ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 2020年度バックナンバー > 撮れたて情報 2020年10月17日 平和祈念式典(戦没者追悼式)を開催

ここから本文です。

更新日:2020年10月17日

撮れたて情報 2020年10月17日 平和祈念式典(戦没者追悼式)を開催

平和祈念式典献花メイン

(写真)遺族会を代表して挨拶された宗像さん

10月17日、戦争の犠牲者を追悼し、平和の誓いを新たにする平和祈念式典(戦没者追悼式)が市民会館で開催されました。
第二次世界大戦の終戦から今年で75年を迎えます。明石は終戦までに6回の空襲を受け、県内では2番目に多い1560人の尊い命を失い、市街地の約6割が焼失しました。また、戦地へ向かった多くの方々も犠牲になりました。

式典には、遺族や関係者ら約100人が参列し、戦没者と戦災死没者のご冥福と平和を祈念して、黙とうを捧げました。
兵庫県遺族会明石支部長の宗像邦彦さんは、「戦争は絶対にしてはいけない。二度とあんな悲劇を繰り返すことがないように、強く願っている。戦争を知らない次世代に、75年続いた平和の尊さを受け継いでいく。」と決意を語られました。
式典の最後に出席者が献花し、改めて犠牲者への追悼の意を表すとともに、世界の恒久平和を願いました。

戦争体験者の高齢化が進むなか、当時の記憶を風化させることなく次の世代に継承していくことが大切です。市ホームページでは、平和啓発冊子を公開しています。

平和啓発冊子はこちらから

平和祈念式典献花

犠牲者への思いを胸に、一人ひとりが献花

平和祈念式典全景

戦没者へ追悼の意と世界の平和を願って、遺族や関係者らおよそ100人が参列

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101