文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

ホーム > フォトトピックス > みんなの講座 vol.9「飲み比べて発見! ご当地紅茶学」

ここから本文です。

更新日:2017年3月18日

あかし市民企画みんなの講座 vol.9 「飲み比べて発見! ご当地紅茶学」

市民のみなさま自身が企画し講師となる「あかし市民企画みんなの講座」

今年度第9弾は、紅茶コーディネーターである林史剛(ふみたか)さんが企画し講師を務める「飲み比べて発見!ご当地紅茶学」です。

古より愛され続けている「お茶」。その中でも紅茶は、現在世界中で最も多く愛飲されており、歴史的に掘り下げてみると様々な事件に深く関わっていたりもします。また、老若男女問わず飲むことができて、飲み方の自由度が高く、カップやソーサーに芸術的な価値があるなど、これほど身近でおもしろい飲み物は紅茶だけです。
この講座では、そんな紅茶について学術的な観点から学習し、これからの休憩やティータイムをより楽しく過ごしていただくことを目的に開催いたします。

講師     

林史剛さん

紅茶コーディネーター
林 史剛 さん

洋菓子業界への転職を機に、あらためて「大好きな紅茶」の飲み方や歴史、産地などの知識について様々な角度から学び直し「紅茶学習指導員」の資格を取得。その後、日本産紅茶との出会い、とりわけ兵庫県生野町の生産者と交流を深め、なにか貢献できないか模索中の日々。

 

「飲み比べて発見! ご当地紅茶学」 開催終了

3月18日、みんなの講座「飲み比べて発見!ご当地紅茶学」最終回の開催です。

この講座は、前回と今回、全2回シリーズで開催しているので2回目の本日が最終回となります。
第1回目は「紅茶ってなに?」ということで、紅茶の文化や歴史とともに紅茶の基本的な部分に触れてきました。第2回目の本日は「個性派揃い!○○の紅茶」とのタイトルどおり、世界各地で生産されている紅茶の中でも特に日本生産のもの「和紅茶」の個性について掘り下げてみました。
長崎、京都、静岡などの紅茶の試飲とともに、それぞれの生産者様をご紹介されるなど、紅茶の風味からそれらを産み出した人たちの顔が見えてくるような演出で、とても親しみ深い内容で、参加者の皆さまも大満足のご様子でした。

さて、わずか2回という短い講座でしたが、いかがでしたか。
これからの休憩やティータイムには、少しだけ考えながら紅茶を楽しむきかっけになりましたでしょうか。

参加者の皆さま、そして2回にわたり数々の紅茶をふるまっていただきました林さん、ありがとうございました。

紅茶2講座風景1

紅茶2講座風景2

紅茶2講座風景3

 

「飲み比べて発見! ご当地紅茶学」 開催!!

3月4日土曜日、平成28年度みんなの講座第9弾「飲み比べて発見!ご当地紅茶学」を開催しました。

私ども明石市生涯学習センターでは、これまで地産地消をテーマにした地元の特産物を使った料理教室や、ふるさとに愛着を深めるために知る地域の歴史学講座など、明石について学習する講座を数多く開催してまいりました。この度「ご当地~学」とはいえ、これだけワールドワイドなネタを題材にした講座の開催ができるのも、この「みんなの講座」ならではなのかもしれません。
さて、今回の講師である林さんですが、さすが紅茶が大好きというだけあって精力的に学習してきた知識とともに、実に6種類もの紅茶を自宅でいれて本日参加者の皆さんにふるまってくださいました。聞くだけではなく、実際に試飲すると、お話の内容も実に説得力を増すところです。
冒頭でも講師からお話がありましたが、なるほど『紅茶』は、歴史的に見ても多くの事件に関わっていたり、カップやソーサーなどの芸術的な観点から見てもすばらしく、また、産地の文化にも密接であるなど、実におもしろい飲み物であると言えます。何より兵庫県産の紅茶があるとのことで、そのあたりは次回詳しくお話があるそうです。
次回が実に楽しみです。

紅茶学1講座風景1

紅茶学1講座風景2

紅茶学1講座風景3

 

お問い合わせ

明石市文化・スポーツ部生涯学習センター(生涯学習係)

兵庫県明石市東仲ノ町6-1

電話:078-918-5603

ファックス番号:078-918-5618

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?