室/078-918-5259 )

→目次へもどる

 12 平日の業務について 

市民センターで、平日にエレベーターの定期点検をしていました。
そういった事は、来庁者の少ない日に行うべきです。
小さな子どもと、ベビーカーに新生児を連れた私だけでなく、年配の方、体の不自由な方もお困りです。
職員が土日に休みたいからとしか思えません。

回答

今回は、ご来庁いただいた際に、エレベーターの定期点検日と重なってしまい、ご不便をおかけしましたこと、大変申し訳ございませんでした。
市民センターでは、平日は窓口業務、平日夜間及び土日祝は貸館業務を行っておりますので、常に市民の方が利用されているのが現状です。
市民の方が、安全かつ安心してご利用いただくために、エレベーターを始め様々な施設点検を行っておりますが、できるだけご不便をおかけしないように調整してまいりますので、ご協力とご理解いただきますようよろしくお願いします。

( 大久保市民センター/078-918-5620   )

→目次へもどる

 13 道路及び水道管などについて

道路、側溝が古く危険です。アスファルトが壊れている所もあります。
明石市が何もできないと言われていますが、管理者である建設系会社は、手放したいと言っていました。
道路事情を鑑み、市から働きかけ等はないのでしょうか。
水道管の老朽化も深刻ではないのでしょうか。水道管が古いまま放置されると健康被害があるのではないですか。
高齢者の多い街ですが、生活のために必要な道路、水道の更新くらいは実行しないと、若い世代は転居してしまいます。
しっかりと住民の生活を守ってください。

回答

私道につきましては、その土地の所有者がいるため、市で勝手に工事することはできません。原則、その土地所有者の方で、側溝及び、舗装補修工事をしていただいています。
ただし、舗装補修工事につきましては、地元自治会からの要望書の提出があり、それにもとづき現地確認し、市で舗装補修工事が可能かどうか判断します。可能な場合、自治会長へ依頼し、その土地所有者および、隣接地権者すべての承諾印がいただけた場合は、市道路管理課で舗装補修工事を行っています。一度、地元自治会長へ相談してみてください。
( 土木交通部道路管理課/078-918-5033 )

私道管理者である建設系会社が手放したいと言っている件ですが、道路用地の土地所有者が明石市へ用地の寄付を希望され、その道路が明石市道路寄付受納基準を満たす土地であれば市土木総務課で寄付受納の手続きもできますが、市から寄付を働きかけることはありませんので、所有者の方とご相談ください。
( 土木交通部土木総務課/078-918-5031 )

具体的な場所が分からないため、一般的な回答となることをお許しください。
私道に埋設されている給水管につきましては個人の財産ですので、管の更新が必要になった場合、所有者様で行っていただくことになります。
私道の水道管の老朽化ですが、漏水が発生した場合は道路の陥没等の二次災害防止の観点から、原則、水道部で修繕することになっていますが、現在のところお住まいの地域付近において、漏水が多発しているという報告は受けておりません。また、健康被害の件ですが、布設されている水道管はビニル管(VP管)が多く、健康被害は考えにくい状況です。
( 水道部営業課/078-918-5043 )

→目次へもどる

 14 明石川東側に捨てられる釣針について

私は、飼い主のいない猫に不妊手術をして自然に数を減らし、糞害を減らす活動をしている市民団体に所属しています。
市民の方から、「前足に釣針の刺さった猫がいるから助けて」という声があり、現場に出向き、釣針の刺さった猫を確保し、病院で抜いてもらいました。
現場の釣り客に聞くと、他にも何匹か釣針が刺さった猫がおり、舌にささった釣り針を抜いたことがあるとのこと。
虐待か事故なのかはわかりませんが、釣針は返しがついているので、猫の力では取れず、その痛み苦しみは、想像しがたいものです。今後このような酷いことがあってはならない、まして子どもがけがをしてはいけないと思い、管理者に「釣針や釣り糸は、危ないので持ち帰ってください」という看板の設置をお願いしましたが、断られ残念でなりません。
ここは、子どもも自由に入れ、捨て猫が多いところでもあります。子どもや小さな動物にも優しいまちづくりをお願いします。

