ホーム > 市政情報 > 広報 > 連載「明石のたからもの」 > 連載 明石のたからもの-1 薬師院(ぼたん寺)のボタン

ここから本文です。

更新日:2013年5月1日

連載 明石のたからもの-1 薬師院(ぼたん寺)のボタン

毎年、4月中旬から5月上旬にかけて咲き誇るボタンの花。色とりどりの花々を市内で最も楽しめるのが、魚住町西岡の「ぼたん寺」こと薬師院のぼたん園です。

「百花の王」ともいわれるボタンの花

写真「百花の王」ともいわれるボタンの花

 

奈良時代から続く古刹薬師院

薬師院は、東大寺の大仏造立にかかわった高僧行基が730年(天平2年)に創建したとされる由緒ある寺です。

現在は、1657年(明暦3年)に再建され、本尊の薬師如来奉祀、脇立弘法大師、千手観音像などが安置されている「本堂」のほか、毘沙門天などが安置されている「毘沙門堂」、弘法大師生誕1200年を記念して、1973年(昭和48年)に建立された「さづけ地蔵」などがあり、明石西国第七番霊場として、多くの人が参拝に訪れています。

市内唯一の重層屋根を誇る薬師院の本堂

写真市内唯一の重層屋根を誇る薬師院の本堂

 

明治の初めから栽培された「ボタン」

「ぼたん寺」として知られるようになった薬師院。その代名詞となるボタンが植えられたのは、明治の初めごろと言われています。当時の住職が、根を薬用にするために植えたと伝えられています。その後、1981年(昭和56年)の大改築の時に、現在のぼたん園が整備されました。今では、約50種類2千株のボタンが、4月中旬から5月上旬にかけて咲き誇ります。

開園中は参拝者のほか、多くの観光客を魅了する

写真開園中は参拝者のほか、多くの観光客を魅了する

 

目の前に広がる大輪の花が魅力

薬師院のぼたん園の魅力は、咲き誇る大輪の花を間近に楽しめること。ぼたん園に足を踏み入れると、手が届く距離にボタンの花々が咲き競っています。

ぼたん園では、咲き始めはピンクや赤色の花が、半ばには白色の花が、終盤には黄色の花が順々に咲き誇るので、訪れるたびに違う姿を楽しめます。また、朝から来ていただくと、夜露に濡れたボタンの花が朝の日差しを受けて光り輝く様子と、少しずつ開く花からただよう香りが楽しめるそうです。

園路のすぐそばで咲き誇るボタン

写真園路のすぐそばで咲き誇るボタン

 

開園すぐは赤やピンクの花が咲き競う

写真開園すぐは赤やピンクの花が咲き競う

 

薬師院(ぼたん寺)

住所

明石市魚住町西岡1636

電話

078-942-0330

アクセス

山陽電車魚住駅から西へ徒歩約10分
明石市コミュニティバス(たこバス)西岡東ルートぼたん寺口バス停から徒歩約3分

平成28年の見ごろは、4月16日(土)から5月1日(日)まで。

※ぼたん園の開園時期は、花の開花状況に合わせているため、年によって異なります。ご確認の上おでかけください。

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?