ホーム > 子ども・教育 > 教育 > 子どもの読書活動の推進 > 子どもに伝えたい私の一冊

ここから本文です。

更新日:2021年10月22日

子どもに伝えたい 私の一冊

子どもが読書をすることは、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高めるなど、様々な効果があると考えられています。

ここでは、「子どもに伝えたい」をテーマにオススメの本を紹介します。

子どもたちも、大人の皆様も、一度手にとってみてはいかがですか。

NEW 明石市立鳥羽幼稚園 園長  佐々木 由美 の一冊(2021年10月22日更新)

tobayo_sasakiencho    mekkiramokkira

『めっきらもっきら どおんどん』 

長谷川 摂子 作/ふりや なな 画(福音館書店)

 

 神社に行って、大声ででたらめな歌を歌ったかんた。すると木の根っこの穴から「こっちゃ来い」という奇妙な声が・・・。穴をのぞき込んだかんたは、吸い込まれ落ちてしまいました。そこへやってきたのは、化け物みたいな3人組。満面の笑みで「あそぼうぼう」と誘ってきます。               
見た目は化け物のような3人組ですが、中身は無邪気な子どもそのもの。表紙の色合いから、少し怖い話かと思いきや、読み進めるうちになんとも魅力的な化け物たちのことが大好きになってしまいます。
子どもにとってはどこか自分に似ているような、大人にとってはどこかノスタルジックな雰囲気も漂う、魅力的な一冊です。

 

 バックナンバー

 

 

 


お知らせ

子どもたちにオススメの本を、文章やイラストを使って紹介したオリジナルの「本の帯」や、読んだり、読み聞かせを受けた本の感想を表現した「一枚の絵」を募集しています。

応募された方全員に記念品を贈ります。


 

 

お問い合わせ

明石市教育委員会青少年教育課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5057