ホーム > 市政情報 > 広報 > 撮れたて情報 > 平成30年度バックナンバー > 平成30年4月1日 中核市・明石誕生 新たな出発へ記念式典を開催

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

平成30年4月1日 中核市・明石誕生 新たな出発へ記念式典を開催

くす玉割り

中核市移行記念のくす玉でお祝い

4月1日(日曜日)、明石市は、県内4番目となる「中核市」へ移行しました。あかし市民広場(パピオスあかし2階)では、中核市誕生を記念した式典が行われ、多くの市民や関係者、職員が中核市・明石の新たな出発を祝いました。
式典では、中核市移行に伴い兵庫県から明石市へ約2000項目(保健衛生や福祉、教育、環境など)の事務が移譲されることから、井戸敏三兵庫県知事から泉市長へ「事務引き継ぎ書」が手渡される事務引継式などが行われました。
泉市長は「市民のため、より一層サービスを向上できるよう取り組んでいきます。明石から社会を、日本を変えていけるよう、共に頑張りましょう」と決意を述べると、井戸知事は「中核市移行は新たなスタート。市、議会、市民が一緒になって新しい明石をつくりあげてほしい、期待しています」と祝辞を述べました。
最後に、泉市長、井戸知事、三好市議会議長ら関係者が移行を記念した“くす玉”を割り、「祝 やさしい中核市 明石誕生!」の垂れ幕が飛びだすと、会場に大きな拍手が響きました。
中核市として新たな一歩を踏み出した明石市。誰もが住みたい・住み続けたいと思える「やさしいまち」を目指し、これまで以上に市民に寄り添い、市民目線での取り組みを職員一丸となって進めていきます。

事務引継ぎ

事務引き継ぎを終え、握手する泉市長と井戸知事

市民代表挨拶

明石市に期待することを発表する市民代表

記念動画

中核市移行の記念動画の上映も

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101