回答

ご意見趣旨である看板の設置場所が兵庫県の管理地でございますので、ご意見内容(個人情報は除いております)を兵庫県企画県民部 広聴室に伝えました。

( 市民相談室/078-918-5050 )

 →目次へもどる

 15 歩道の整備

大久保町の384号線ですが、神戸市西区方面へ行く歩道がでこぼこでガードレールもなく、ベビーカーで通る身としては本当に不便です。
でこぼこ道では幾度となくベビーカーの車輪が引っかかり危ない目にあいました。
道幅が狭いのは致し方ないと思いますが、せめて道を平らにして欲しいです。コンクリートが割れたり剥がれたりしている所が多いです。よろしくお願いします。

回答

当該箇所は県道になりますので、県加古川土木事務所に伝えました。

( 道路管理課/078-918-5033  )

 →目次へもどる

 16 4か月検診における男性への差別的発言について

保健センターで実施された4か月健診に、妻と娘と一緒に行きました。
冒頭、栄養士さんから離乳食について説明が行われました。
座席に座る際、男性は後ろの席へという指示がありました。
子ども一人につき保護者が一名のみ座席につき、それ以外の方は後ろへ、という指示であれば理解できます。しかし、男性が後ろへというのは、男性が離乳食を作らないという誤った認識に基づくものです。
前の座席に座るのは、父親でも母親でもどちらでもよいはずです。
だれが離乳食を作るかは、各家庭によってさまざまだと思います。
今日の栄養士さんのような発想をされる方がいらっしゃる限り、女性の社会進出、男性の育児参加は進まないと感じました。
今後、どのような再発防止策を考えていらっしゃるかご回答いただきたく思います。非常に不快な思いをしました。

回答

この度は、4か月児健康診査においてご不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
4か月児健康診査での離乳食の説明時には、座席数に限りがあることから、お子様お一人につき保護者の方お一人を前の座席へ案内しております。
しかし、育児をされる方はご家庭の状況により様々でありますので、例え父母で来所されても、初めからお母様を前の座席にご案内することは、配慮に欠けた対応であったと認識しております。
今後、栄養士をはじめ健診に出務する全てのスタッフに保護者や来庁者へ適切かつ十分な配慮を心掛けた対応をするよう、周知し指導してまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い致します。

(健康推進課/078-918-5657)

 →目次へもどる

 17 PTA活動について

今年度、PTA本部役員となりました。

土日の総会、地域の会議と、負担が増えている上に、家族を犠牲にしています。

時代と合わない活動です。
簡素化してほしいです。

PTA活動として夏祭り参加してまで、夏祭りなんて必要ないです。

回答

PTAは、児童・生徒の保護者と教職員で構成する自立的な組織であり、互いに連携し、協力しながら家庭や学校、地域での教育の振興に努め、子どもたちの健全な成長を図ることを目的として活動されています。
教育委員会としましても、学校・家庭・社会の懸け橋としてのPTA活動については、その重要性を認識するとともに、関係者の皆様のご尽力に対して深く感謝しております。
なお、今回いただきましたご意見につきましては、明石市連合PTAや市の関係部署にもお伝えし、保護者の皆様の個々の状況に応じてより適切な配慮がなされるよう、お願いをしてまいりますので、ご理解賜りますようお願いいたします。

( 青少年教育課/078-918-5057 )

→目次へもどる

 18 高丘西公園の除草について

高丘西公園の草が伸び、犬のフンの放置も見られるので除草して欲しい。

回答

現地確認を行い除草が必要と判断し、7月下旬に除草を実施いたしました。

 ( 緑化公園課/078-918-5039 )

 

3 水たまりの解消依頼

お問い合わせ

明石市政策局市民相談室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5050

ファックス:078-918-5102