ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 新型コロナウイルス感染症による介護保険の減免等について

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

新型コロナウイルス感染症による介護保険の減免等について

新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料の納付が困難になった場合は、第1号被保険者(65歳以上の方)について、一定の要件を満たせば、申請により減免制度を適用できる場合があります。また、納付が困難な場合は納付の猶予制度があります。

 

介護保険料の減免について

国が示した基準に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少したこと等による第1号被保険者の介護保険料の減免ができる場合があります。

減免の対象となる基準

1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った場合、その世帯の第1号被保険者

2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等※の減少が見込まれ、次の(1)及び(2)のいずれも満たす第1号被保険者

(1)世帯の主たる生計維持者の令和2年の事業収入等※のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が平成31年(令和元年)の当該事業収入等の額の10分の3以上である。

(2)世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等にかかる所得以外の平成31年(令和元年)中の所得の合計が400万円以下である。

※事業収入等とは、事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入をいいます。

※減免対象とならない所得が含まれる場合は、対象所得額の「按分計算」により、減免割合を算出し減免率を適用します。

減免対象となる介護保険料

  令和元年度 令和2年度
普通徴収 第9・10期 令和2年4月~令和3年3月に納期限が設定されているもの
特別徴収 令和2年2月年金支給分 令和2年4月~令和3年2月の年金支給分

 減免申請期限

令和3年3月31日まで

 減免申請には、状況確認のための添付書類等が必要です。詳しくは、下記へお問い合わせください。

納付の猶予について

新型コロナウイルス感染症の影響により第1号被保険者の介護保険料が納付できない場合、納付の猶予制度の適用ができる場合があります。

猶予の対象

新型コロナウイルスの影響により主たる生計維持者の事業収入等の収入の減少額が令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、前年同期に比べておおむね20%以上減少した場合等

猶予の効果

申請により各期の納期限から6か月以内の範囲で納付を猶予することができます。また、猶予期間中の延滞金は免除されます。

 詳しくは、下記へお問い合わせください。

介護サービス利用者負担額の減額について

1.対象者

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な障害を受け、または長期入院したため、収入が著しく(10分の3以上)減少した介護サービス利用者

(2)主たる生計維持者の収入が新型コロナウイルス感染症の影響による業務の休廃止、事業における損失、失業等により著しく(10分の3以上)減少した介護サービス利用者

※(1)(2)いずれの場合も世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等にかかる所得以外の平成31年(令和元年)中の所得の合計が400万円以下であること。

2.減免の内容

介護サービスの利用者負担割合が100分の5に引き下げられます。

3.減免の適用期間

申請日の属する月の初日から6か月間

 

詳しくは、下記へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局高齢者総合支援室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5091

ファックス:078-919-4060