ホーム > 市政情報 > 市民参画 > 市民参画手続

ここから本文です。

更新日:2016年5月8日

市民参画手続

市民参画手続とは市が市民参画を求める手続きです。

「市民参画」とは、市が行う政策等の計画段階から実施、評価、改善に至るそれぞれの段階において、市民が意見等を反映させるため、主体的に関わっていくことをいいます。明石市市民参画条例第7条において、市が市民参画を求める手続き(「市民参画手続」といいます。)として、次の6つの手続きを定めています。

(1) 意見公募手続(パブリックコメント)

意見公募手続(パブリックコメント)とは、市が政策等の案、案の趣旨、目的、内容等及びこれに関連する資料をあらかじめ公表して、広く一般の意見を募集し、提出された意見の概要や意見に対する市の考え方を公表する方法です。

意見公募手続(パブリックコメント)の流れ

  • (1) 市は、政策等の案や関連資料、意見の提出方法や提出期間(30日以上)などを公表して広く一般から意見を募集します。
  • (2) 政策等の案に対して意見のある人は、郵送、ファクス、電子メールなどにより意見を提出します。
  • (3) 市は、提出された意見についての検討し、政策等を定めた場合は、提出された意見の概要や意見に対する検討結果、その理由などを公表します。

意見公募手続

(2) 審議会等手続

審議会等手続とは、市が審議会、協議会、委員会などを設置し、市民や有識者等から意見や提言を求める方法です。委員の選任については、年齢、性別、居住地域の構成、公募委員の比率等に配慮し、市民の幅広い意見が反映されるように努めます。会議の開催にあたっては、開催日時や場所を事前に公表し、会議は原則公開とします。また、会議録等も公表し、情報の共有に努めます。

審議会等手続の流れ

  • (1) 市は、市民に審議会等の公募による市民の委員を募集します。

  • (2) 公募に対して希望のある人は、公募の申込書等を提出します。

  • (3) 市は、年齢、居住地域、性別、公募市民の委員等の構成に配慮して、市民や有識者等から委員を選出し、政策等について意見や提言を求めます。

  • (4) 市は、あらかじめ、審議会等の会議の開催日時や場所を公表し、傍聴者を募集します。また、会議開催後には、会議録等を公表します。(適宜)

  • (5) 審議会等は、市の政策等について、市に意見や提言を行います。

審議会等手続

        ● 廃止した審議会等 のページへ

(3) 意見交換会手続

意見交換会手続とは、市が政策等の案を説明し、参加した市民からの意見等の聴き取りや意見交換を目的として、住民説明会、懇談会、意見交換会、タウンミーティング、出前講座説明会等を行う方法です。

意見交換会手続の流れ

  • (1) 市は、政策等の案や意見交換会の開催の日時、場所、意見交換会に参加できる人の範囲などを公表します。参加できる人の範囲は、事案の内容に応じて、市が指定します。
  • (2) 市が政策等の案を説明し、参加者は意見を述べます。事案に応じては、意見交換を行います。
  • (3) 市は、提出された意見の概要や意見に対する検討結果、その理由などを公表します。

意見交換会手続

(4) ワークショップ手続

ワークショップ手続とは、市と参加した市民または参加した市民同士が議論や意見交換、共同作業を行うワークショップを開催して、合意形成を図っていく方法です。

ワークショップ手続の流れ

  • (1) 市は、ワークショップの目的、合意形成を図りたい事項、実施回数、開催の日時及び場所、参加できる人の範囲などを公表して、参加者を募集します。
  • (2) 公募に対して希望のある人は、公募の申込書等を提出します。
  • (3) 市は、申込みのあった人から参加者を選出します 。
  • (4) 市と参加者が、議論や意見交換、共同作業を行い、合意形成を図っていきます。
  • (5) 市は、ワークショップの内容、開催した日時及び場所、参加した人の氏名、ワークショップで出された意見の概要や策定された案を公表します。

ワークショップ手続

(5) 公聴会手続

公聴会手続とは、市が政策等の案及びこれに関連する資料をあらかじめ提示して、公述人になる市民を募集し、公聴会において公述人や他の出席者から意見を聴き、当該意見を考慮して施策等を決定する方法です。

公聴会手続の流れ

  • (1) 市は、公聴会の対象となる事案の内容や政策等の案、その関連資料、開催の日時及び場所、公聴会に出席して意見を述べることができる人の範囲、述べようとする意見の提出方法や提出時期などを公表します。
  • (2) 公聴会で意見を述べたい人は、文書で意見を提出します。
  • (3) 市は、意見を提出した人から、公聴会に出席して意見を述べる公述人を選出します。
  • (4) 公述人は、公聴会で意見を述べます。
  • (5)市は、公聴会の内容、開催の日時及び場所、公述人等の氏名、住所、意見や答弁の概要、議事の経過などを公表します。

公聴会手続

(6) 政策公募手続

政策公募手続とは、市が、一定の政策等に係る問題を提起して、市民からその問題解決の方法や政策等の案の提案を募集する方法です。

政策公募手続の流れ

  • (1) 市は、提案を求める政策等の目的、提案することができる人の範囲、提出先、提出方法及び提出期間などを公表して広く一般からから意見を募集します。
  • (2) 政策等の案を提出する人は、郵送、ファクス、電子メールなどにより意見を提出します。
  • (3) 提案についての検討結果、その理由を提案者に通知します。また、提案の内容と市の検討結果を公表します。提案がなかったときは、その旨を公表します。

政策公募手続

 

[市民参画条例」 のページへ

[政策提案手続」のページへ

お問い合わせ

明石市市民生活局コミュニティ・生涯学習課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5004

ファックス:078-918-5131