ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 平成30年度バックナンバー > 平成30年5月5日 子どもたちの夢と希望を載せたこいのぼりあがる 「あかしこども財団」設立記念イベントを開催

ここから本文です。

更新日:2018年5月5日

平成30年5月5日 子どもたちの夢と希望を載せたこいのぼりあがる 「あかしこども財団」設立記念イベントを開催

巨大こいのぼりがあがる

(写真)「パティシエになりたい」「お医者さんになりたい」「忍者になりたい」「恐竜になりたい」・・・子どもたちの夢が描かれた巨大こいのぼり

 市は、子どもたちを地域みんなで支えるまちを目指し、こども支援活動の応援や人材育成、ネットワークづくりを進める一般財団法人「あかしこども財団」を5月1日に設立しました。5月5日のこどもの日には、同財団の設立を記念し、あかし市民広場でこどもを支援する団体の活動紹介や、巨大こいのぼりの制作、シンガーソングライターの川嶋あいさんによるライブが行われました。同団体の理事長に就任した濱田純一さん(東京大学名誉教授)からは、「子どもを大切にするということは、市民の皆さん一人ひとりを大切にするということ。子どもを応援することで、親も年老いた方も地域も育っていく。いろんな可能性を育てるまちでありたい」と挨拶がありました。また、イベント後半に行われた川嶋さんのステージでは、子どもたちと一緒に振付をしながら童謡を歌う親子セッションがあり、参加した子どもたちからは、「楽しかった」「もっと歌いたかった」といった声が聞かれました。

 「すべてのこどもたちを地域みんなで応援する」を合言葉に、あかしこども財団では、こども目線での積極的な取り組みを進めていきます。
同財団についてはこちらから

あかしこども財団(外部サイトへリンク)

シニアおもちゃ箱による活動紹介

「シニアができる範囲で子どもたちに喜んでもらえるおもちゃを作って披露しています」と手作りのパペットを持って活動を紹介するシニアおもちゃ箱の皆さん。

川嶋あいさんと親子セッション

森のくまさんや大きな栗の木の下でなど童謡を子どもたちと一緒に振付をしながら歌う川嶋あいさん

川嶋あいさん

あかしこども大使として活動する川嶋さん。一曲一曲に熱い想いが込められています。

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101